Gaslit シーズン1 サウンドトラック

のサウンドトラック Gaslit シーズン1 音楽, 2022年TVシリーズの全曲をエピソードごとにリストアップし、シーン解説とタイムライン、全トラックリストを表示・試聴できます。



Gaslit シーズン1 第1話
Gaslit シーズン1 第2話
Gaslit シーズン1 第3話
Gaslit シーズン1 第4話
Gaslit シーズン1 第5話
Gaslit シーズン1 第6話
Gaslit シーズン1 第7話
Gaslit シーズン1 第8話

シーズン1 • 第1話: ‘Will’

2022年4月24日
12曲


1. To Tell The Truth Theme – Alter + Otto
[0:01′] マーサ・ミッチェルがテレビ番組に出演。
2. Nixon Now – Stef Fink
[0:03′] タバコを吸いながらJohn Deanと話すFrancesca。
3. Down On The Street – The Stooges
[0:04′] 街を走るJohn Dean。
4. Let’s Fly Away – Jeri Southern
[0:23′] イベントの準備をするマーサと、ダンスをするジョン・ミッチェル.
5. Ali’i Fire Dance – The Tikiyaki Orchestra
[0:26′] ディーンは今夜のブラインドデートの相手、モーリーンに会う。
6. Kissi Ling – Paul Page
[0:27′] ディーンとモーは、政治の話をするまでは仲がいい。
7. Tristan und Isolde: Act III: Prelude – Richard Wagner, Herbert Von Karajan, Bayreuth Festival Orchestra
[0:31′] リディの息子、レイモンドが階下に降りてきて、リディと話をする。
8. BeBop Blues – The Peter Blair Quartet
[0:42′] MoとDeanが資金調達パーティーにやってくる。
9. In The Shadow Of Night – The Peter Blair Quartet
[0:43′] モーはパーティーの参加者が誰なのか知りたがっている。
10. Lost Memories – The Peter Blair Quartet
[0:44′] ディーンは、同僚に恥をかかされたので辞めたいとモに言う。
11. A Minor Case of the Blues – The Peter Blair Quartet
[0:45′] Mitchellは、妻のMarthaと口論になる。
12. Urban Angels – The Peter Blair Quartet
[0:49′] ミッチェルはマーサとの喧嘩をやめ、彼女に真実を告げる。

シーズン1 • 第2話: ‘California’

2022年5月1日
4曲




1. Voila Mrs. Mitchell – Mac Quayle
[0:01’] ヘアメイクをするミッチェル夫人。
2. Things To Do – Carl Coccomo
[0:20’] 選挙パーティーに参加するミッチェル夫人は、マイケルを連れてビリヤードのゲームに参加し、選挙について語り合う。
3. Gophers Have Left The Hole – Mac Quayle
[0:24’] オフィスのみんなが帰るのを待って、少年たちは侵入の準備をする。
4. Retribution – Mac Quayle
[0:50’] ゴードンたちは、建物内で見つけた書類をすべて燃やす。
エンドクレジットの歌

シーズン1 • 第3話: ‘King George’

2022年5月8日
5曲


1. Big Empty Field – Mac Quayle
[0:20′] John Deanは、金庫から取り出した大統領に不利な証拠を燃やす準備をする。
2. Daydream – The Lovin’ Spoonful
[0:23′] モーリーンはワインを飲みながら、レコードのコレクションを整理している。
3. Martha Held Prisoner – Mac Quayle
[0:25′] マーサはバルコニーを見渡し、自分を監禁している男が寝ている部屋に入っていく。
4. Too Late To Turn Back Now – Cornelius Brothers & Sister Rose
[0:29′] マーサが他の男と喧嘩している間に、男が音楽のボリュームを上げる。
5. Said He Was A King – Mac Quayle
[0:55′] エンディング・クレジット曲

シーズン1 • 第4話: ‘Malum In Se’

2022年5月15日
5曲



1. Hollywood Swinging – Kool & The Gang
タイトルカード
[0:01′] タバコを吸いながら車を運転するJohn Dean。
2. Panic Again – Krzysztof Komeda
[0:25′] マーサの娘は映画「ローズマリーの赤ちゃん」を見ている(テレビで曲が流れる)。
3. Joy – Apollo 100
[0:26′] L.A.での大統領選挙の概要
4. My Ears Don’t Burn – Universes
[0:27′] ディーンとその友人は、チャリティ・パーティに到着する。
5. Les Fleur – Minnie Ripperton
[0:49′] モーはディーンの目の前でドアを閉め出す。
エンディング・クレジット曲

シーズン1 • 第5話: ‘Honeymoon’

2022年5月22日
4曲


1. 25 Or 6 To 4 – Chicago
[0:02′] マーサ・ミッチェルについてのモンタージュ
2. I Want To See The Bright Lights Tonight – Richard & Linda Thompson
[0:18′] MoとDeanは週末にCamp Davidに行く。
[0:55′] エンディング・クレジット曲
3. True Love Leaves No Traces – Leonard Cohen
[0:24′] MoとDeanは一緒に楽しんでいます。
4. Marriage Is Like A Garden – Mac Quayle
[0:53′] John MitchellがDeanと結婚について話しています。

シーズン1 • 第6話: ‘Tuffy’

2022年5月29日
5曲




1. Back Stabbers – The O’Jays
[0:02’] フランクはラジオを聴きながら朝の日課をこなしている。
2. Good For The Gander – Hot Chocolate
[0:15’] レストランで、フランクはジャネルとデートに出かける。
3. In The Park – The Jujus
[0:23’] ジャネルとフランクは、ジャネルの友人の誕生日パーティーのためにバーにやって来ます。
4. Dirty Work – The Pointer Sisters
[0:53′] エピソード・フィナーレ/フランクは猫と一緒にバスに飛び乗り、街を離れることを決意する。マーサは証言の準備をする。
5. Bad Luck Monkey – Mac Quayle
エンドクレジット・ソング

シーズン1 • 第7話: ‘Year of the Rat’

2022年6月5日
8曲


1. An Old Fashioned Christams – Jack Huddle
[0:02′] Johnは友人と中華料理店で夕食をとる。
2. Christams Island – The Andres Sisters
[0:03′] ジョンはマーサと初めて出会う。
3. The First Cut Is The Deepest – P.P.Arnold
[0:20′] リディが家族に宛てた獄中生活についての手紙。
[0:54′] エンディング・クレジット曲
4. Voices Of Light: V. Pater Noster (Voice) – Netherland Radio Choir & Steven Mercurio & Anonymous 4 & Netherlands Radio Phiharmonic
[0:30′] リディが携帯電話を溢れさせて、うるさい音を止めようとしている。
5. Concerto In D Minor, Bwv 974: Ii. Adagio – Khatia Buniatishvili
[0:32′] マーサは昔の写真を見ながら酒を飲んでいる。
6. Tristan Und Isolde, Act I: Prelude – Swedish Opera Orchestra, Leif Segerstam
[0:42′] 面接を終えたマーサは、遊歩道の端に座り、車の前に飛び出すかどうか考えていた。
7. Horst-wessel-lied – ガス灯キャスト
[0:45′] リディは独房の中で、乳母に抱かれながらこの歌を歌う姿を想像している。
8. Götterdämmerung: Siegfrid’s Funeral Procession – Wiener Philharmoniker & Hans Knappertsbush
[0:45′] リディは独房で幻覚を見ている。

シーズン1 • 第8話: ‘Final Days’

2022年6月12日
5曲


1. The Planets, Op. 32: II. Venus, The Bringer Of Peace – Wiener Philharmoniker & Herbert Von Karajan
[0:01′] 目覚めた社長がナイトテーブルに置いていた水をこぼし、ミッチェルが逮捕される。/
タイトルカード

2. Horst Wessel Lied – キャスト
[0:28′] リディは法廷でこの曲を歌っている。
3. Brighter Side – Connie Conway
[0:46′] ミッチェルは娘と一緒にレストランに到着すると、いつもの席が埋まっていることに気づく。
4. You’re the Top (Anything Goes 1987 Revival) – キャスト
[0:50′] マーサはジェイと一緒にこの曲を歌いながら、病院内を案内してもらう。
5. Don’t Delete The Kisses – Wolf Alice
[0:53′] 主要キャラクターが勢揃いしたあとがきをお届けします。
エンディング・クレジット曲



Gaslit シーズン1 公式OSTアルバムトラックリスト、オリジナルモーションピクチャースコア。
オリジナル発売日:2022年4月29日
レーベル レイクショア・レコード
オリジナル楽曲の作曲者 マック・クウェイル
 
1. Liddy Is Macho
2. I Know a Snake
3. Running Into Mo
4. Untraceable Foreign Contractors
5. Bittersweet Snow
6. Dean Almost Resigns
7. Voilà Mrs. Mitchell
8. Gophers Have Left the Hole
9. Clay Pigeon
10. Are You Guys Cops?
11. Retribution
12. Bargain Bin Watch
13. Big Empty Field
14. Martha Held Prisoner
15. Trash Can S’mores
16. Center of This
17. Said He Was a King
18. Questioning CREEP
19. Article of Faith
20. Good Men Lie
21. Trial By Fire
22. Investigating Mitchell
23. Expecting a Draft
24. Marriage Is Like a Garden
25. This Is Not Hard
26. The Watergate Hearings
27. Bad Luck Monkey
28. Addicted to Painkillers
29. Tears of Clarity
30. My New Friend
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 Gaslit シーズン1 サウンドトラック :

YouTube
Spotify



TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る

この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語



予告編の曲(全曲)
You Don't Own Me - Lesley Gore

でのストリーミング: STARZ

カテゴリー: 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール


IMDB: Gaslit

サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください