コンテンツへスキップ
2022年Netflix映画のサウンドトラックブラック・イナフ?!? -アメリカ黒人映画史- 音楽、トラックリスト、サウンドトラック58曲の全曲試聴ができます。すべての曲名、誰が歌っているか、58曲の追加プレイリスト、スコア、映画で使用されたクレジットをストリーミングで表示します。タイムライン付きの57のシーンの説明を読む。



ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. playCity, Country, City – War
[0:01′] ナレーターは、70年代に映画のタイトルに使われた「ブラック」という言葉が、その意味から黒人のアイデンティティと文化への言及へと変化したことについて語る。
2. playOl’ Man River (SHOW BOAT(1936)) – Paul Robeson & Elisabeth Welch
[0:05′] ミュージカル「ショーボート」を例に、黒人のトロフィーが再利用されていることを語る。
3. playSuzanne – Harry Belafonte
[0:10′] ドロシー・ダンドリッジとハリー・ベラフォンテのコラボレーション、そして彼らのキャリアにつきまとう人種差別について、彼がこの曲を歌う映画『ブライトロード』のショットからナレーターは語り始める。
4. playMy Lord What a Mornin’ – Harry Belafonte
[0:10′] ハリー・ベラフォンテの俳優としての訓練、音楽的才能、舞台での独特の存在感についてナレーションが入る。
5. playDis Flower – Georges Bizet & Herschel Burke Gilbert
[0:11′] 映画『カルメン・ジョーンズ』から、口パクで歌うベラフォンテの歌声に違和感を覚える場面。
6. playMy Baby’s Not Around – Harry Belafonte
[0:11′] 映画「Odds Against Tomorrow」のワンシーンが流れる。
7. playNever Ending Melody – Charles Earland (feat. Freddie Hubbard & Joe Henderson)
[0:15′] この曲は、有色人種に対する虐待に対する反応として、60年代の市民運動の映像に重ねて流される。監督のチャールズ・バーネットはLAのワッツ暴動を回想する。
8. playBlue Sophisticate – Marian McPartland
[0:16′] 当時のインディーズシーンでは、黒人の俳優は白人の視線から離れ、芸術的な自由を与えられていたが、彼らの才能はほとんど認められていなかった。Nothing But A Man』のアイヴァン・ディクソンとアビー・リンカーンとのシーンが映し出される。
9. playI Want to Be Wanted – Sammy Davis Jr.
[0:17′] アダムと呼ばれた男』でのデイヴィスの演技について語るナレーター。冒頭、彼が映画の舞台でこの曲を歌った。
10. playCookie Jar – Reverend Barrington Stanley
[0:19′] Guess Who’s Coming to Dinner』と『In the Heat of the Night』の公開後のシドニー・ポワチエの成功についてナレーターが語る
11. playSister Rosetta Tharpe – Up Above My Head
[0:20′] ナレーターは、映画のキャリアに関して、なぜ女性のロックのパイオニアがエルヴィスやビートルズのような白人のパイオニアのような機会を得られなかったのか、疑問を投げかけている。
12. playBo Diddley – Bo Diddley
[0:20′] 公爵夫人』もまた、見落とされた才能の一例である。
13. playIf I’m In Luck I Might Get Picked Up – Betty Davis
[0:20′] ナレーターが提示する最後の見落とされた才能の例。
14. playPrivacy – Mirot
[0:21′] ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』は、現実に起こっている暴動への寓話として提示され、殺戮や板張りの窓がテレビの映像を再現している。



15. playSkid Row Joe – Orchestra Heinz Kiessling
[0:24′] 脚本家、監督、そして時には俳優でもあったオスカー・ミショーのキャリアと、それを形成した政治的、経済的状況についてナレーターが語る。
16. playTweedy – Combo Fred Spannuth
[0:25′] フレッド・アステアの使用人としての人格が、当時エンターテインメント業界が提示したアフリカ系アメリカ人の神話との相互作用の中で分析される。
17. playFusty Game – Ludovic Beier & Jean-Paul Jamot
[0:26′] ナレーターは、1912年のアリス・ガイ・ブラシェ監督の無声映画『愚か者とその金』について語る。この映画は、アフリカ系アメリカ人キャストによる最初の映画であり、彼らを卑劣でもステレオタイプでもない役割で伝えていることで、今日際立っている。
18. playAll Right – Nineoneone
[0:26′] ナレーターは、黒人のインディーズ映画制作者が、映画のためのリソースと観客を見つけるために工夫を凝らさなければならなかった地下経済と文化の概要を説明する。彼らは今日のインディーズ映画作家の先駆者であり、反抗というよりも疎外によって形作られた存在である。
19. playWalk On By – Isaac Hayes
[0:32′] アイザック・ヘイズは、セルジオ・レオーネ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト』、すなわち白人良識の旗手とされるヘンリー・フォードの倒錯したキャラクターとウディ・ストロードの演技に非常に感銘を受け、この作品を制作することになったという。
20. playBlack Enough – Melba Moore, Galt MacDermot
[0:45′] ナレーターは、『コットン カム トゥ ハーレム』で、黒人の誇りを不都合なものと見なすのではなく、むしろ祝福するオジー・デイヴィスの芸術的ビジョンを示している。この視点は、彼がガルト・マクダーモットと共同で作ったこの曲にも表れている。
21. Shaft – Ultimate DJ Tools
[0:49′] ナレーターは、映画のメッセージに寄り添うサウンドトラックの重要性に注目し、ゴードン・パークスとアイザック・ヘイズのコラボレーションによる映画『シャフト』を紹介する。
22. playBetty’s Theme – Charles Earland
[0:51′] ナレーターは、映画協会の映画レーティングシステムに反抗して、スウィート・スウィートバックの『バダスース・ソング』がXレーティングを追求し乗っ取ったことについて語ります。
23. playWon’t Bleed Me – Melvin Van Peebles
[0:54′] 映画のシーンにこの曲が流れていることから、この映画のサウンドトラックをさらに分析する。
24. playPiano Nocturne – Marian McPartland
[1:00′] 映画『ラスト・ディテール』に参加する予定だったルパート・クロースが白血病で亡くなる前の晩年の様子をナレーターが詳しく語る。
25. playTheme from Shaft – Isaac Hayes
[1:00′] アイザック・ヘイズは1972年に黒人初の歌曲賞を受賞し、第44回アカデミー賞でのパフォーマンスに全力を尽くします。
26. playEarthy – Brian Dee & Irving Martin
[1:01′] ナレーターは、黒人の映画文化をメインストリームと区別するもの、つまり、それまでスクリーンに映ることを許されなかった黒人俳優が描くある種のヒロイズムと気迫に着目します。
27. playLady Sings the Blues – Diana Ross
[1:02′] 1973年は、ダイアナ・ロスとシシリー・タイソンの2人の黒人女性が初めて主演女優賞にノミネートされ、黒人主導の映画にとってピークとなる年です。
28. playBaker ’56 – Chet Baker
[1:05′] 俳優ビリー・ディー・ウィリアムズの紹介、彼のハンサムぶりを紹介。


29. playTrouble Man – Marvin Gaye
[1:11′] マーヴィン・ゲイの作品と、彼の曲「What’s Going On」がその後の黒人映画のサウンドトラックに与えた影響をナレーターが紹介します。
30. playPusherman – Curtis Mayfield
[1:12′] スーパーフライ』のサウンドトラックを通して、カーティス・メイフィールドのキャリアとリリシズムが、社会変革への願望と制度的惰性に対する戦闘的態度に突き動かされていることがナレーターによって紹介される。
31. playJunkie Chase – Curtis Mayfield
[1:14′] この曲をバックに『スーパーフライ』のチェイスシーンが流れる。
32. playTransmograpfication – The J.B.’s & Fred Wesley
[1:19′] ナレーターは、ブラックスプロイテーション映画の意義、人気、論争に飛び込んでいく。
33. playIncidental Backcloth (3) – Keith Mansfield
[1:20′] ナレーターは、これらの映画における黒人スターの役割について、彼らの黒人性がより可視化され、黒人の観客が彼らに共感できるようになったからである、と論じている。
34. playPeople Get Up and Drive Your Funky Soul – James Brown
[1:21′] ナレーターは、黒人映画が進化し、黒人のキャラクターが中心的な役割を果たすようになり、麻薬戦争や犯罪に拍車をかける彼らの葛藤やジレンマに焦点が当てられていることを説明する。
35. playThe Greatest Performance Of My Life – Nancy Wilson
[1:26′] スタン・レイサンは、『セーブ・ザ・チルドレン』のラインナップをどのように集めたかを回想し、コンサートでのアーティストのさまざまなクリップが流れる。
36. playTo Be Invisible – Gladys Knight & The Pips
[1:36′] Claudine』のサウンドトラックの一部で、黒人に共通する恐怖にインスパイアされたこの曲は、映画の映像に重ねて再生されます。
37. playRash – Orchestra Cometa
[1:38′] ダイアナ・ロスと共演した『ウィリー・ダイナマイト』でのロスコー・オーマンのパフォーマンスのシーン。
38. playDelivery Date – Alan Hawkshaw
[1:42′] ナレーターが『アップタウン・サタデーナイト』でのシドニー・ポワチエのパフォーマンスを分析するシーン。
39. playCan’t Seem to Find Him – The Love Unlimited Orchestra
[1:43′] ナレーターは、この時代の黒人パフォーマーが作品に持ち込んだ情熱と喜び、そしてそれがスクリーンを超えて観客に伝わる様子を強調する。
40. playThat’s the Way of the World – Earth, Wind & Fire
[1:44′] ナレーターが映画『That’s the Way of the World -』について語る中、バンドがこの曲を演奏している様子が映し出される。
パワフルなサウンドトラックと煮え切らない脚本です。

41. playBorn In This Time (performed by Muddy Waters)
[1:45′] この曲がイントロダクション・クレジットで流れる中、ナレーターが映画『マンディンゴ』について語る。
42. playBlack Jesus – Ghostface Killah
[1:47′] コーンブレッドとアールと私』で黒人の青年が警察に撃たれる瞬間はこの曲が流れ、ナレーターはこの映画が当時与えた影響について語る。


43. playFingertips (Pt. 2) – Stevie Wonder
[1:47′] モータウンの曲のサントラによってノスタルジーを吹き込まれたクーリー・ハイの青春物語についてナレーターが語る。
44. playRock ‘N’ Roll Choo Choo – Bloodstone
[1:51′] 映画『ハリウッド行き』の中で、ある男がこの曲を演奏している。
45. playCar Wash – Rose Royce
[1:54′] ナレーターが映画「カーウォッシュ」について語る。
46. playSomething He Can Feel – Aretha Franklin
[1:54′] カーティス・メイフィールドが映画『スパークル』のために書いたこの曲について、映画のシーンが映し出されながらナレーターが語る。
47. playThe Bingo Long Song (Steal On Home) – William Goldstein & Thelma Houston
[1:55′] 映画「ビンゴロング・トラベリング・オールスターズ&モーターキングス」のシーンが映し出され、ナレーターがこの映画が描いている黒人の生活の別の部分を分析している。
48. playThe Greatest Love of All – George Benson
[1:57′] モハメド・アリを描いた映画『グレイテスト』が登場する背景について、ナレーターが語る。
49. playThe Greatest Love of All – Whitney Houston
[1:57′] ホイットニーがこの曲を歌う様子が映し出され、ナレーターは彼女のカバーが、この曲が作曲された映画に対する大衆の認識を変えるのに役立ったことを説明する。
50. playOmaca – Sestetto Dino Piana & Oscar Valdambrini
[1:57′] ナレーターは、サウンドトラックの重要性が時代とともに変化してきたこと、70年代のブラック・フィルムがサウンドトラックの重要性と映画を売る力を高めてきたことを説明する。
51. playLialeh – Bernard Purdie
[1:58′] ナレーターは、パーディーがX-rated映画「Lialeh」の制作に関わったことを紹介し、彼が映画のシーンで作曲したスコアを演奏している様子を映し出します。
52. playStayin’ Alive – Bee Gees
[1:59′] ナレーターは、黒人映画の映画的遺産が、メインストリーム映画である『サタデー・ナイト・フィーバー』でようやく目に見える形になったことを観察している。
53. playYou Should Be Dancing – Bee Gees
[2:00′] ジョン・トラボルタが『サタデー・ナイト・フィーバー』のディスコで踊る姿が映し出され、語り手は彼の威勢の良さが黒人俳優が開拓した演技に似ていることに思いを巡らせている。
54. playNight Fever – Be Gees
[2:00′] サタデー・ナイト・フィーバー』で夜遊びの準備をしながら、鏡の前で踊るジョン・トラボルタ。
55. playThis Bitter Earth – Dinah Washington
[2:05′] 羊殺し』の親密なシーンが映し出され、ナレーターはこの映画の完成に要した長い時間と、その後の映画撮影に与えたインスピレーションについて掘り下げる。この曲の優しさが、シーンに与えるインパクトに注目です
56. playIt’s So Hard to Say Goodbye to Yesterday – Boyz II Men
[2:08′] クーリー・ハイのシーンでは、ナレーターが自分の技術の喜びに比べて、プライドの限界について語ります。
57. playAcque Azzure 2 – Alessandro Alessandroni
[2:11′] エンドクレジットの歌

映画予告編
この映画の予告編を見る

予告編の曲(全曲)
Am I Black Enough For You? - Billy Paul


でのストリーミング:  Netflix

カテゴリー:Netflix, ドキュメンタリー映画のサウンドトラック

IMDB: Is That Black Enough for You?!?

ブラック・イナフ?!? -アメリカ黒人映画史-映画情報
映画のジャンル: ドキュメンタリー
リリース日 (ワイド): 2022 年 11 月 11 日
ランタイム: 2 時間 15 分
制作:Makemake、Netflix
配給: Netflix
監督: Elvis Mitchell
出演者: Margaret Avery、Harry Belafonte、Charles Burnett


作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください