コンテンツへスキップ
イタリア学、2022年の映画のサウンドトラック、トラックリストは、12フルサウンドトラックのすべての曲を聴く、フルOST音楽&ampを再生;トレーラートラック。すべての曲名、誰がそれらを歌う、12曲の追加プレイリストをストリーム、スコア、および映画で使用されるクレジットを表示します。タイムラインと11シーンの説明をお読みください。


ソングクレジット – 追加の映画音楽 – 公式サウンドトラックのリストに含まれていない曲です。
が、映画の中で流れています。
曲の全曲試聴(可能な場合)

1. Deep Six Textbook – Let’s Eat Grandma
[1′] アリーナがアデと待ち合わせてパーティーに行くことになった。少女が録音しているところから曲が始まる。

2. A Lake – Emily A. Sprague
[10′] 地下鉄に乗ったアリーナは、階段に腰掛けて遠くを眺めながら、何人かのティーンエイジャーを観察しています。

3. Donnie Darko – Let’s Eat Grandma
[17′] アリーナとサイモンはホットドッグレストランを後にする。サイモンはベジタリアンになることを決意し、料理を食べない。
4. Snares Like A Haircut – Randy Randall & Dean Spunt from No Age
[26′] アリーナは店から何かを盗み、捕まらないように逃げている。
5. Hush – The Golden Gate Quartet
[31′] アリーナは街を彷徨い、一夜を過ごす場所が見つからず、ある階段で寝た。
6. 21 – Samia Finnerty
[37′] アリーナは、子供たちがコンサートに出演するために書いた本「ルシンダ」を読んでいる–これが初演である。
7. Shandrew – Annabel Hoffman
[38′] 第2回公演の様子。
8. Could’ve Been – Francisco Haye & Elijah Judah
[38′] 第3回公演の様子。
9. Gowanus – Annabel Hoffman
[38′] この本の主人公である「ルシンダ」は歌っている。
10. From Stardust to Sentience – High Places
[41′] その前にシモンは図書館に行くのですが、そこで本を読んでいたアリーナとばったり出会います。
11. Play With My Hair – Sunshine Skinny
[49′] レストランで、お勘定が来てアリーナがお金を払えなくなる前に、シモンがみんなの前でこの歌を歌います。
12. Fill Me Up – C. O’Brien, S. Allen, T. Junior



イタリア学 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル音楽作曲者 Nicholas Britell
 
未発売です。




イタリア研究 映画情報
映画のジャンル ドラマ
公開日(ワイド): 2022年1月14日
上映時間:1時間21分
イタリア学』予告編を見る






カテゴリー:ドラマ映画サウンドトラック

IMDB: Italian Studies

より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください