コンテンツへスキップ
Honor Society」の音楽、2022年の映画のサウンドトラック、トラックリストは、11フルサウンドトラック曲のすべてを聞く、フルOST音楽&ampを再生;1トレーラートラック。すべての曲名、それらを歌う人、ストリーミング10追加の曲のプレイリスト、スコア、および映画で使用されるクレジットを参照してください。10シーンの解説を時系列で読むことができます。




ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. Bad Little Things – Noa Kirel
映画の冒頭、誉が身支度を整える場面で流れる曲です。
2. Treat You Better – Christopher Mintz-Plasse
[0:40′] オナーはバーで歌うミスター・カルヴィンを見に行く。
3. You’re Mine – Christopher Mintz-Plasse
[0:41′] バーでカルヴィン氏が歌う2曲目、オナーの飲み物にドラッグを入れようとする男がいる。
4. How Dare You Want More – Bleachers
[1:00′] マイケルはオナーを捕まえ、二人は見知らぬ家の中に忍び込む。
5. Falling – Gaten Matarazzo
[1:01′] マイケルはピアノを弾きながら、この曲をオナーに歌い、そしてキスをする。
6. Wild Wild Woman – Your Smith
[1:08′] オナーとマイケルは彼女の家で一緒に勉強し、クラスは次の日にテストを受ける。
7. Cold And Blazing Sun – Dahlya Mani
[1:14′] 夕方、オナーはマイケルにメールを送り、二人は愛の絵文字を送り合う。
8. Glorious – Ben Walker & Armani Jackson
[1:27′] 学芸会で流れる曲です。
[1:36′] エンドクレジットの2曲目
9. Loving Is Easy – Pomplamoose
[1:32′] エンディングのシーンで、ボーリングをしているときに流れる。/ 舞台裏
エンドクレジットの最初の曲

10. Fair Harvard – Harvard University Choir




映画予告編
この映画の予告編を見る

予告編の曲(全曲)
Burning (La La La) - Rhys Fletcher & Rusty B (Paramount+ Official Trailer)

カテゴリー:Paramount+, コメディ映画のサウンドトラック

IMDB: Honor Society

Honor Society映画情報
映画のジャンル: コメディ
再生時間: 1 時間 37 分
リリース日 (ワイド): 2022年7月29日
制作: Awesomeness Films, Guardian Pictures
販売代理店: Paramount+、Viacom International
監督: Oran Zegman
出演者: Gaten Matarazzo、Angourie Rice Angourie、Christopher Mintz-Plasse


作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください