コンテンツへスキップ

Bel-Air シーズン 1 サウンドトラック

曲目: 112 シーンの説明: 117 タイムライン  |  放映日: 完成品  |  エピソード: 10  |  最終回: 2022年3月31日

コメント無し

ベルエアのサウンドトラック シーズン1音楽, 2022年のテレビ番組から、第1話でリストアップされ、シーンの説明とタイムライン、全トラックリストを表示および聴くことができます。
Bel-Air シーズン 1 第1話
Bel-Air シーズン 1 第2話
Bel-Air シーズン 1 第3話
Bel-Air シーズン 1 第4話
Bel-Air シーズン 1 第5話
Bel-Air シーズン 1 第6話
Bel-Air シーズン 1 第7話
Bel-Air シーズン 1 第8話
Bel-Air シーズン 1 第9話
Bel-Air シーズン 1 第10話




シーズン 1 • 第1話 1: ‘Dreams and Nightmares’

2022年2月13日
22曲

1. No Role Modelz – J. Cole
スタート曲 / ウィルは玉座の上で発表される.
2. What We Do – Beanie Sigel, Freeway & JAY Z
[0:45′] ウィルは今起きたばかりだ。彼は身なりを整え、朝食を食べに行く。
[0:41′] ウィルは悪夢から目覚め、トラブルに見舞われた夜のことがたくさん思い出されます。
3. Dreams And Nightmares – Meek Mill
[0:03′] その前のシーンで、ウィルたちが試合に勝つと.
4.Basic – SimxSantana Feat. Fivio Foreign
[0:06′] ウィルは近所の男と口論になる。.
5.Huntin – SimxSantana
[0:08′] ウィルと敵のバスケの決着戦.
6.Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:15′] イントロソング / 大喧嘩して刑務所に一泊した後、ウィルの母親は彼をベル・エアの家族のもとに送り出す。
7.Them Changes – Thundercat
[0:15′] 空港から実家まで送ってもらうウィル.
8.Money Power Respect – Childish Major
[0:17′] 実家に着く前、運転手が立ち止まってウィルに景色を見せながら、ある助言をする。
9. A Lot – 21 Savage
[0:19′] ウィルは実家に辿り着き、彼らが金持ちであることに気づく。
10. Dang! – Mac Miller Feat. Anderson.Paak
[0:22′] ウィルのいとこ、ヒラリーは、彼がより適切な服を着るのを助ける。
11. AIN’T GON STOP ME – Reggie, Monte Booker & Kenny Beats
[0:23′] ヒラリーが選んだ派手な服に着替えたウィル。
12. Leave Us Be – Terrace Martin
[0:24′] ウィルはパーティーに参加する。
13. 90s – YEAR OF THE OX Feat. Rekstizzy
[0:35′] WillはJessに電話して空港まで送ってもらうが、叔父のPhillに捕まり、家に戻される。
14. FLEXIN N’ FLASHIN (Remix) – SimXSantanta, Lil Uzi Vert
15. Look Towards The Sky – The Xtraordinairs
[0:41′] ウィルの母親はウィルに電話をかけ、なぜベル・エアに留まった方がいいのかを思い知らせる。
16. L.A. – Amaru Son
[0:44′] カールはウィルを連れて、将来の同僚に会いに行く。
17. Beige – Terrace Martin Feat. Arin Ray & Elena Pinderhughes
[0:45′] ウィルはカールの元カノ、リサと話をする。
18. Hot Boy – Bobby Shmurda
[0:46′] ウィルは少年たちに会うためにロッカーにやってくるが、カールの友人たちが差別的であることに腹を立ててしまう。
19. Mini Van – Amaru Son
[0:50′] ウィルの叔母は、ウィルとカールトンに仲良くしてもらいたい理由を説明する。
20. No chill – DUCKWRTH
[0:52′] ウィルはカールトンと一緒にパーティに行く。カールトンの元恋人リサと話をすることになる。
21. Teleport 2 Me, Jamie – WZRD Feat. Desire
[0:55′] ウィルとリサはパーティーでキスをする。それを見たカールトンは怒り出し、ウィルをプールに投げ込む。
22. Dreams And Nightmares – Meek Mill
エンドクレジット

シーズン 1 • 第2話 : ‘Keep Ya Head Up’

2022年2月13日
11曲

1. Power of The Mind – Damu The Fudgemunk & Raw Poetic
[0:02′] フィルとビビアンはウィルとカールトンの喧嘩について話しています。
2. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:05′] イントロソング / ウィルはフィリーの友人が撃たれたと知ったばかりだ。
3. Goin Up – Aleks James & Riah Lena
[0:07′] 家族は新しい週を迎える準備をしている。朝食後、WillとCarltonは喧嘩をしてしまう。
4. Infinity Flow – Iain Harper Feat. Baby Bleu
[0:10′] ビビアンはウィルに通学用の車をプレゼントする。Willは友人に電話し、フィリーでの出来事をすべて謝る。
5. 22 And Confused – Johnny 2 Phones
[0:18′] ウィルはバスケットボールチームに入ろうとする。先生は次の日、リクルートに来るように言う。
6. Telly – Amindi
[0:21′] ヒラリーは面接官のために料理を作り、面接官を感心させるが、面接官は多くの変更を要求してくる。
7. No You Cant – KikBak & Gerald Warbuxs
[0:27′] ウィルはバスケットボールをするためにジェスに電話をかけます。彼は最後にフィリーの自宅でプレイしたときのスローバックを取得します。
8. Rhythm (Devoted To The Art Of Moving Butts) – A Tribe Called Quest
[0:31′] フィルはジェフリーと飲んでいる。ジェフはウィルにもう一度チャンスを与えるよう、フィルを説得する。
9. Out the Mudd – B Sound Beatz & Yung Major
[0:35′] ウィルは登校前にトレイに電話をする。リサはカールトンを説得し、ウィルを休ませようとする。
10. Do My Thing – Erika de Casier
[0:39′] ヒラリーはファンに、自分の立場だったらどうするか、高級な仕事を断るのか、それとも引き受けるのか、と問いかけます。
11. Rookie Of The Year – Moneybagg Yo
[0:40′] ウィルはバスケットボールチームのオーディションを受ける。彼は入学する。

シーズン 1 • 第3話 : ‘Yamacraw’

2022年2月13日
10曲

1. Big Mad – Jazzy Beatz
[0:06′] フィルとビビアンはウィルの停学を解除することに成功する。
2. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:06′] イントロソング
3. I’m The One – Tommy Will & Nathan Fields
[0:08′] リサとウィルはコナーが捕まることを願いながら、一緒にランチを食べる。
4. Electric Relaxation – A Tribe Called Quest
[0:17′] フィル、カールトン、ウィルの3人は、あるイベントに出かける。フィルは二人の少年を一緒にボランティアに行かせようとする。
5. Love Come Down – Evelyn “Champagne” King
[0:19′] ビビアンはヒラリーが料理したパーティーを主催している。
6. Am I Wrong – Anderson.Paak Feat. ScHoolboy Q
[0:23′] ヒラリーは、母親の友人たちに、実は情熱を燃やすために学校を中退したのだと話している。
7. Black Elixir – MELONYX
[0:24′] キンダーはヒラリーに怒るが、彼女は気にしない。
8. DKN THE HTE – Cady
[0:37′] L.A.での初めてのバスケットボールの試合で、新しいシューズを嬉しそうに受け取るウィル。
9. It’s About to Go Down – That Kid CG
[0:41′] 家族はウィルのバスケットボールの試合を見に行くが、ウィルの試合が自分のラクロスの試合中に行われたため、カールトンは仲間外れにされたように感じる。
10. We’re Coming – Lionel Fabert & Louis Lepine
[0:46′] ウィルがバスケットボールの試合に勝って楽しんでいる間に、フィリーの麻薬の売人に居場所がばれてしまった。

シーズン 1 • 第4話 : ‘Canvass’

2022年2月13日
10曲


1. Hot Boy – Lil Bam
[0:01′] フィルとカールトンはチェスをする。
2. Plateau – Bain
[0:04′] ビビアンはアシュリーの髪を三つ編みにして、父親のイベントに参加することがなぜ重要なのかを説明する。
3. Deja Vu – Easy McCoy And Tyu
[0:06′] イントロソング
4. Get It Now – Lexus Michelle
[0:08′] ヒラリーはたくさんの仕事の面接を受ける。Vivianはまた絵を描き始めたいと言っています。
5. Amazing – Angelo Rosario Brillante, Jon Conciatori & Wesley Allen Williams
[0:17′] カールトンとウィルは、フィルの票を集めるために一軒一軒を訪ね歩く。
6. Shirohige – BunsoJo the Katipunero
[0:19′] カールトンは、父親のために票を集めるにはウィルの協力が必要だと認める。ジェシーとヒラリーは、彼のレコード店でランダムに会う。アシュリーはネット上の友人に会いに行く。
7. Never Gonna Stop – Two Hidden Labs Feat. DEVMO
[0:34′] WillはPhillに、アイススケートの後にスピーチをするという彼のアイデアを試してみるよう説得する。VivianはLisaにまた一緒に遊ぼうと誘う。
8. Going Down Slow – Exmag
[0:35′] JeffreyはAshleyのネット友達を誘って、彼女の父親のイベントで一緒にアイススケートをする。
9. Keep Up – Matthew Bento & Matthew Goodman
[0:38′] カールトンがフィリップスの演説を発表。
10. NO MAN’S LAND – Melvoni
エンドクレジット

シーズン 1 • 第5話 : ‘PA to LA’

2022年2月24日
16曲

1. We Gettin It – KikBak & Rick Vega
[0:01′] 空港にトレイを迎えに行くウィル。
2. F#Ck Ughhh- D4M $loan & d4m skiano
[0:01′] ウィルとトレイはウィルの新居に車を走らせる。
3. Quarantine After Party – Corey K
[0:02′] フィルはヒラリーにもう一度チャンスを与えるよう説得する。
4. Get On My Level- KikBak & Enimeezy
[0:03′] トレイはウィルの新しい家に感動している。
5. Deja vu – Easy McCoy And Tyus
[0:04′] イントロソング
6. Fancy – Bigger Story Music, Alan Avry & Ramon
[0:04′] ウィルはトレイを家の中に入れ、家族に紹介する。
7. B.I.A. (Born in AmeriKKKa) – Fashawn
[0:10′] ウィルとトレイが追いつく。トレイはウィルが早く帰ってくることを願っている。
8. Mama D/Leimert Park – Terrace Martin Pres. The Pollyseeds
[0:18′] トレイはカールトンに、ウィルがベル・エアに来るという真実を告げた。
9. Sunrays – Graffiti Royale Feat. Oswin Benjamin
[0:20′] カールトンはフィルに、ウィルを刑務所から出した理由を話す。
10. War & Wonders – D smoke
[0:25′] Will、Tray、PhillはD Smokeのコンサートに行く。
11. Today I Saved The World – 5 Alarm
[0:27′] ビビアンは美術展に行く。学芸員は彼女に新作の絵画を見せるよう説得する。
12. I Got The Work – Cat Clark & Mega.
[0:33′] ウィルはトレイにL.A.に残りたいことを伝える。
13. Get It Everytime (No Vocals) – SPKilla, Julio Ceez & Antom
エンドクレジット
14. Misty Mountains (From “the Hobbit: An Unexpected Journey”) – Beyond The Guitar
15. Misty Mountains – Bri Ray
16. Money – Moonchild

シーズン 1 • 第6話 : ‘The Strength to Smile’

2022年3月3日
7曲

1. Dead Presidents – Charles Stephens III & Mayila Jones
[0:01′] ウィルは故郷の友人たちからSNSで炙り出され、裏切られたと非難される。
2. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:04′] イントロソング
3. Fast (Motion) – Saweetie
[0:04′] ヒラリーが料理を作ろうとしているところに、バイト先の二人組が割り込んでくる。
4. Run It Up (Full) – Jim Condelli & Karina Marie Flonnoy & Heyalak Jones & Dimitri L Syde
[0:09′] ヒラリーは母親のイベントのために料理を作っています。上司から電話があり、至急ソーシャルメディアに投稿するように言われる。
5. Two By Two – Grand Marquis
[0:18′] アンジェラはビビアンに、リサに近づくための手助けをしてほしいと頼む。Vivianは彼女を断る。
6. Made It On My Own – Inside Tracks
[0:26′] アシュリーは友人のルーシーに好きだと伝えようとするが、ルーシーは本当はウィルが好きなのだと言う。
7. Honesty – Pink Sweat$
[0:45′] リサとウィルは話をすることになった。彼は最近よそよそしかった理由を彼女に話す。二人はキスをする。
エンディング・クレジット曲

シーズン 1 • 第7話: ‘Payback’s a B*tch’

2022年3月10日
16曲

1. BA BUMPIN – Kalisway
[0:03′] リサとウィルは、リサの練習前に密かに会っていた。
2. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:08′] イントロソング
3. Wolf N Demon – Sloan & Skiano Feat. Kur
[0:10′] ウィルはカールトンの人気を取り戻すために、大規模なパーティーを開くことを思いつく。
4. Pop That – FNN Reallo
[0:16′] WillとCarltonのパーティーが始まりました。カールトンは多くの人が来ないことを心配している。
5. Rocket – Kye Colors
[0:21′] リサはウィルスのパーティに参加するため、父親に嘘をつきました。
6. I’m A Hustla – Black Oshin
[0:26′] ヒラリーは家族の2階の部屋でいちゃつくカップルを捕まえ、彼らを外に連れ出す。彼女とJazzはキスをする。
7. Brown Skin (Radio Edit) – Cam the Artisan
[0:28′] カールトン以外の全員がパーティーで楽しい時間を過ごす。カールトンはウィルスの協力に感謝しつつも、一人になりたいという気持ちを抱く。
8. HIT ‘EM WITH THE FUNK – Kalisway
[0:29′] ヒラリーはカイロを追跡し、自分との投稿を削除するよう求める。
9. The Party – Benett Ardi
[0:31′] ウィルはパーティーでカールトンの期待を裏切ったような気がする。リサは彼を励ます。
10. Dream Alive – Mike Ciy
[0:33′] カールトンがソファで休んでいると、ジョンから「どこにいるんだ」とメッセージが来た。
11. Bloom – Blackparty
[0:33′] リサがウィルスの部屋に入ってきた。彼女は彼の別の一面を発見する。
12. Big Bad Wolf – OhGeesy Feat. YG
[0:36′] カールトンは、友人が実際にパーティー会場に来てくれたことを喜んでいる。
13. Like Really – Oddisee
[0:38′] ウィルとリサは互いの秘密を明かすが、ウィルは自分がフィリーに来た理由をまだリサに隠していた。二人は初めて愛し合う。
14. Fall – Sophie
[0:42′] ヒラリーは大きなビジネスチャンスを得ることになる。Jazzは自分の選択に失望する。
15. Give A Little Love – The Freedom Affair
[0:43′] ビビアンはフィルに帰宅を促し、彼女はパーティーに舞い戻る。
16. SuperStar – Aaron Obryan Smith
[0:44′] リサとウィルはロマンチックな一夜を過ごした。警察が現れたとき、カールトンは家中をウィルのために探していた。

シーズン1 • 第8話: ‘No One Wins When the Family Feuds’

2022年3月17日
11曲

1. Groove – Your Grandparents
[0:02′] フィルとビビアンはウィルスの罰を誕生日が過ぎるまで保留にした。彼の母親が訪ねてくる。
2. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:04′] イントロソング
3. Lemonhaze – PawPaw Rod
[0:03′] ヒラリーの上司であるキロは、彼女の数字を維持するために、またセクシーなチュートリアルを至急やるよう圧力をかけてくる。
4. Watercolor. – Grouptherapy.
[0:07′] リサの家にウィルがやってくる。 彼はリサに自分の母親に会ってほしいと頼む。
5. Ball Out – S!MONE
[0:16′] ビビアンが絵を描いている。PhillがHillaryのことで支援を求めに来る。
6. Swag – VSDN
[0:18′] ヴィは朝食にウィルスの好物を作っている。
7. Body Of Water – Tierra Whack
[0:22′] ウィルと彼のお母さんは、ビーチで彼の誕生日を祝う。
8. Pink Lemonade – pinkcaravan!
[0:23′] ヒラリーはまたセクシーな料理のチュートリアルを撮影しようとするが、母親の言葉が頭の中で再生される。
9. Underrated – Mr Boss
[0:26′] ヴィヴィアン、ヴァイ、ウィルの3人は、ウィルの誕生日に一緒にランチをすることになった。
10. Hugh Beams – Magic City Hippies Feat. Nafets
[0:32′] ウィルスの誕生日パーティーの準備をする一家。HillaryはJazzに謝る。
11. Schuyler – Ebony Tusks
[0:46′] WillはGeoffryに父親の捜索を依頼する。彼はそれを受け入れる。

シーズン1 • 第9話: ‘Can’t Knock the Hustle’

2022年3月24日
7曲

1. It Will Be Alright – Tania Ilyashova Feat. Chris Morris
[0:03′] カールトンが聖歌隊で歌っているのを聞いて、ウィルは興奮する。
2. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
[0:04′] イントロソング
3. This Side Of Grace – Phynix
[0:06′] Willは父親との連絡についてCarltonの助言を求める。カールトンは、ここは教会の中だから、標識に従った方がいいと言います。
4. Day ‘N’ Nite – Kid Cudi
[0:13′] ウィルはヒラリーにカールトンの薬物問題のことを話す。ヒラリーはその場でウィルに兄の話を聞いてくるように頼み、ウィルは行く。
5. Hopscotch – Opal
[0:16′] ヒラリーはジャズに、昔の仕事場から荷物を取り寄せるのを手伝ってほしいと頼む。二人は出会い、彼は彼女を自分の家でのデートに誘うが、彼女は代わりにバンガローに誘う。
6. Go – Love, Mae C.
[0:38′] みんなが応援してくれても、ビビアンは「芸事の練習のために、この話を受けるべきかどうか」悩む。
7. Time Moves Slow – BADBADNOTGOOD Feat. Samuel T. Herring
[0:49′] フィルは、家族に時間と平穏を与えるため、もう地方検事の候補者にならないことを決意する。

シーズン1 • 第10話: ‘Where To?’

2022年3月31日
10曲

1. Shine – Robert Glasper Feat. D Smoke & Tiffany Gouche
[0:01′] ビビアンが家族の肖像画を描いた展覧会を開催する。フィルはウィルに会いに来て、地方検事選をあきらめたことを後悔していないと安心させる。
2. Rocket Science – Joyce Wrice Feat. Kay Franklin
[0:07′] リサは食べ物を調達している。Willは彼女と話をしようとするが、彼女はまだ彼に腹を立てている。
3. Deja Vu – Easy McCoy And Tyus
イントロソング
4. Angelica Demons – Opal
[0:09′] ヒラリーとジャズは、ロマンチックな夜を過ごした後、ホテルで朝を一緒に過ごします。二人は語り合い、支え合っている。
5. Mango Sweet – Bran Movay
[0:12′] カールトンがワークアウトの準備をしていると、フィルが観戦に誘いに来た。
レースが始まる。

6. Electric – Navé Monjo
[0:14′] ビビアンはリードに自分のギャラリーに来てほしいと頼む。彼女はリードに、新しい声を助けるために一緒に働いてほしいと頼む。
7. Woah – Aroomfullofmirrors
[0:20′] カールトンはフィルのオフィスに行き、ウィルスの父親について真実を知ろうとする。
8. Bubbles – Amber Mark
[0:29′] 新しい友人が写真撮影のためにポーズをとるのを見るヒラリー。彼女はヒラリーにポーズのアドバイスを求め、そしてヒラリーはインフルエンサーの家を買ってほしいと頼みます。
9. Starchild – Elujay
[0:36′] リサはコーヒーショップでモミの木を待っていたが、彼は現れず、コーヒーを飲み干すと帰ってしまう。
10. Dreams And Nightmares – Meek Mill
[0:45′] ウィルはベル・エアを離れようとしていた。そんな彼をジャズが見つけ、今こそ自分で選択できる瞬間だと気づかせる。
エンドクレジット



TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る





予告編の曲(全曲)
Nas - Made You Look

カテゴリー:連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール

IMDB: Bel-Air

作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください