コンテンツへスキップ
のサウンドトラック。 あの頃輝いていたけれど 音楽、2022年のネットフリックス映画, トラックリスト、26のフルサウンドトラックソングをすべて聴く、9のフルOST音楽&2トレーラートラックを再生します。全曲名、歌唱者、17曲の追加プレイリスト、スコア、映画で使用されたクレジットを表示します。25のシーン解説を時系列で読むことができます。



ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. September Fields – Frazey Ford
[0:02′] タイトルカード/20年後、ヴィンスはライブをしようと音楽機材を持って町を歩いている。
2. Hope – Arlo Parks
[0:11′] ジョージ酒場に入ったヴィンスは、サイダーを頼むが、財布の中にお金がない。
3. Everything Will Be Alright – Reverend Milton Biggham
[0:14′] ヴィンスは教会に行き、口とポケットを食べ物でいっぱいにする。
4. Dondada – Klikzo
[0:21′] マーケットプレイスを通りかかったとき、誰かがヴィンスに自分のビデオが64,000回再生されたことを教えてくれた。
5. I am As I Am – The Autistix
[0:23′] Vinceはパブに行き、店長に自分のビデオを見せます。
6. Promised Land – The Allergies
[0:25′] Vinceは教会事務所に行き、引き出しの中のファイルからStevieの住所を取り出して、彼を訪問する。
7. Daughter – Eoin Macken
[0:35′] スタジオでオースティンが新曲を録音しているのを聞いているビンス。
8. Seven Nights – Mysie
[0:39′] パブに到着したVince、Stevie、Amberは演奏の準備をする。


9. Bam Bam – Sister Nancy
[0:40′] ビンスとスティービーはステージに機材を置き、デビューの準備をする。
10. House Of The Rising Sun – Ed Skrein & Leo Long
[0:45′] ヴィンスとスティービーがこの曲のカバーを歌い、観客から好評を得る。
11. Californian Soil – London Grammar
[0:50′] AustinはVinceに協力を申し出るが断られる。VinceはAmberのところへ行き、ライブでのことを謝る。
12. The Rip – Portishead
[0:55′] かつてボーイズバンドで歌っていた頃のことがフラッシュバックするVince、兄の訃報を受ける若き日のVince。
13. Sea Groove – Big Boss Man
[1:04′] Stevieは一人で家を出て、いろいろなパブにチラシを配りに行く。
14. Listen To The Music – The Doobie Brothers
[1:16′] VinceはGeorge Tavernに行き、Melをデートに誘う。
15. Fever To The Form – Nick Mulvey
[1:22′] Vinceは母から小包を受け取り、その後母と合流してTedの墓参りをする。VinceとSteveは音楽グループの集まりを欠席する。
16. Brandenburg Concerto No. 3 In G Major, BWV 1048: I. Allegro – Wiener Akademie & Martin Haselböck
[1:36′] メルはスティーヴィーとアンバーを飲み物で迎え、やがてヴィンスが即興のステージに登場する。
17. Freedom For a Change – Gizmo Varillas
[1:40’] ファーストエンドクレジットソング / エンディングソング

あの頃輝いていたけれど 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル発売日:2022年9月16日
ラベル: Netflix Music
オリジナル音楽作曲 Hannah Reid, Dan Rothman, David M. Saunders
 
1. They’re Calling Our Name – Ed Skrein
2. House of the Rising Sun – Ed Skrein, Leo Long and Cast of I Used to Be Famous
3. Feel the Change – Ed Skrein, Leo Long and Cast of I Used to Be Famous
[1:37′] ヴィンスはこの曲をスティーヴィーのために歌い、スティーヴィーをステージに呼んで一緒に演奏する。
4. Brothers – David M. Saunders
5. It Would Be Everything – Ed Skrein, Leo Long and Cast of I Used To Be Famous
[0:48′] ビンスが自分にとって大切な人のことを歌い始めると、観客の誰かがスティービーをいじめ始めた。
6. What a Wonderful World – Aiyana Goodfellow
[1:10′] 週に一度の集まりで、ナデラは歌う勇気を出し、ヴィンスは彼女にマイクを手渡す。
7. Young and Free – Ed Skrein, Leo Long and Cast of I Used to Be Famous
[0:43′] ヴィンスとスティービーがティン・ビンズとして初出演。
[1:34’] レストランで母親と誕生日を祝ったスティーヴィーは、ヴィンスが残した自分のための道路標識に従って歩く。
8. I Used to Be Famous – David M. Saunders
[0:33′] VinceはFirestarter Studiosに行き、Roberts氏と話をする。
[1:15’] VinceはAustinを呼び戻し、会うことを承諾する。
[1:43’] エンドクレジットの2曲目
9. Second Chances – David M. Saunders
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 あの頃輝いていたけれど サウンドトラック (2022) :

YouTube
Spotify



映画予告編
この映画の予告編を見る

予告編の曲(全曲)
I Used to Be Famous – David M. Saunders
Fever To The Form – Nick Mulvey


でのストリーミング:  Netflix

カテゴリー:Netflix, コメディ映画のサウンドトラック, ドラマ映画サウンドトラック, 音楽 映画のサウンドトラック

IMDB: I Used to Be Famous

あの頃輝いていたけれど映画情報
映画のジャンル コメディ、ドラマ、音楽
発売日(ワイド)。2022年9月16日
ランタイム: 1h 44m
プロダクション: Forty Foot Pictures, Viewfinder
販売代理店: Netflix
取締役: Eddie Sternberg
俳優陣: Ed Skrein, Eoin Macken, Lorraine Ashbourne


より多くの音楽を見る:, ,

作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください