シャイニング・ガール シーズン1 サウンドトラック

『シャイニング・ガール』シーズン1のサウンドトラック音楽、 2022年TVシリーズの全曲をエピソードごとに一覧表示し、シーン解説とタイムライン、全トラックリストで閲覧・試聴できます。



シャイニング・ガール シーズン1 第1話
シャイニング・ガール シーズン1 第2話
シャイニング・ガール シーズン1 第3話
シャイニング・ガール シーズン1 第4話
シャイニング・ガール シーズン1 第5話
シャイニング・ガール シーズン1 第6話
シャイニング・ガール シーズン1 第7話
シャイニング・ガール シーズン1 第8話

シーズン1 • 第1話: ‘Cutline’

2022年4月29日
6曲


1. Danger – Pylon
[0:05′] カービーは家を出て職場に行くが、そこで充実しているようには見えない。
2. Lamento Jibaro – Sexteto Borinquen
[0:18′] 二人の男がビジネスの話をするためにバーで出会う。
3. Ain’t You – Kleenex
[0:20′] カービーが音楽を聴きながら手がかりを探していると、同僚が様子を見に来てくれた。
4. Pissing In A River – Patti Smith Group
[0:41′] カービーは、自分が女性に診察されていると思っていた。男性が診察していることに気づいたとき、彼女はパニックになり、家に逃げ帰る。
5. Lonesome Lover – Max Roach
[0:47′] パーティーを遠くから見ている男。彼はその後、見知らぬ建物に入っていき、女の子を襲う。
6. Alone Again Or – The Damned
[0:51′] カービーは自分のアパートが変更されたようなので、探そうとする。しかし、そこにはレイチェルはおらず、代わりにマーカスがいた。

シーズン1 • 第2話: ‘Evergreen’

2022年4月29日
8曲




1. I Can’t Help Myself – Orange Juice
スタート曲 / カービーはマーカスに母親の居場所を聞く。彼は何が起こっているのか理解できず、自分の誕生日パーティーのために食料品を買わなかった彼女にがっかりしている。
2. Shout To The Top – The Style Council
[0:02′] マーカスの誕生日パーティーは、カービーが再びマーカスに説明しようとするまで、彼女はそこに着いた方法を理解していない。
3. Stardust – Artie Shaw & His Orchestra
[0:10′] 1990年、ハーパーとパウエルは、ハーパーがジュリアに会いに行くまで、おしゃべりをするシーンがあります。
4. Sufrir – Los Solitarios
[0:12′] 少女と父親が一緒に一日を過ごす。彼女は写真について尋ねる。
5. I Believe – Jeanne Aguzarova
[0:14′] ダンとカービーは、カービーに何が起こっているのかを理解しようとする。
6. Celebrate His Good Life (Steve Green) – Cast
[0:18′] この歌を歌う人々がいる教会に到着したカービー。彼女はお母さんに会います。
7. The Birds – Rick Cuevas
[0:25′] マーカスはカービーに、彼女に何かが起きていることを突き止めたと言う。
8. Right Down The Line – Gerry Rafferty
[0:33′] カービーとダンが一緒にドライブ。彼女は夫のマーカスについてどう思うかと尋ねる。

シーズン1 • 第3話: ‘Overnight’

2022年4月29日
5曲


1. Tame – Pixies
[0:03′] ダンはかかっている曲が気に入らないので、車のラジオからカセットを取り出す。
2. La Conga De Jaruco – Los Cubaztecas
[0:13′] 少女がハーパーにIDを持っていないのでお酒を買ってきてほしいと頼むが、売り子は渡そうとしない。
3. Cosita Caliente – Andy Gonzales Y Sus Amigos
[0:21′] ある店に到着したハーパーは、ダンの息子フレディに話しかける。バックにはこの曲が流れている。
4. TBA – TBA
5. Pu Tun Tun – El General
[0:49′] ダンがクラブに出かけた。彼は酔っぱらってダンスフロアで転んでしまうが、すぐに立ち直ってパーティーを続ける。

シーズン1 • 第4話: ‘Attribution’

2022年5月6日
1曲




1. Playground (from “Shining Girls” Soundtrack) – Claudia Sarne
[0:05′] イントロソング

シーズン1 • 第5話: ‘Screamer’

2022年5月13日
4曲


1. Our Love – Al Hazan Feat. The Starr Sisters
[0:16′] 二人の男が、カービィが他の人と違うものを見ているのを見て、ちょうど彼らのうちの一人がそうであるようにと話す。
[0:34′] カービーが精神科の施設を訪問する。
2. Thoughts In My Mind – Donnie & Joe Emerson
[0:23′] カービーが帰宅すると、マーカスが夕食の支度をしている。彼女は有名なサンドイッチのレシピを考案した覚えはないと告げる。
3. St. Louis Blues – Bessie Smith
[0:35′] カービーはレオと彼の精神的な問題を紹介される。
4. ‘Tain’t Nobody’s Bizness If I Do – Bessie Smith
[0:36’] 友人が部屋を出て行った後、カービーはレオに何とか話しかけ、レオは「あの男」に近づくなと言う。

シーズン1 • 第6話: ‘Bright’

2022年5月20日
7曲



1. You’re Not Gonna Get It – Epicycle
スタート曲 / ロックコンサートで踊る二人の少女。
[0:32’] バーではロックバンドの演奏があり、クララとカービーは踊っています。
2. Playground (from ‘’Shining Girls’’ Soundtrack) – Claudia Sarne
イントロソング
3. Am I Blue – Annette Hanshaw
[0:04’] 戦争から帰ってきたハーパーは、クララのショーに参加する。
4. Operator (That’s Not The Way It Feels) – Jim Croce
[0:20’] 老人はハーパーから逃げようとするが、車に轢かれてしまう。
5. Passin’ Me By – The Pharcyde
[0:26’] ハーパーとクララは魔法の扉を通って未来へ旅立ちます。
6. Hardcore Punk – Epicycle
[0:30’] ハーパーたちは再び未来に到着し、今度はロックコンサートに行くことになる。
7. Ballad Of The Absent Mare (Longer Version) – Leonard Cohen
[0:42’] エピソード・フィナーレ/
ハーパーは未来に行き、バーにいるカービーと話をする。/
エンドクレジットの歌

シーズン1 • 第7話: ‘Offset’

2022年5月27日
5曲




1. Lucky Number – Lene Lovich
エピソードは、カービーが電車を降りて家に到着するところから始まります。
2. Playground (from ‘’Shining Girls’’ Soundtrack) – Claudia Sarne
[0:04′] イントロソング
3. Lonesome Lover – Max Roach
[0:17’] 銀河系についてのリハーサル発表をしている最中に、ジニーのマイクがシャットダウンしてしまう。
[0:35’] プレゼンに問題があると知り、パーティーから逃げ出したジニー。そんな彼女を助けようとカービーがやってくる。
4. Tame – Pixies
[0:38’] ついにハーパーが到着し、ダンを殺害する。
5. Chandelier – Claudia Sarne
[0:43′] エンドクレジット・ソング

シーズン1 • 第8話: ’30’

2022年6月3日
5曲


1. Playground (from ‘’Shining Girls’’ Soundtrack) – Claudia Sarne
[0:05′] イントロソング
2. St. Louis Blues – Bessie Smith
[0:12’] ハーパーはクララのテープを探して持っていくためにレオを訪ねる。
3. Am I Blue – Annette Hanshaw
[0:38’] ショーの後、ハーパーは楽屋にいるクララを訪ねます。
4. Alegro Piradissimo – Lula Cortes & Lailson
[0:47’] バーで、カービーはダンに自分のことを覚えていてほしいと語りかける。
5. One Too Many Mornings – Angel Olsen
[0:50’] ハーパーを追い出したカービーは、グレンデルと一緒に家の中のソファに座っている。
エンドクレジットの歌




シャイニング・ガール シーズン1 公式OSTアルバム トラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア
オリジナル発売日:(予定)2022年5月27日
レーベル ミラノレコード
オリジナル楽曲作曲者 Claudia Sarne

1. Playground
2. Battle
3. One Too Many Mornings
4. Sunspots
5. Polaroids
6. Holy Shit
7. The House
8. BBF
9. Don’t Panic
10. The Realization
11. Tunnels
12. Canon
13. The Attack
14. R.E.M.
15. Chandelier
16. End Game
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 シャイニング・ガール シーズン1 サウンドトラック :

YouTube
Spotify



TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る

この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語




でのストリーミング: Apple TV+

カテゴリー: Apple TV, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール


IMDB: Shining Girls

サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください