クラーク・オロフソン シーズン1 サウンドトラック

のサウンドトラック クラーク・オロフソン シーズン1 音楽, 2022年TVシリーズの全曲をエピソードごとに一覧表示し、シーン解説とタイムライン、Netflixシリーズの全トラックリストを表示・試聴することができます。



クラーク・オロフソン シーズン1 第1話
クラーク・オロフソン シーズン1 第2話
クラーク・オロフソン シーズン1 第3話
クラーク・オロフソン シーズン1 第4話
クラーク・オロフソン シーズン1 第5話
クラーク・オロフソン シーズン1 第6話

シーズン1 • 第1話: ‘Being the Best at Being the Best Was Not My Thing, So I Decided to Be the Best at Being the Worst’

2022年5月5日
9曲


1. Zing En Lille Zong – Alice Babs & Svend Assmussen
[0:02′] クラークが幼少期を語る。
2. Varm Korv Boogie – Owe Thornqvist
[0:04′] クラークが語るのは、子供の頃の恋の早さと、お金を稼ぐ早さだ。
3. Libertine Theme – Mikael Akerfeldt
[0:06′] イントロソング
4. Wish You Were There – Mikael Akerfeldt
[0:14′] 医師から、クラークの母親に交通事故死を知らせる電話が入る。
5. The Weak Heart- Mikael Akerfeldt
[0:16′] 刑期を終えて少年刑務所に戻ったクラーク。
6. Happiness – Mikael Akerfeldt
[0:18′] クラークら囚人たちは、登るための秤を作り、なんとか脱出に成功する。
エンドクレジット2曲目

7. Grona Sma Applen – Monica Zetterlund
[0:23′] クラークは海辺でマドゥとリズに出会い、里親になることを提案される。
8. Chris Craft No 9 – The Shanes
[0:02′] クラークは宝石を盗んだ後、マドウと母親の元を去る。
9. Vilken Harling Dag – Ewa Roos
[0:48′] クラークは、その欺瞞性で有名になる。マドウに嘘をつき、再び刑務所に入る直前まで彼女の恋人になることに成功する。
エンドクレジットの最初の曲

シーズン1 • 第2話: ‘I Automatically Do Everything Opposite the Rest of the World’

2022年5月5日
8曲





1. Pop Opp I Topp – Thore Skogman
[0:01′] クラークは刑務所の中で、それまでの人生で自分がしていたすべての行動について考えています。
2. Happiness – Mikael Akerfeldt
[0:05′] クラークは再び刑務所を抜け出すことに成功し、マドウを保釈して代わりに別の国へ行くことを決意する。
[0:47′] クラークはカジャンと一緒に銀行を襲って金を手に入れ、マリアと一緒にベイルートへ旅立つ。
3. Ding Dong – Lars Berghagen
[0:07′] クラークは、グラン・カナリア島で休暇を過ごしながら、最高の人生を送っている。
4. Maria Manga Mil Och Ar Fran Har – John Holm
[0:23′] マリアの協力のおかげで、クラークは刑務所のシステムを変えていく。
5. Rastlos – Kaj R. Hansson
[0:27′] 出所したクラークは、マリアと一緒にベイルートへ車を走らせる。
6. Morgen Will Mein Schatz Verreisen – Botho Lucas
[0:30′] カジャン、クラーク、マリアの3人はバーで酒を飲み、自由を謳歌している。
7. Kusse Sie Nicht Nach Mitternacht – Siw Malmlkvist
[0:32′] クラークとカジャンは一晩中飲み歩いている。
8. Vandra Vidare – Gunnar Wiklund & Sven-Olof Walldoffs Orkester
[0:51′] 警察から逃げるという計画通りに事が運び、ベイルートへ向かうクラーク。
エンドクレジットの歌

シーズン1 • 第3話: ‘They See Me as a Mix of Pippi Longstocking and Al Capone’

2022年5月5日
10曲


1. Then – Mikael Akerfeldt
スターティング・ソング / パパとママの喧嘩を見守る若き日のクラーク。
2. Ordinary Folks – Mikael Akerfeldt
[0:02′] 警察が来たとき、クラークは女の子とセックスしている。
3. Sexton Ton – Gunnar Wiklund
[0:08′] クラークは、オレンジの中に入っている麻薬を輸入するビジネスを始める。
4. Funky Chicken – Mikael Akerfeldt
[0:14′] クラークはポルノを見てオナニーをしようとするが、友人の小動物に邪魔をされる。
5. Jag Ska Fanga En Angel – Ted Gardestad
[0:17′] 銀行強盗をした後、クラークは新しく出会った女の子とクラブに行く。
6. Love, Love, Love – Pugh Rogefeldt
[0:24′] 刑務所に戻ったクラークが喧嘩をする。
7. Här på Resö – Dan Lexö Pick
8. A Side – Band$ Busy
9. Vintage Modern – Mikael Akerfeldt
[0:39′] 車では、クラークがトミーに同乗し、銀行強盗の現場に連れて行く。
10. In Kommer Gosta – Philemon Arthur And The Dung
[0:44′] トミーはクラークに銃を渡し、銀行に入ってテロリストを追い払う。

シーズン1 • 第4話: ‘Let the Party Begin’

2022年5月5日
6曲




1. Poppa Joe – Sweet
[0:07′] クラークはラジオをつけ、人質の女性たちと踊り始める。
2. Sunrise – Mikael Akerfeldt
[0:35′] 銀行への強盗が続き、人質がまだ中にいるため、人々はパニックに陥る。
3. Wish You Were There – Mikael Akerfeldt
[0:43′] クラークは人質の安全を確保し、銀行から脱出することに成功する。
4. Funky Chicken – Mikael Akerfeldt
[0:50′] キッキーとクラークがセックスする。
5. Ut I Kylan – Nationalteatern
[0:51′] クラークは、父親が亡くなったことを知る。
6. Aj Aj Aj – Schytts
[0:55′] 銀行強盗の金を受け取ったクラーク。
エンドクレジットの歌

シーズン1 • 第5話: ‘Why Would I Have a Job? I Don’t Have Time for S**t Like That and You’ll Miss Out on All the Fun Stuff’

2022年5月5日
8曲


1. Speedy Gonzales – Nationalteatern
[0:06′] クラークはマリアを説得し、母親を保釈して家出する。
2. Foralskad I Kopenhamn – Siw Malmkvist
[0:08′] デンマークに到着したクラークとマリア、そして彼の友人。
3. Red & White – Mikael Akerfeldt
[0:24′] 銀行強盗が警察に見つかり、クラークは逃げ出す。
4. Y Viva Espana – Sylvia Vrethammar
[0:28′] 警察から逃れ、スペインに到着したクラークとその友人。
5. En Gang Jag Seglar I Hamm – Stig Olin
[0:32′] クラークとその仲間は地中海を航海している。
6. Just Idag Ar Jag Stark – Kenta
[0:51′] クラークは車の中で歌を歌いながら、やっと努力が報われたと思っている。
7. Druglord Panic – Mikael Akerfeldt
[0:59′] 再び刑務所に入る前に、クラークはお金を森に隠す。
8. Jailhouse Rock (1998) – Eilert Pilarm
[1:02′] エンドクレジット・ソング

シーズン1 • 第6話: ‘I’ve Read Every Book Ever Written, and a Few More’

2022年5月5日
9曲




1. Oh Susie – Secret Service
スターティング・ソング/刑務所にいるクラークを、スージーが新刊の件で訪ねてくる。
2. Just Nu – Tomas Ledin
[0:03′] クラークはスージに自分の気持ちを説明する。
3. Mandag i Stockholm – Mikael Akerfeldt
[0:08′] 出所したクラークを、友人たちが迎えに来て祝ってくれる。
4. Krama Dej Harligt, Harligt Men Farligh – Bjorn Skifs
[0:22′] クラブに出かけた夜、クラークはレナ・ナイマンとダンスをする。
5. Michelangelo (Men Sa Svara Da!) – Bjorn Skifs
[0:23′] クラークとレナはセックスをする。
6. Mother of One – Mikael Akerfeldt
[0:29′] クラークは母親が死ぬ直前まで一緒にいる。
7. Battle For Love – Mikael Akerfeldt
[0:30′] 脱獄を試みることなくさらに3年間刑務所にいたクラークは、ついに自由の身となる。
エンドクレジットの最初の曲

8. Vielleicht Spater – Mikael Akerfeldt
[0:32′] 友人たちが開いてくれたおかえりなさいパーティーで、クラークは楽しんでいる。
エンドクレジットの2曲目

9. We Are All The Winnders – Nick Borgens Orkester
[0:41′] クラークは子供と一緒に公園で、良い父親になることに専念している。



クラーク・オロフソン シーズン1 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル発売日:2022年5月5日
レーベル ミラノレコード
オリジナル曲の作曲者 ミカエル・オーカーフェルト
 
1. Libertine Theme
2. Tango Bizarre
3. Druglord Panic
4. Rockefellers
5. Vintage Modern
6. Wish You Were There
7. The Weak Heart
8. Happiness
9. Ode to Confusion in A Minor
10. La Shay’ Jadid Taht Alshams
11. The Real Me
12. Here’s That Sunny Day
13. Perfect Horizon
14. Sea Slumber
15. Then
16. The Hunted Are in the Clear
17. Northern Hemispheres
18. Ordinary Folks
19. Distant Spring
20. Funky Chicken
21. Code to the Vault
22. Two Mermaids
23. Rags to Riches
24. Sunrise
25. Red & White
26. Headfirst Into the Storm
27. Ballad of the Libertine in G Minor
28. Lost in San Marino
29. Rhodes Rat
30. Måndag i Stockholm
31. Mother of One
32. Vielleicht Später
33. Battle for Love
34. Night Life
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 クラーク・オロフソン シーズン1 サウンドトラック :

YouTube
Spotify



TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る

この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語



予告編の曲(全曲)
Jag Ska Fånga En Angel - Ted Gärdestad

でのストリーミング: Netflix

カテゴリー: Netflix, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール


IMDB: Clark

サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください