コンテンツへスキップ

ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 サウンドトラック

曲目: 224 シーンの説明: 235 タイムライン  |  放映日: 完成品  |  エピソード: 10  |  最終回: 2022年12月14日

コメント無し

のサウンドトラックが発売されました。 ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 音楽, 2022年Netflix TVシリーズの全曲をエピソードごとにリストアップし、シーンの説明とタイムライン、全トラックリストを表示、聴くことができます。


ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第1話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第2話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第3話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第4話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第5話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第6話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第7話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第8話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第9話
ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4 第10話

シーズン 4 • 第1話: ‘The Mile Dry Club’

2022年12月7日
26曲





1. playYou Do You (feat. Patty Monroe) – Daniel Lobel
[0:02′] ドミニクとブリタンは、シャンパンを飲みながらお互いを知ることができる。
2. playWe Are the New Generation – MOA
[0:02′] ブリタンは自分自身とセックス依存症について語る。
3. playPowerful Woman – Henry Parsley & Nathalie Mac
[0:03′] ドミニクは自分の仕事について話し、番組に対する期待を発表しました。
4. playParty Will Come Alive (feat. Ruben Martinez) – Wizardz of Oz
[0:04′] 別荘に到着したクリードは、2人の少女と知り合う。
5. playBest Friend Forever – Rupert Pope & Giles Palmer
[0:04′] クリードは幼少期について語り、コンテストでの勝利に自信を感じています。
6. I’m Only VIP – Artist Unknown
[0:05′] 別荘に到着したカイヤは、他のメンバーと合流する。
7. playPut Your Hands Up (Bad Girl) – Photronique
[0:06′] カイヤは、男の子たちが自分に夢中になっていることを話す。
8. playCheckin’ me Out – Lee Richardson, Jonathon Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Ceezlin
[0:06′] ジェームズとニックが別荘に到着し、みんなを迎えに来る。
9. playThis Electricity – Raphael Lake
[0:08′] ニックは自分の性格やセックスの楽しみ方を語っています。
10. Like a Hurricane – Celetia Martin & Jonathan David Lipsey
[0:09′] 別荘に到着したジャワヒールは、他の人たちと話をする。
11. playOh Snap – Raphael Lake, Aaron Levy & Ambrose Arnold
[0:10′] ジャワヒルが語る、彼女のタイプは不良少年。
12. playAll Eyes on You – Robbie Nevil
[0:11′] 別荘に到着したセブを、他のメンバーが出迎える。
13. playSecret Secret – Blues Saraceno & Stephen R. Bertrand
[0:12′] セブがインタビュアーにジョークを言っても、その場にいる誰も笑わない。
14. playWham Bam – Clooney
[0:14′] ソフィーは幼い頃のポニー、ポピーについて語る。
15. playBig Dawg – Quise B.
[0:15′] ナイジェルはコンテストの最後の一人として到着し、他の出場者と顔を合わせます。
16. playI’m on the Loose – Sam Shrieve
[0:16′] ナイジェルは、自分自身の2つの異なるバージョンについて語ります。
17. playShake It Loose – Bleeding Fingers
[0:21′] 出場者は別荘の探索を開始する。
18. playCompetition – Richard Macklin, Sebastian Truman & Eloise Weeks
[0:24′] ケイラといちゃつくジェームズを見て、嫉妬する男子2人。
19. playGood Lyfe – Ships & Wolfgang Black
[0:25′] ナイジェルはプールサイドでジャワヒルと会話をしている。
20. playYou’re So Good for Me – Christopher C. Porter
[0:28′] カイラが選択肢を広げている間、すべての男の子がカイラを追いかける。
21. playBe Your Holy Water – Sam Clines
[0:29′] ナイジェルはプールでカイラとおしゃべりをし、他の男の子たちはそれを見ています。
22. playFeelin Fine – PillowTok
[0:31′] ナイジェルはカイラにキスをし、他の少年たちは再び嫉妬する。
23. playAll I Think About Is You – Hysteria
[0:33′] クリードは、ケイラがナイジェルにキスしているのを見たときの気持ちを話す。
24. playKiss Me Like Summer – Sam Shrieve
[0:36′] セブとジャワヒールはしばらく話した後、浜辺でキスをする。
25. playIs That All You Got (feat. King Marino) – Lee Richardson, Tom Ford, James Cocozza & Jonathan Murrill
[0:38′] 出場者は、プライベート空港に行き、課題を発見します。
26. playTurn It Up – Raphael Lake
[0:44′] エンディングの曲です。

シーズン 1 • 第2話: ‘There’s Something About Nigel’

2022年12月7日
17曲


1. play Rise Up Now – Soleil
[0:03′] 皆、その日のために準備をする。
2. play Animal – Baby Eskimo
[0:05′] BrittanはJamesとルール違反について話しています。
3. play One More Time – Eric Bellinger
[0:06′] ナイジェルはドミニクといちゃつくが、カイヤは隣の部屋にいる。
4. play Take you Higher – Rhys Fletcher, Georgina Daisy, Birch & Rusty B
[0:09′] セブは、カイラとナイジェルが二人きりで話しているのを見て、自分は前に進むべきだと考えている。
5. play Downtown – Naomi August
[0:09′] セブはプールでジャワヒルといちゃつき、二人はキスをしてしまう。
6. play This Is My Time – Klover
[0:12′] セブはジャワヒルにキスしたばかりなのに、カイラといちゃつく。
7. play Smoke There’s Fire – Red Means Run
[0:13′] ナイジェルは他の少年たちと、自分がしなければならない選択について話します。
8. play This Is My Time – Tristan Ivemy, Gem Jones & Jack Monroe
[0:16′] ナイジェルは、プライベートなデートに誰を誘うか選ばなければならない。
9. play Close To Me – Thomas Harvey & Frankie Harper
[0:17′] ナイジェルとカイヤは、ロマンチックなプライベートデートにやってくる。
10. play Alive Tonight – Rupert Pope, Giles Palmer & Eller
[0:19′] ナイジェルとカイヤは、より深い絆を結ぶことを約束する。
11. play Can’t Wait – Christopher C. Porter
[0:21′] ニックはようやくジャワヒルと二人きりで話すことができるようになった。
12. play Hell Yea (feat. Dina Rae) – Lauren Evans
[0:25′] ジャワヒールはニックの目を褒め、彼に魅力を感じている。
13. play Got It Going On – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford & James Cocozza
[0:28′] ナイジェルはベッドに横たわり、カイラとのデートを思い浮かべる。
14. play Bring the Good Stuff – Nick Kingsley & Daniel Farrant
[0:30′] みんながカバナに集まってラナの話を聞いている。
15. play Set Me On Fire – Nineoneone
[0:41′] 出場者が寝支度をするモンタージュ。
16. play It’s Going Down Undefeated – Devin Hoffman, Richard Vegas & Jessica Easley
[0:42′] カイラが部屋に入り、セブとベッドを共にする。
17. play Turn It Up – Raphael Lake
[0:43′] エンディングの曲です。

シーズン 1 • 第3話: ‘Officer Kill Joy’

2022年12月7日
21曲



1. play Welcome Back – ITG Studios
オープニング曲/翌朝、出場者が目を覚ます。
2. play Original Me – Selectracks
[0:02′] ジェームズは、誰も規則を破らないようにしたいのです。
3. play Burning (La La La) – Rhys Fletcher & Rusty B
[0:05′] 家の中の少女たちは興奮するが、規則を破ることはできない。
4. play We Got What You Want – Nineoneone
[0:08′] 出場者は、性的エネルギーを再充電するためのワークショップに参加します。
5. play Love In Color – Sergio Ruelas, Cody Cloe & Chester Lang
[0:09′] ペアでキャンバスに体を使って絵を描き始める。
6. play Why Must You Treat Me So Bad – Daniel Farrant & Paul Rawson
[0:12′] ナイジェルは、カイラがセブと楽しんでいるのを見た後、ドムに注目することにする。
7. play U Got it – LIBERATI
[0:14′] ワークショップが終わると、みんなで夜の支度をします。
8. play Me and My Girl – SHIPS & Joshua Mitchell
[0:16′] ジェームズはカイラとセブの間に割って入り、誰もルールを破らないことを確認する。
9. play You(feat. Naomi August) – The MIDI Mafia
[0:18′] クリードはソフィーに、自分は彼女を追っているだけだと言う。
10. play Tied Up – ChainLinks
[0:20′] クリードはソフィーに自分とのルールを破ることを提案し、二人はキスをする。
11. play Who Am I – Malo
[0:22′] セブはキスのことを皆に話すべきかどうか悩んでいる間、皆は寝る準備をする。
12. play Before It’s Gone – Robbie Nevil
[0:24′] セブとカイヤは一緒にシャワーを浴び、別のルールを破ってしまう。
13. play Up in Flames – Red Means Run
[0:24′] セブとケイラがシャワーを浴びながらキスをし、みんなと合流する。
14. play Believe It – Danny J. Grace
[0:26′] ニックは、昨夜は誰もがルールに従ったと言う。
15. play Rise up Let’s Go – Amy McKnight
[0:27′] ケイラがブリタンにジェームズのことを話す。
16. play Boom Boom Pull the Trigger – Daniel Farrant & Paul Rawson
[0:28′] ナイジェルは泳ぎに行き、その後ドムと二人の気持ちを語り合う。
17. play One More Time – Eric Bellinger
[0:30′] ドムはナイジェルが本当に自分のことを思っているのか確かめたいのだ。
18. play Bye Then – Alex Condliffe, Noah Booth & Isla Wolfe
[0:30′] ドムはナイジェルとの話し合いで、選択肢を広げておくことにした。
19. play I’m The Man – Damian Martin
[0:31′] みんながカバナに集まってラナの話を聞いている。
20. play Biddie Bop – Chel Strong
[0:43′] セブは、カイラに誘惑されながらも、ルールを破らないようにする。
21. play Turn It Up – Raphael Lake
[0:44′] エンディングの曲です。

シーズン 1 • 第4話: ‘Flavia of the Month’

2022年12月7日
26曲

1. play Start Again – Extreme Music
最初のオープニング曲。
2. play Altiro – Azucares
2 曲目のオープニング曲 / ナイジェルは、悪夢を見ることがあると言います。他の出場者たちは、セブとケイラに信頼を置くという、全員が下した決断について話す。
3. play I Lose Control – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Alex Francis
[0:05′] 別邸でのセブとカイラの親密な時間をモンタージュしたものです。
4. play Make This Work – James Davies & Rhett Moir
[0:07′] 男たちはジムで汗を流し、女たちは化粧をしながらおしゃべりをし、セブとケイラが赤ちゃんの名前について話し合っています。
5. play Just Give It to Me – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Susanna Lopez
[0:11′] ラナは、2人の新しい出場者がヴィラに到着することを発表する。
6. play Don’t get better – Lee Richardson, Johnathan Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Susanna Lopez
[0:15′] セブは、ヒスパニック系の女の子が好きだと認める。
7. play Rock a Bye Baby – Nick Kingsley & Danny Farrant
[0:16′] フラビアは自己紹介をし、セブの心をつかむと約束する。
8. play Gonna Be My Day – Nick Kingsley & Daniel Farrant
[0:16′] イーサンは自己紹介をする。
9. Babydoll Slowjam – Shon Hinton
[0:18′] SophieはEthanと初めて会う予定のビーチに行く。
10. play Before I’m Dust and Bone – Dept. X
[0:19′] セブとフラヴィアの出会いの時に流れる曲です。
11. play Can’t Help Myself – Aaron Levy, Raphael Lake
[0:22′] ソフィーはイーサンにシャツを脱いで、彼のタトゥーを見るように頼む。
12. Gamble – Bleeding Fingers
[0:24′] イーサンはソフィーに、ラナが最初のデートで無料でキスをすると言ってきたと話す。
13. play Destroy Me – Nineoneone
[0:25′] ソフィーはクリードに気持ちがあるため、イーサンとのキスの機会を断る。
14. play Tear You Apart – Daniel Farrant & Nick Kingsley
[0:29′] フラビアはセブを誘惑し、キスをさせる。
15. play Everything Is Not OK – Nineoneone
[0:31′] リトリートでは、みんなが集まって新入社員を出迎える。
16. play Ain’t No Coming Back – Nineoneone
[0:31′] ソフィーはイーサンの手を握って退却していく。
17. play Purified and Reborn – Devin Hoffman & Irving Kontour
[0:32′] みんなの前で、イーサンはシャツを脱いで、筋肉とタトゥーを披露する。
18. play Down to the River – Walgrove
[0:33′] セブとフラヴィアは手をつないで隠れ家に戻り、カイヤは泣き出す。
19. play When We Fade Away – Nineoneone
[0:35′] ケイラが一行から離れ、セブはフラヴィアの手を握って退却したのが間違いだったと気づく。
20. Find the Answer – SHIPS, Georgia Mason & Robert Lamont
[0:35′] セブがカイラと話したいという気持ちを伝え、トラブルに巻き込まれることを心配するシーンに続いて。
21. play 2000 Miles – Alex Condliffe, Noah Booth & Isla Wolfe
[0:35′] フラヴィアは隠れ家で他の人たちと会う。ソフィーはプールサイドでクリードに話を聞きに行く。
22. play Feelin Fine – PillowTok
[0:37′] ソフィーはクリードに、イーサンの方が好きだからキスをしなかったと告白する。
23. play You Gotta Bite the Bullet – The Breaker Sisters
[0:37′] フラヴィアとのデートの後、セブがケイラと会話をする時に流れる曲です。
24. play On The Beautiful Blue Danube – Lorne Balfe, Russell Emanuel & Steve Kofsky
[0:40′] 一日の終わりには、カップルがベッドに入る。
25. play You Got the Devil in You – Red Means Run
[0:41′] 洗面所で歯を磨き、視線を交わすフラヴィアとクリード。
26. play Turn It Up – Raphael Lake
[0:42′] エンドクレジットの曲です。

シーズン 1 • 第5話: ‘The Shower and the Glory’

2022年12月7日
25曲


1. play I Didn’t Die Last Night – Malo
オープニング曲/朝起きたカップルがおしゃべりをする。
2. play Must Be Magic – Richard Macklin, Eloise Weeks, Sebastian Truman
[0:02′] みんな身支度を整える。男はジムで汗を流し、女は化粧をする。
3. play Bad For Me – Makio
[0:02′] ソフィーとクリードはサンベッドでくつろぎながら、青い海を眺める。
4. play Hot Situation – Ben Cina, Eric Ronick
[0:05′] カイラがフラヴィアとセブについて会話した後に流れる曲です。
5. play My Radar – Ollie Gabriel
[0:06′] クリードはフラヴィアに魅力を感じていることを認める。イーサンはブリタンが好きだと告白する。
6. play Do It – Spank
[0:08′] セブとカイヤはバスルームに駆け込み、そこで親密な関係になる。
7. play Criminal Love – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Sarah Jane Norman
[0:09′] セブとカイラがシャワーでセックスするシーンの後。
8. play Natural Born Sinner – Emmett O’Malley, Kimberly Latoya Ince & Jesse Taylor
[0:10′] ラナは重要なニュースを明らかにするため、カバナに皆を集める。セブとカイヤは自分たちがルールを破ったことに罪悪感を感じている。
9. play Good People Do Bad Things – David Thomas Connolly, Max Samuel Rowat
[0:15′] ケイラとセブが5万ドルの損失を出した後、ラナが賞金を発表する。
10. play Under Covers – Eric Bellinger
[0:16′] ニックと彼のガールフレンドは、寝る代わりに意地悪をすることにした。
11. play Pure Love – Nick Kingsley, Daniel Farrant
[0:17′] 朝、セブは心からみんなに謝る。
12. Fiasco Anyone? – Vasco & Marc Teitler
[0:18′] ジャワは、ジェームズがすでに怒っているのを見て、本当のことを言うのをやめることにした。
13. NOW I KNOW – Chris Dececio, Sophia May
[0:18′] フラヴィアは、クリードとソフィーの間に入ることを認める。イーサンとセブはブリタンのことを話す。ニックはジャワに背中のマッサージをする。
14. play Who’s Gonna Save Ya – Rupert Pope, Giles Palmer & Eller
[0:19′] セブは、みんなが怒っている今、ルールを破ることに罪悪感を感じている。
15. play De La Luna (feat. Omar) – Shari Short
[0:20′] フラビアはクリードと会話をするためにトイレに行く。
16. play Give It to Me Baby – Alex Nova, Tom Griffiths, Adam Zapel, Hollie Buhagiar
[0:20′] クリードとフラヴィアは、バスルームで互いの気持ちを告白する。
17. play My Bad Habit – Blues Saraceno
[0:25′] ソフィーは、クリードがフラヴィアと別れたことを彼女たちに告げに行く。
18. play Bad Blood – Walgrove
[0:29′] ジェームズとブリタンはバッグに言葉を書く。ブリタンはジェームスのバッグに字を書く。
19. play Maybe It’s Okay – Margot Maxine
[0:31′] 袋に文字を書いた後、泣き出すジャワさん。
21. play Going in Circles – Sam Shrieve
[0:33′] ワークショップ終了後、カップルはリトリートに戻ります。
22. play One Night (Good Life) feat. G Curtis – BLAEKER featuring G Curtis
[0:34′] ジェームズは一人、ワークショップでブリタンが言ったことについて考えている。
23. play Tell Me What You Want – R.A.D.
[0:35′] イーサンはプールサイドに一人でいるブリタンを見つけ、彼女とひとときを共にする機会を得る。
24. play In Paradise – Jacob Diab & Martin Bak
[0:36′] ブリタンはプールサイドで会話した後、イーサンのことを好きだと認める。
25. play Cut Me Loose – Katie Hargrove, Robert W. Lamond
[0:37′] フラヴィアがシャワーを浴びている時に、クリードがバスルームに入ってくる。

シーズン1 • 第6話: ‘Puppets for Playas’

2022年12月14日
28曲



1. Born Legendary – Grayson Voltaire, Sven Hansen & Emanuel Vo Williams
[0:01′] これまでのエピソードを振り返る。
2. playYou Can Run – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford & James Cocozza
[0:01′] 再放送の時に、出場者が何の番組に出ているのかを知る時。
[0:10′] ニックとジャワがルールを破ったことを告白した後に繰り返される。
3. playI Lose Control – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Alex Francis
[0:01′] 回想シーンで、ジャワが「今度は自分がルールを破る番だ」と判断したとき。
4. playNot Gonna Wake Up – Mindme (feat. Mia Pfirrman)
[0:01′] オープニング曲です。朝、目覚めたカップルがおしゃべりを始める。
5. playDevil In Me – Haley Shaw & Katie Hargrove
[0:03′] シーツの下でキスをするニックとジャワの映像。
6. playAlways Go the Distance – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford & James Cocozza
[0:03′] 夫婦は洗面所で歯を磨き、身支度を整える。
7. playFlow Downstream – Auxjack
[0:04′] ビーチで瞑想するニックとジャワ。
8. playUnder Your Spell – Moa L. M. Munoz & Ryan T. Short
[0:06′] ニックとジャワはルールを破ってキスをする。
9. playCheckin’ me Out – Lee Richardson, Jonathon Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Ceezlin
[0:06′] ニックとジャワがキスするシーンの直後に流れる曲です。
10. playBig Mood – MUSZETTE
[0:07′] ラナは皆をカバナに呼び出す。
11. playDon’t Make a Sound – Prong Praison
[0:15′] スイートルームで、ジャワはニックの前でローブを脱ぐ。
12. playBreaking All the Rules – Jon Dix, Stephen Collins, Beck Goldsmith
[0:15′] 別荘に戻ると、ニックとジャワが規則を破ったのではと、他の人たちが心配しています。
13. playDowntown – Naomi August, Kon Boogie
[0:16′] スイートルームで一夜を共にしたジャワとニックが目を覚ます。
14. playSinner You Better Get Ready – Ghost Monroe
[0:17′] 一夜を共にしたニックとジャワが別荘に帰ってくる。
15. playNever Been Better – Devin Hoffman & Rhett Fisher
[0:20′] ジャワとニックはテストに合格し、時計もプレゼントされる。
16. playFilthy Cute – Raphael Lake
[0:23′] クリードはフラヴィアの容姿を褒める。
17. playI Don’t Want to Wait No More – Rambutan
[0:23′] クリードはフラヴィアとキスをしたいが、許可が下りるまで待たなければならない。
18. playTime For Love – Eric Bellinger
[0:24′] 浴室で、カイラとボーイフレンドは、自分たちは最も強い絆で結ばれていると思い、その絆について語り合う。
19. playDone – Lvly (feat. Emmi)
[0:28′] ワークショップでは、男たちがヨーニ人形に語りかけます。
20. playNow I’m Healing – Daniel Farrant, Nick Kingsley, James McLean
[0:33′] ワークショップに参加した後、別荘に戻る面々。
21. playWe’re Playing With Fire – Loving Caliber (ft. Johanna Dahl)
[0:35′] カイラとボーイフレンドは、火のそばに座り、ワークショップで起こったことを話します。
22. Falling For You – Devin Jay Hoffman, Gabriella Lacroix, Bruce Fingers, Billie Ray Fingers
[0:37′] セブとカイヤは焚き火にあたりながら、互いの気持ちを打ち明ける。
23. playThis Love – Raphael Lake & Ben Fisher
[0:37′] セブとケイラにゴーサインが出され、二人はキスをする。
24. playI’m Sorry – Nick Kingsley & James Grinder
[0:39′] JamesはBrittanと会話をし、彼女に謝る。
25. playDive Back into Love – Sam Clines & Luke Anthony May
[0:41′] ジェームズとブリタンは和解し、その日の夜、同じベッドで寝ることにする。
26. playMake It Personal – Raphael Lake, Aaron Levy & Ambrose Arnold
[0:41′] 夜、みんなが寝る準備をする。イーサンは、ブリタンが隣で寝なくなったことに驚く。
27. playWinner – Walgrove
[0:41′] ブリタンが再びジェームズと同じベッドで寝ているのを見て、イーサンは怒る。
28. playTurn It Up – Raphael Lake
[0:43′] エンドクレジットの曲です。

シーズン4 • 第7話: ‘Trust or Bust’

2022年12月14日
21曲


1. playAbout You – Max Mayers & Dana McKeon
オープニング曲です。朝、目覚めたカップルがおしゃべりをする。
2. playReady to Love Again – Deep Cut & Giles Palmer
[0:01′] ラナの発表の後、カップルは外に出て、プールサイドで抱き合います。
3. playPiece of Your Sunshine – Holiday Rogers, Devin Hoffman, Figero Scripp & Miles Quimby
[0:02′] セブは、カイラとの関係がリトリートの外でも変わらないかどうか疑問に思う。
4. playVenom Perfected – Lee Richardson, Tom Ford, James Cocozza & Jonathan Murrill (feat. Cleva Thoughts)
[0:05′] ラナが最初に新登場したショーンを紹介する。
5. playReady for Action – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford & James Cocozza
[0:06′] ラナは2人目の新入社員、イモージェンを紹介する。
6. playRise Up – Nick Kingsley & Daniel Farrant
[0:06′] 出場者は、新人が2人を選んでデートに行くことを知る。
7. playGot My Eye On You – The Regulators
[0:07′] イモージェンはクリードとのデートを選択する。
8. playPlay the Game – Jonathan Murrill, Tom Ford, Lee Richardson & James Cocozza
[0:10′] イモージェンは自己紹介をする。
9. playThe Greatest – Red Means Run
[0:11′] ショーンは自己紹介をする。
10. playGonna Be My Day – Nick Kingsley & Daniel Farrant
[0:14′] クリードとケイラが、デートの相手であるイモージェンとショーンに会うため、隠れ家を出る。
11. playManifest – Que Derry
[0:16′] ケイラがショーンに自分のタイプの男性像を伝える。クリードはビーチでイモージェンと出会う。
12. playBalance – Que Derry
[0:17′] クリードとイモージェンは会話を交わし、互いの容姿を褒め合う。
13. playWhy Must You Treat Me so Bad – Daniel Farrant & Paul Rawson
[0:18′] ラナはイモージェンとショーンのSNSの写真を見せる。
14. playWarrior – Sarah deCourcy
[0:28′] クリードとイモージェンのデートは終わり、フラヴィアは彼のパートナーを信頼した自分を誇りに思う。
15. playDamage Is Done – Devin Hoffman, Bronson Levy, Jessica Kline
[0:29′] 女の子は化粧をし、クリードの噂話をする。
16. playThrill of It – Skye Emanuel, Drew Dvorsky, James Howland & Twodot Sensei
[0:30′] ケイラとショーンは手をつないで歩いてきて、二人はデートの話をします。
17. playNever Wanna Let You Down – Extreme Music
[0:32′] ケイラがセブにショーンとの出会いを話し、ショーンより彼の方が好きだと認める。
18. playGames We Play – Que Derry
[0:34′] ショーンは、どの女の子が気になったかと聞かれる。
19. playHere Comes the Thunder – Lee Richardson, Sarah Norman, Jonathan Murill, Various Artists, James Cocozza, Tom Ford
[0:36′] デートを終え、ヴィラに戻ったクリードとイモージェン。
20. playNobody Stopping Me – The MIDI Mafia (feat. Precious Paris)
[0:42′] ジャワはブリタンと話し、ラナが彼女の頭を混乱させるためにショーンをリトリートに送ったのではと危惧する。
21. playTurn It Up – Raphael Lake
[0:42′] エンドクレジットの曲です。

シーズン4 • 第8話: ‘It’s Raining Love Triangles’

2022年12月14日
28曲



1. playI’ll Be Ok (If You Stay) – Julia Carbajal
オープニング曲です。新しい一日が始まり、みんなが目を覚ます。
2. playBeating Heart – Cut One, Wolfgang Black & Kye Sones
[0:01′] ジャワはニックに気があってもショーンのことが好きだと認める。
3. playMain Chick – Quise.B
[0:01′] イモージェンは、フラヴィアとベッドを共にしているにもかかわらず、クリードが彼女に生意気な視線を送っていることに気づく。
4. So Typical – John Isaac Charles Coggins, Devin Sandler Moore
[0:02′] 男たちはジムで汗を流し、女たちは室内で化粧をしている。
5. playLike a Gangster – Lee Richardson, Jonathan Murrill, Tom Ford, James Cocozza & Thomas Johnston
[0:04′] ニックがバスルームにいる間、プールサイドでジャワの隣に座ったショーンは彼女と会話を始める。
6. playGenius – Eric Bellinger
[0:05′] ショーンはジャワの脚にサンローションを塗り、マッサージをする。
7. playGonna Rise Up – MUSZETTE
[0:06′] 彼女たちは寝室に座り、Imogenについて噂話をする。イモージェンはクリードと話をするために外に出る。
8. playExplode – Lisa Law & Patrick P.P. Hagenaar
[0:09′] ビーチで始まる「禁断の果実パーティー」は、全員がコスチュームを着ている。
9. playBattlefield – Nick Kingsley & Daniel Farrant
[0:12′] ラナはイーサンが退団することを発表する。
10. playWhere Do We Go from Here – Alex Condliffe, Noah Booth & Isla Wolfe
[0:15′] ニックはパーティーの後、ジャワに話を聞きに行く。
11. playGetting Real Savage – Malo
[0:19′] ニックは翌日、ジャワに少し距離を置き、彼女自身の判断に任せることにする。
12. playBoom – MUSZETTE
[0:20′] ジャワはブリタンに、ニックと一緒にいること、彼よりショーンが好きなことの葛藤を打ち明ける。
13. playNo One’s Gonna Get Me Down – The Other Guys
[0:21′] フラヴィアはクリードに近づき、イモージェンへの想いを問う。
14. Sin Some More – Quality Drugs
[0:21′] クリードがフラヴィアと話している間、イモージェンは外に出て、彼の前で自分の体にオイルを塗っている。
15. playBiddie Bop – Chel Strong
[0:22′] フラヴィアは、イモージェンが自分の男を奪おうとしていることに脅威を感じている。
16. playHooked on You – Devin Hoffman, Jessica Easley, Rhett Tyler Fisher
[0:22′] ShawnがJawaに近づき、プールサイドで会話を交わす。Shawnは2回目の彼女の脚を揉む。
17. playCause I’m All About You – Que Derry
[0:23′] ジャワは、ショーンのことをもっと知りたいと打ち明ける。
18. playGo Get What You Want – Raphael Lake
[0:28′] ワークショップの最終ステージでは、彼女たちは大きな歓声を上げた。
19. playCan’t Take It Back – Nick Kingsley, Daniel Farrant & Romy Florin
[0:33′] ワークショップでイモージェンの話を聞いたフラヴィアは、クリードが自分に誠実でなかったことを感じる。
20. playAlive Tonight – Rupert Pope, Giles Palmer & Eller
[0:33′] 彼女たちは工房を出て、別荘に戻る。
21. playWon’t You Follow Me – Lee Richardson, Thomas Ford, Jon Murrill, James Cocozza & Sarah Jane Norman
[0:34′] カイヤはセブにワークショップで起こったことを話す。ニックはプールサイドで瞑想する。
22. playPromises to Lies – Bleeding Fingers
[0:35′] フラビアはついにクリードと対峙する。
23. playThe Dark Side of Love – Red Means Run
[0:37′] ジャワはワークショップの後、ショーンに自分の決断を伝えるために近づいた。
24. playYou Set Me Free – James Cocozza, Lee Richardson, Tom Ford, Johnathan Murrill
[0:39′] ショーンはジャワに自分たちの間につながりがあることを納得させようとする。
25. playJust Another Night – Nineonone
[0:40′] クリードはバスルームでイモージェンに話しかけ、フラヴィアではなく彼女を選ぶ。
26. playGo Down – Chel Strong
[0:42′] フラヴィアではなくイモージェンを選んだクリードとイモージェンは抱き合う。
27. playDevil On The Shoulder – MUSZETTE
[0:43′] ショーンはジャワに、その夜、探検がてらベッドを共にしないかと誘う。
28. playTurn It Up – Raphael Lake
[0:44′] エンドクレジットの曲です。

シーズン4 • 第9話: ‘Jawahir, Jawa-there’

2022年12月14日
27曲


1. playHottest Thing Around – The MIDI Mafia (feat. Chel Strong)
オープニング曲です。ショーンはジャワにベッドを共にするよう頼む。
2. playUnder Your Skin – James Donald Davies
[0:01′] 就寝前、ジャワがニックを連れてきて会話をするのですが、これがショーンをすごく緊張させるんです。
3. playWhen the Walls Come Down – Nineoneone
[0:03′] ジャワはニックに話しかけ、ショーンと同じベッドで寝たいと告げる。
4. playThe Dark Side of Love – The Breaker Sisters
[0:03′] ジャワがショーンとベッドインしているのを見て、ルームメイトは驚く。
5. playOur Song – The Hoof, Victoria Grant
[0:04′] 翌朝、ジャワはショーンの手相を見てもらう。
6. playHot Situation – Ben Cina & Eric Ronick
[0:07′] 男たちはプールでボールを使って楽しんでいる。クリードはフラヴィアとイモージェンのことをみんなに話す。
7. playBody and Soul – Jon Dix, Beck Goldsmith
[0:09′] 女性陣はヘアメイクをし、ショーンは体を鍛え、ニックは一人プールに残り、ジャワはブリタンと自分の決断について話し合う。
8. playChoose to Love – Photronique
[0:12′] ジャワはニックとショーンのどちらかに決められず、涙を流す。
9. playSwagger Up (Instrumental) – Arecee
[0:13′] クリードはプールサイドでイモージェンに話しかけ、彼女と一緒に何かを探したいと告白する。
10. playYou Lift Me Up – Guesthouse
[0:14′] 三角関係で不安になっているジャワを除いて、カップルはリラックスしておしゃべりしている。
11. playSummer of Our Lives – waykap (feat. Emmi)
[0:17′] BrittanとJamesはビーチでデートをする。
12. playSorry Sister – Malory Leyland Torr
[0:17′] ブリタンはジェームスを傷つけてしまったことを後悔し、彼に謝る。
13. playOnly Love Can Light It Up – Red Means Run, Katrina Stone
[0:19′] ブリタンとジェームズは許可を得て、初めてキスをする。
14. playThere in a Heartbeat – Dexter French, King Khali, Billy Valentino & Danny Fernleigh
[0:20′] カイラとセブは遠距離恋愛をすることを約束する。
15. playI’ll Never Let Go – Nineoneone
[0:21′] KaylaはSebのガールフレンドであることを受け入れ、彼らは青信号を得るので、彼らはキスをします。
16. playChange Is Here – Nakia Gorden & Michael Kenji Azuma
[0:22′] ラナはジャワをカバナに呼び、二人きりで話をする。
17. playTake Me Now – MUSZETTE
[0:25′] ラナはジャワに、ニックとショーンのどちらかを選んでほしいと頼む。
18. play ONE YOU WANTED – NNDN & Devin Jay Hoffman
[0:27′] Brittanは、Jamesと一緒に許可を得たことをグループに伝えます。
19. playBoy Meets Girl – Wizard of Oz (feat. Dan Murphy)
[0:29′] ジャワがニックとのデートを選択したため、ショーンは赤信号を受ける。
20. playLove So Dangerous – Lee Richardson & Jon Murrill & Tom Ford & James Cocozza
[0:30′] クリードはフラヴィアに対して、正直に告白することを決意する。
21. playYou Got a Dirty Little Secret – Blues Saraceno
[0:31′] クリードはまた嘘をつき、フラヴィアに好きだと言いながら、イモージェンにも同じことを言う。
22. playMy Blood Runs Cold – Laplace, Malory
[0:32′] ジャワはニックに、前夜にショーンとベッドを共にしたことを謝る。
23. Could You Love Me – Rob Cass, Lucy Rhiannon Hopkins, Joseph Robert Taylor
[0:33′] ジャワは泣き出し、ニックの前で心を開く。
24. playIt’s In My Heart – Stevie Gold & Izzy Warner
[0:35′] ニックとジャワは許可を得て、キスをする。
25. Future Looks Like You – John Isaac Charles Coggins, James Arthur Denton
[0:36′] ジャワとニックは隠れ家に戻り、皆は二人に声援を送ります。
26. playHearts Home – Bleeding Fingers
[0:38′] ジャワはショーンに自分を選ばなかったことを謝り、ショーンはそれを理解し、恨みを残さず、彼女の幸せを願う。
27. playTurn It Up – Raphael Lake
[0:41′] エンドクレジットの曲です。

シーズン4 • 第10話: ‘Growth is a Team Game’

2022年12月14日
17曲



1. Time To Die – Tony Lee Stafford Jr, Michael Dennis Smith, Skye Thomas Harry Emanuel, Griffin Young, Jacopo Trifone, Billie Ray Fingers
[0:03′] フラヴィアは、イモージェンが嘘をついておらず、クリードが罪を犯していることを突き止めます。
2. playOver – Daniel Brown & Hippy Martin
[0:06′] ラナがクリードにすぐ退席するよう求めた後、全員が退席する。
3. playPlayground Games – Deep Cut & Clare Osbond
[0:07′] クリードが二人に嘘をついていたことを知ったフラヴィアとイモージェンは、話し合う。
4. playAll or Nothing – Louise Dowd, Jason Tarver & Marc Williams
[0:09′] リトリートの最終日の夜、みんなベッドにもどる。
5. playLet’s Fly Away – Brian Colin Burrows
[0:09′] みんな朝、目を覚ます。フラビアはよく眠れたといい、良い波動を感じているようです。
6. playKiss Me Like Summer – Sam Shrieve
[0:10′] 最後の12時間を過ごすために準備をする出場者たち。賞金は誰に渡そうかと話し合う彼女たち。
7. Future Looks Like You – John Isaac Charles Coggins, James Arthur Denton
[0:13′] ワークショップでは、みんなで旗に絵を描き始めます。
8. playMagic in the Clouds – Daniel Farrant, Nick Kingsley & James McLean
[0:16′] ナイジェルは、自分の描いた絵をみんなに見せます。
9. playThe Day We Fell In Love – Nick Kingsley & James Grinder
[0:18′] カイヤは自分の描いた絵を皆の前で披露する。
10. playLife Of Your Dreams – Jonathan Philip Dix, Karina Julia Ramage, Thomas Jack Robson
[0:20′] ワークショップの最後には、全員が自分の旗を手に取り、海に向かって手を振ります。
11. playWar Ready – Gullie Lamont, Darnell Knight
[0:21′] ラナは最終候補者を発表するため、皆をカバナに呼び出す。
12. playDynamite Feels so Right – Blues Saraceno
[0:24′] カイラとセブのリトリートでの最高の瞬間をモンタージュしたものです。
13. playWe Made It – Oliver Wilde, Philip Peter Dudley Panton, Tom Barnes
[0:29′] Lanaが最終候補者を発表した後、カップルはビーチに向かい、そこで祝杯を挙げる。
14. playFinal Climb – Amadeo Lopez
[0:30′] 残されたゲストたちは、どちらが優勝カップルなのかを決めようとしている。
15. playI’m On Top of the World – Aiza & Trevor M. Simpson
[0:31′] みんな白い服に身を包み、修養会最後のパーティーの準備をします。
16. playNever Felt Like This Before – Angus Thomas Nicholson
[0:36′] 入賞したニックとジャワをみんなで祝福する。
17. playTurn It Up – Raphael Lake
[0:38′] エンドクレジットの曲です。


TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る




でのストリーミング:  Netflix

カテゴリー:Netflix, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール

IMDB: Too Hot to Handle

ザ・ジレンマ_ もうガマンできない_! シーズン 4テレビ情報
プロダクション: Talkback, Thames
販売代理店: Netflix


作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください