Freedom Uncut」音楽、2022年の映画のサウンドトラック、トラックリストは、51のフルサウンドトラック曲のすべてを聞く、フルOST音楽&ampを再生;2トレーラートラック。すべての曲名、それらを歌う人、ストリーミング51追加曲プレイリスト、スコア、および映画で使用されるクレジットを参照してください。52のシーン解説をタイムラインで読むことができます。




ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. Freedom! ’90 – George Michael
スタート曲/ジョージ・マイケルのミュージックビデオが流れています。
[0:12’] ジョージは、あるときまで、いかに自分が不幸であったかを語っている。
[0:52’] ジョージ・マイケルは「freedom」のプロモーションをする気はなかったようですが、それでもこの曲は彼の最大のヒット曲のひとつになりました。この曲のビデオに出演した人たちが、その撮影の様子を語っています。
[1:52’] この曲は、ジョージ・マイケルの最大のヒット曲の一つである。
2. Fastlove (Part 1) – George Michael
[0:06′] ジョージ・マイケルの楽曲を数曲とそのビデオを簡単に紹介します。
3. Spinning The Wheel – George Michael
[0:07′] 発表会2曲目
[1:32′] ジョージ・マイケルは、アルバム「Older」で自分自身や自分の痛みを感じている人たちを助けたいと思ったのです。
4. Jesus To A Child – George Michael
[0:07′] プレゼンテーションの3曲目
5. The Strangest Thing – George Michael
[0:07′] プレゼンテーションの4曲目
6. Move On – George Michael
[0:08′] 発表会では5曲目
7. Older – George Michael
[0:08′] 発表会6曲目
8. Star People ‘97 – George Michael
[0:09′] プレゼンテーションの7曲目
9. You Have Been Loved – George Michael
[0:09′] 発表会では8曲目
10. Fantasy – George Michael Feat. Nile Rodgers
[0:12′] イントロソング /
ジョージ・マイケルが自分の歌を聴きながらタイピングしている。

11. Waiting – George Michael
[0:14′] ジョージ・マイケルの音楽を初めて聴いたとき、天使の歌声だと思ったと語る女性。
12. Ghost Town – The Specials
13. Young Guns (Go For It) – Wham!
[0:17′] テレビ番組に招かれたジョージ・マイケル、青春時代を語る。
14. Club Tropicana – Wham!
15. I’m Your Man – Wham!
[0:18′] ジェームズは、自分の世代では誰もがジョージ・マイケルを知っていたと話す。
[1:42′] ジョージ・マイケルがジェームスの車インタビューに応じました。彼らはとても楽しんでいて、ジョージ・マイケルにアイデアを与えてくれました。
16. Everything She Wants – Wham!
[0:19′] 少年バンド「ワム!」がいかに喜びをもたらしたか、人々は語る。



17. Wake Me Up Before You Go-Go – Wham!
[0:20′] ジョージは、初期のキャリアではすべてが素晴らしかったと今でも思っていると話す。
18. The Edge Of Heaven – Wham!
[0:21′] アンドリューは、一緒に最後のコンサートをしたとき、すべてが同じように悲しく、幸せだったと話す。ジョージは、自分のソロ・キャリアがうまくいくことを信じて疑わなかった。
19.Careless Whisper – George Michael
[0:22′] ジョージのソロ活動に対する決意が語られています。
[0:32′] ジョージは、ソロで演奏するよりも、アンドリューがいて、バンドの一員であることがいかに楽であったかを語っている。
20. Father Figure – George Michael
[0:23′] ジョージは、幸福を忘れ、最大のスターになることだけを考えていたと語る。
21. Faith – George Michael
[0:24′] ジョージは自分のアルバム『フェイス』を非常に商業的なものだと考えている。人々は、彼がその間に最大のポップスターになったことを話します。
22. One More Try – George Michael
[0:26′] ジョージの音楽があちこちで流れていた。
23. I Knew You Were Waiting (For Me) – Aretha Franklin & George Michael
[0:27′] ジョージはアレサとのデュエットを希望していた。
24. Kissing A Fool – George Michael
[0:29′] マークは、最初、黒人がジョージ・マイケルの音楽をいかに評価していたかを語る。
25. I Want Your Sex – George Michael
[0:31′] ジョージは当初、自分がこれほどの成功を収めるとは思ってもいなかった。
26. Free – George Michael
[0:34′] ジョージ・マイケルが語る「音楽は恋人」。
27. Something To Save – George Michael
[0:38′] ジョージ・マイケルは「黒人」の音楽を作ろうとして、黒人の賞品を盗んだとして迫害され始めたが、それは決して彼の本意ではなかった。
28. Praying For Time – George Michael
[0:39′] この曲は、エルトン・ジョンにレノンの曲を思い出させるものだった。レノンもこの曲が素晴らしい曲であり、彼の曲のいくつかに似ていると感じています。
29. Heal The Pain – George Michael
[0:42′] ジョージ・マイケルは、ポール・マッカートニーを思い出させるためにこの曲を作りました。彼はマッカートニーがこの曲を歌いたいと思うとは思っていなかっただろう。
30. Drive My Car – Paul McCartney & George Michael
[0:44′] ジョージ・マイケルはこの曲をとても気に入っていたようです。
31. They Won’t Go When I Go – George Michael
[0:44′] 誰もが大好きで、聴いていて感動する曲です。スティーヴィーはジョージ・マイケルが自分の歌を歌うのを聞いて喜んでいました。
32. Living For The City – Stevie Wonder & George Michael
[0:48′] ジョージ・マイケルがスティービー・ワンダーのカバーをたくさんしたのは、スティービーの曲が自分の声に合うと思ったからだそうです。
33. Safe – George Michael
[0:50′] ある時期、ジョージ・マイケルは自分のライフスタイルにもう居場所がないと感じていた。
34. Killer/Papa Was a Rollin’ Stone – George Michael
[0:58′] ジョージ・マイケルが語る、涙の音楽活動の末、名声から逃れたい欲求が芽生えたこと。彼は友人たちと島を丸ごと借りて、楽しい時間を過ごしました。


35. Desafinado – Astrud Gilbert & George Michael
[1:01′]
36. Don’t Let The Sun Go Down On Me – George Michael & Elton John
[1:06′] ジョージ・マイケルは、アメリカでさらに成功し始めた。
37. Too Funky – George Michael
[1:06′] アンセルモは検査を受けるように勧められました。
38. Somebody To Love – George Michael & Queen
[1:10′] ジョージ・マイケルは、フレディ・マーキュリーを追悼するコンサートのために、5日間ぶっ続けで公演を行いました。人生で最も重要なコンサートになるという思いから、完璧なパフォーマンスを目指したそうです。
39. Jesus To A Child – George Michael
[1:27′] ジョージ・マイケルは、失った恋人を悲しんで書いたアルバム「olden」を、自分の最高の瞬間だと考えています。
40. Fastlove – George Michael
41. You Have Been Loved – George Michael
[1:33′] ジョージ・マイケルの母親は、彼の失恋を知ったとき、彼がひとりで悲しみを乗り越えなければならないことに憤慨したそうです。
42. Mothers Pride – George Michael
[1:36′] ジョージ・マイケルが母親の癌を知ったとき、彼は本当にひどい鬱状態に陥った。
43. Outside – George Michael
[1:38′] うつ病から回復したジョージ・マイケルは、本当の自分の人生を生き始め、カミングアウトし、自分のセクシュアリティを受け入れました。
44. Freeek! ‘04 – George Michael
[1:43′] ジョージ・マイケルの新曲とビデオは、ある人は怖がり、ある人は楽しませてくれました。
45. Shoot The Dog – George Michael
[1:44′] スタイルを変えても、ジョージ・マイケルはジョージ・マイケルであり続けるというのが、人々の結論だった。
46. Brother Can You Spare A Dime – George Michael
[1:44′] ジョージ・マイケルは誰とでも歌える。
47. How Do You Keep The Music Playing – Tony Bennett & George Michael
48. Patience – George Michael
[1:46′] ジョージ・マイケルがレコーディングしている曲です。
49. As – Mary J. Blige & George Michael
[1:49′] ジョージ・マイケルが忍耐の末に世に残した音楽に満足することをついに宣言。
50. If I Told You That – Whitney Huston
[1:51′] ジョージ・マイケルがコンサートで人々に与えたインパクトは驚異的だった。
51. A Different Corner – George Michael
[1:54′] エンドクレジット・ソング



この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語


映画予告編
この映画の予告編を見る

予告編の曲(全曲)
Faith – George Michael
Freedom! '90 – George Michael

カテゴリー: ドキュメンタリー映画のサウンドトラック, 音楽 映画のサウンドトラック


IMDB: Freedom Uncut

Freedom Uncut 映画情報
映画ジャンル:ドキュメンタリー、音楽
リリース日(ワイド):2022年6月22日
実行時間:1時間27分
プロダクション: Sony Music Entertainment
販売代理店: Trafalgar Releasing
取締役: David Austin, George Michael
スターズ: Liam Gallagher, Elton John, Nile Rodgers


サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:
作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください