コンテンツへスキップ
のサウンドトラックが発売されました。 If These Walls Could Sing 音楽、2022年のDisney+映画, トラックリスト、55曲のサウンドトラックの全曲を聴くことができます。すべての曲名、歌唱者、55曲の追加プレイリスト、スコア、映画で使用されたクレジットを表示します。47のシーンの説明をタイムラインとともに読むことができます。



ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. play Paul McCartney & Wings – Jet
[0:01′] ポール・マッカートニーは、インタビュアーの母親との出会いを回想している。
2. play Nineteen-Hundred and Eighty-Five (From “One Hand Clapping”) [Live] – Paul McCartney & Wings
[0:03′] ポール・マッカートニー、ウイングスとの共同作業でスタジオ・アビーを選んだことについて語る。
3. play Pomp and Circumstance, Op. 39: I. March in D Major (Excerpt, Trio – With Introduction by Elgar) – Sir Edward Elgar & London Symphony Orchestra
[0:06′] エドワード・エルガー卿の構想によって実現したアビー・ロード・スタジオのはじまりを紹介するドキュメンタリーです。
4. play Move It – Cliff Richard & The Shadows
[0:06′] クリフ・リチャード卿がノリー・パーマーとのオーディションで「Move it」を演奏した時のことを話しています。
5. play Love Me Do – The Beatles
[0:10′] リンゴ・スターとポール・マッカートニーが、ジョージ・マーティンの第一印象について語る。
6. play Please Please Me – The Beatles
[0:11′] ジョージ・マーティンは「Please Please me」がビートルズ初のナンバーワン・ヒットになるだろうと語っている。
7. play Twist and Shout – The Beatles
[0:12] ポール・マッカートニー、ファースト・アルバムを1日で完成させた方法を語る。
8. play Cello Concerto in E Minor, op 85, I. Adagio – Moderato – Jacqueline du Pre
[0:15′] Suvi Raj Grubbは、Jaquelineについて、辛抱強い人であり、一緒に録音するのに素晴らしい人だと話しています。
9. play Elgar Concertó – Jacqueline du Pre
[0:15′] シェク・カナーは、スタジオで作られる音楽が、自分が育った音楽であることに言及する。
10. play Cello Concerto in E Minor, Op. 85: I. Adagio-Moderato – Sheku Kanneh-Mason, London Symphony Orchestra & Sir Simon Rattle
[0:16′] ジャクリーヌ・デュ・プレと同じスタジオでチェロ協奏曲を演奏するという栄誉に浴したシェク。
11. Sonata for piano and Cello in F major, Op. 99, Brahms – Jacqueline du Pre
[0:17′] ジャクリーヌ・デュプレは、疲労のため休養していたが、多発性硬化症であることが判明した。
12. play Cello Sonata in G Minor, Op. 65: I. Allegro moderato – Jacqueline du Pré & Daniel Barenboim
[0:19′] ジャクリーヌの最後の2つのエンジニアリングノートを贈られるシェク。
13. play Cello Concerto in E Minor, Op. 85: IV. Allegro – Sheku Kanneh-Mason, London Symphony Orchestra & Sir Simon Rattle
[0:20′] ジャクリーンの演技は、シェコの演技と比較され、評価される。
14. play Alfie – Cilla Blach
[0:21′] この曲は、シラがブライアン・エプスタインなしでは成功しなかったと告白した後に演奏される。

15. play Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Take 9 and Speech) – The Beatles
[0:24′] ポール・マッカートニーは、契約上、レコーディングの時間は自由で無制限であったと述べている。
16. play Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band – The Beatles
[0:24′] ビートルズは、レコードを作ってツアーに送り出したいと思っていた。
17. play With a Little Help From My Friends – The Beatles
[0:25′] アレン・ギンズバーグは、レコードから様々なビートルズの曲を列挙している。
18. play Lucy In the Sky with Diamonds – The Beatles
[0:25′] アレン・ギンズバーグは、レコードから様々なビートルズの曲を列挙している。
[0:26′] ポール・マッカートニーは、自分たちの曲のためにオルガンを使って演奏していました。
19. play When I’m Sixty-Four – The Beatles
[0:27′] サー・ジョセフ・ロックウッドが「When I’m Sixty-Four」という曲について語る。
20. play A Day In the Life – The Beatles
[0:27′] A day in the Lifeのメイキングが話題になっていますね。
21. A Day In the Life (Takes 1, 2, 6 and Orchestra) – The Beatles
[0:30′] ポール・マッカートニーは、自分とジョージ・マーティンがどのようにオーケストラに指示を出したかを語っている。
22. A Day In The Life (Take 2, 9; The Last Chord with Inner Groove) – The Beatles
[0:31′] リンゴ・スターが「A day in the Life」の制作について補足しています。
23. play All You Need Is Love – The Beatles
[0:32′] ジョージ・ハリスンが語る、時代をめぐる音楽。
24. play He Ain’t Heavy, He’s My Brother – The Hollies
[0:34′] エルトン・ジョンは、この業界における自分の始まりを語り始めている。
25. play Hey Jude – The Beatles
[0:36′] エルトン・ジョンが語る「Hey Jude」を聴くということ。
26. play Goldfinger – Shirley Bassey
[0:39′] ジミー・ペイジがセッション・ギタリストとしての経験を語る。
27. play Blackbird – The Beatles
[0:42′] ジョージ・マーティン亡き後の最初の曲の制作風景が紹介されています。
28. play Yer Blues – The Beatles
[0:46′] リンゴ・スターが「Yer Blues」という曲の制作のポイントを紹介しています。
[1:11′] ノエルとリアムは、時間外にフルボリュームでビートルズを聴くことについて話しています。
29. play Something – The Beatles
[0:46′] リンゴ・スターが、ポール・マッカートニーがアルバム制作においていかに重要であったかを語った後。
30. play The End (Remastered 2009) – The Beatles
[0:47′] ビートルズのカバーで有名なcrossing the roadの話を聞きます。

31. play Interstellar Overdrive – Pink Floyd
[0:49′] ピンクフロイドについて語るロジャース・ウォーターが登場する前に再生されます。
32. play Brain Damage – Pink Floyd
[0:53′] デヴィッド・ギルモアが歌詞と曲の制作について語っています。
33. play Us and Them – Pink Floyd
[0:55′] メンバーは、まさに最高の曲を作るために戦っていたことを明かします。
34. play Eclipse – Pink Floyd
[0:57′] ロジャースの後、ウォーターズは最初の妻の前で初めてこのアルバムを演奏したことを語る。
35. play Eko Ile – Fela Kuti
[0:59′] ジェフ・ジャレットは、フェラと一緒にほぼ全部のアルバムを1日で作ったと語っています。
36. play Don’t Gag me – Fela Kuti
[0:59′] 馬場アニがフェラのバンドに参加すると話している。
37. play Ye Ye De Smell – Fela Kuti
[1:01′] Baba AniとJeff Jarettがアルバムとバンドについて語る。
38. play John Williams, London Symphony Orchestra- Desert Chase
[1:04′] コレット・バーバーがAbbey Roadsには変化が必要だと語った後に再生されます。
40. play John Williams, Londom Symphony Orchestra – Duel of the Fates
[1:07′] ジョージ・ルーカスは、オーケストラがまず試しにテイクを取ることを明かした。
41. play John Williams, London Symphony Orchestra – Anakin Vs. Obi-Wan
[1:09′] ジョン・ウィリアムズがアビー・ロード・スタジオのクオリティを褒め称える。
42. play John Williams, London Symphony Orchestra – A new hope and end credits
[1:10′] ジョン・ウィリアムズが語る「スタジオ・ワン・ルーム」。
43. play Magic Pie – Oasis
[1:10′] ノエルとリアム・ギャラガーがアビー・ロードを追い出されたことについて口を開く。

44. play The Shock of the Lightning – The Oasis
[1:12′] コレット・バーバーは、ザ・オアシスの収容について話しています。
45. play Sat In Your Lap – Kate Bush
[1:17′] ケイト・ブッシュ、スタジオ・トゥーを語る。
46. play Gone (feat. Consequence & Cam’ron) – Kanye West
[1:18′] カニエ・ウェストと彼のスタジオでの体験が紹介される前に再生されます。
47. play Hear My Voice (Live from Abbey Road) – Celeste
[1:21′] 最後にアーティストから一言。
48. play Cello Sonata NO. 2 IN F OP.99 II.ADAGIO – Jacqueline du Pre and Daniel Barenboim
49. She Loves You – ATV Tunes
50. Lady Madonna – Paul McCartney
51. Wish You Were Here – David Gilmour
52. play Alu Jon Jonki Jon – Fela Kuti
53. play Washington Ending / Raiders March – The London Symphony
54. Sail Barge Assault – The London Symphony
55. Abbey Road Ivors Academy Hipgnosis Songs Demo – Nile Rodgers, Cameron Palmer, Jin Jin, Matilda Mann, Ashaine White

映画予告編
この映画の予告編を見る



でのストリーミング:  Disney+

カテゴリー:Disney+, ドキュメンタリー映画のサウンドトラック, バイオグラフィー 映画のサウンドトラック

IMDB: If These Walls Could Sing

If These Walls Could Sing映画情報
映画のジャンル ドキュメンタリー、伝記
発売日(ワイド)。2022年12月16日
ランタイム: 1h 26m
プロダクション: Abbey Road Studios, Disney Original Documentary, Mercury Studios
販売代理店: Disney+
取締役: Mary McCartney
スターズ: John Williams, Paul McCartney, Elton John


作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください