Julia シーズン1 サウンドトラック

のサウンドトラック Julia シーズン1 音楽, 2022年のテレビ番組の全曲を、エピソードごとにリストアップし、シーンの説明とタイムライン、全トラックリストを表示し、聴くことができます。



Julia シーズン1 第1話
Julia シーズン1 第2話
Julia シーズン1 第3話
Julia シーズン1 第4話
Julia シーズン1 第5話
Julia シーズン1 第6話
Julia シーズン1 第7話
Julia シーズン1 第8話

シーズン1 • 第1話: ‘Omelette’

2022年3月31日
10曲s


1. Goody Goody – Benny Goodman
イントロの後、楽器演奏が聞こえ、カメラは祝宴の様子をパンします。
2. Concerto No. 1 in E major, Op. 8, RV 269, “Spring” (La primavera) – Antonio Vivaldi
[0:08′] テレビ番組の撮影が始まり、司会者がジュリア・チャイルドを紹介する音楽が流れ始める。
3. Concerto No. 3 in F major, Op. 8, RV 293, “Autumn” (L’autunno) – Antonio Vivaldi
[0:13′] テレビ番組のエピソードが終わりを告げ、音楽がアウトロとなる。司会者が視聴者に別れを告げるときに流れています。
4. Le Piano de la Plage – Charles Trenet
[0:14′] Juliaとその夫、Avis DeVotoがレストランでお祝いの食事をしているシーン。音楽が周囲の雑音に消されながら聞こえてきます。
5. It’s All Right – The Impressions
[0:15′] I’ve Been Reading」のプロデューサーの一人、アリス・ナマンがダイナーでジュリアの料理本に夢中になっている姿が映し出されている。
6. The Doctor’s Office – Jeff Danna
[0:17′] 診察室で診察を受けるジュリア。健康であること、更年期障害であることを告げられると、インストゥルメンタル音楽が流れる。
彼女が診察室を出た後も、音楽は続く。

7. Petrushka. Burlesque In 4 Scenes: I. The Shrove-Tide Fair. Danse Russe – Igor Stravinsky vs. Karel Ancerl
[0:21′] 音楽が流れ、カメラはアトリエで絵を描いているポール・チャイルドをパンする。一方、ジュリアはアリス・ナマンに手紙を書くために座っている。このシーンは
ジュリアが料理番組を始めるというアイデアは、このシリーズで紹介されています。

8. Queen of Sheba Cake – Jeff Danna
[0:27′] ジュリアはアリスから電話を受け、彼女の提案したテレビ番組が検討されたことを知らされる。アップビートのインストゥルメンタル音楽が流れる。
ジュリアがシーバ・ケーキを持ってWGBHの本社に向かうときも、この音楽が流れます。

9. Les Voiliers – Maria Candido
[0:32′] レストランで食事をしながら、ジュリアがポールに料理番組を始めることを伝えると、音楽が流れてくる。
10. The Best Is Yet to Come – Frank Sinatra & Count Basie And His Orchestra
[0:43′] ジュリアが窓を開けて涼んでいると、音楽が流れ始める。翌日、ジュリアが以前から欲しかったテレビを買いに行くシーンに切り替わり、音楽は続きます。
エンドクレジットの最初の曲

シーズン1 • 第2話: ‘Coq Au Vin’

2022年3月31日
3曲





1. T.V. Is The Thing This Year – Dinah Washington
スターティングソング / ジュリアが新しいテレビを車のトランクに積んで車で帰宅しているときに流れる曲です。
2. Calin Calinette – Sacha Distel
[0:06′] レストランで食事をしているジュリア、エイヴィス、ポールの3人。新しい料理番組について、WGBHのプロデューサーの一人であるラス・モラシュに反対されていることを話すジュリアを、エイヴィスとポールは励まします。
3. It Shouldn’t Happen To A Dream – Sarah Vaughan
[0:42′] ジュリアは勇気を出してテレビをつけ、撮影したエピソードの出来栄えを確かめようとすると、この曲が流れ始める。
エンドクレジットの歌

シーズン1 • 第3話: ‘Boeuf Bourguignon’

2022年3月31日
5曲


1. Rigoletto: La Donna E Mobile – Giuseppe Verdi
[0:04′] 音楽は、カメラがジュリアの料理をクローズアップするところから始まり、彼女がポールとジョン(父親)に料理を振る舞うところへと続きます。
2. Concerto No. 3 in F major, Op. 8, RV 293, “Autumn” (L’autunno) – Antonio Vivaldi
[0:22′] I’ve Been Reading」の撮影が終了し、セットで作業するアリスとラスが映し出される。
監督が登場し、ラスが「I’ve Been Reading」のセットで働くのをやめ、「The French Chef」に集中するよう発表する。

3. Sleep Walk – Kenny Graham
[0:31′] の司会者が怒ってアリスのオフィスを飛び出していくところから曲は始まる。
カメラは通りを歩くラスを切り、彼が妻と食事をしているところを映しながら続く。彼女は妊娠していることを発表し、彼はもう仕事を辞めたくないと思うようになる。

4. Fascination – Gordon Jenkins & Orchestra
[0:44′] 第1シーズン第1話「フレンチ・シェフ」の撮影現場で、スタッフが準備を始めるところから、アップビートな曲がスタートします。
5. Everything Is Coming Up Roses – Rosemary Clooney
エンドクレジット・ソング

シーズン1 • 第4話: ‘Petit Fours’

2022年4月7日
7曲




1. Blue Vibrations – Bill Le Sage
[0:03′] ジュリアは同僚にクッキーを差し入れます。彼らは彼女の名前が掲載された記事を見せます。
2. Dutch Treat – Bert Kaempfert And His Orchestra
[0:07′] ポールの展覧会を楽しむ皆さん。最初の絵を売る前にスピーチをする。
3. The Hurry Up – Ted Heath And His Orchestra
[0:15′] アリスはジュリアのチャンスを求めて、いろいろな人に電話をかけているが、なかなかうまくいかない。
4. Concerto No. 1 in E major, Op. 8, RV 269, “Spring” (La primavera) – Antonio Vivaldi
[0:33′] 読書してきました」という番組が始まる。
5. Mama Jazz – After Hours
[0:35′] サンフランシスコから電話があり、アリスを尋ねてきた。彼女はあわてて電話に出る。
6. Side By Side – Steve Lawrence & Eydie Gorme
[0:37′] JuliaとPaulはPaulの展覧会で一日を過ごす。ほとんど全員が帰ったところで、二人は真剣な会話を交わす。
7. Man Smart (Woman Smarter) – Harry Belafonte
エンドクレジット

シーズン1 • 第5話: ‘Crepes Suzette’

2022年4月14日
8曲




1. Well, All Night Long – Les Baxter
[0:06′] Juliaのグリーティングに到着したJuliaとPaul。誰も来ないと思っていた二人が裏口のドアを開けると、そこには本にサインをもらうために大勢の人が待っていた。
2. Gypsies on the Run – Markus Strasser
[0:07′] ポールはジュリアに、彼女のサインに時間がかかっているので、ギャラリーが閉まる前に自分の展示会に行くから失礼するようにと頼む。
3. Nunca En Domingo – Les Baxter
[0:10′] アビスはアリスに、ジュリアが自分の人生にもたらした祝福を伝える。
4. Get Back Baby – Esquerita
[0:21′] ジェームズはジュリアをカラフルなバーに連れて行く。彼女は驚き、自分たちが行く場所について身に覚えがあればよかったと思う。
5. Mambo Italiano – Julia Cast
[0:22′] ドラァグクイーンがカラオケで遊んでいる。ジュリアは自分になりすましたドラァグクイーン、ココと出会う。
6. It Had To Be You – Julia Cast
[0:25′] ココはカラオケでジュリアに歌を捧げ、一緒にステージに上がるように誘う。
7. Room Service – Jeff Danna
[0:40′] ポールに会えずにホテルに戻ってきたジュリア。最初、彼女は彼が家にいないと思ったが、別の部屋から彼が出てくる。彼女は外出を促すが、彼はここでルームサービスを注文するように言う。
8. It Had To Be You – Bobby Darin
[0:43′] ジュリアとポールはベッドで抱き合いながら一夜を過ごす。
エンドクレジット

シーズン1 • 第6話: ‘Breads’

2022年4月21日
8曲




1. Yes, Yes – Eddie “Lockjaw” Davis
[0:01′] ジュリアはアリスとラスに1週間の休みを取りたいと相談する。
2. Let’s cook! – Barney Kessel
[0:05′] ジュリアは、ポールが休暇をとっている間に本についての悩みを打ち明け、彼女を助けることを決意する。
3. Swinging Pizzicato – Gerhard Narholz
[0:09′] 新聞や牛乳を運んだり、犬の散歩をしたりと、みんな朝の行動を始める。ジュリアはポールのストレッチを手伝っている。
4. Bilongo (Guaracha) – Damiron
[0:15′] ポールとジュディスはキッチンで完璧なパンを作ろうとしており、アリスとアヴィスはパンケーキを焼きに来た。
5. Servants’ Chorus* (Voice) – Andre Previn
[0:32′] しばらく試行錯誤を繰り返した後、ポールとジュディスはついに完璧なパンのレシピを見つけ出します。
6. The Rain In Spain – Rex Harrison & Julie Andrews & Robert Coote
[0:34′] ジュリア、ポール、ジュディスの3人は、自分たちの成功を祝うために夜の街に繰り出す。Juliaは乾杯を提案し、Judithに自分を信じるように励ます。
7. Pop died – Jeff Danna
[0:37′] 電話が鳴り、ジュリアは悲しいことに、父親が死んだことを知る。
8. Gonna Build A Mountain – Sammy Davis Jr.
[0:42′] エンディング・ソング / エンドクレジット・ソング

シーズン1 • 第7話: ‘Foie Gras’

2022年4月28日
5曲




1. Julia’s Letter to WGBH – Jeff Dana
イントロソング
2. La Triavata, Act II, Scene 10: “Noi Siamo Zingarelle” (Choir) – Tokyo Philharmonic Orchestra & Fujiwara Opera Chorus & Roberto Paternostro
[0:07′] ジュリア、エイヴィス、ジュディスの3人は高級レストランで食事をする。
3. Bongolina – All Stars
[0:11′] アリスは、近所のカフェでベルホップを見かける。
4. Lucky Day – Judy Garland
[0:27′] ガラに到着したジュリア。
5. I Happen To Like New York – Bobby Short
[0:42′] エンドクレジットの歌

シーズン1 • 第8話: ‘Chocolate Souffle’

2022年5月5日
5曲


1. Second Fiddle Girl – Barbara Lynn
[0:01′] その前のシーンで、ポールはジュリアを元気づけようとしましたが、ジュリアはまだ悲しんでいます。
2. Without You Baby – The Larks
[0:10′] ジュリアはアリスに、最後の1回だけやって辞めたいと言った。アリスはジュリアが辞めることを受け入れられず、彼女が決心してくれることを願う。
3. Mambo Terrifico – Cal Tjader
[0:15′] その前のシーンで、ジュリアはポールに嘘をついたことを告げました。彼は失望し、別の部屋で眠りにつく。
4. Hey Now – Red Garland
[0:33′] アリスは母のために料理をする。二人は彼女が最近出会った男性、イサックについて話す。
5. I Can Cook Too – Nancy Walker
[0:44′] エンドクレジット



Julia 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル発売日:2022年4月1日
レーベル ウォータータワー・ミュージック
オリジナル楽曲の作曲者 ジェフ・ダンナ
 
1. Julia’s Letter to WGBH
2. Queen of Sheba Cake
3. Julia & Simca Collaborate
4. The Doctor’s Office
5. A Trial Episode
6. The WGBH Waltz
7. Today’s the Day!
8. Coq au Vin-Tango
9. Chicken on Fire
10. Paul & Julia
11. Julia’s New Kitchen
12. Room Service
13. Pop Died
14. Mousse à la Framboise
15. Betty Friedan
16. I’ll Be Your Eyes
17. To Bigger and Better Things Ahead
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 Julia シーズン1 サウンドトラック :

YouTube
Spotify



TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る

この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語



予告編の曲(全曲)
The Best Is Yet to Come - Frank Sinatra with Count Basie and His Orchestra

でのストリーミング: HBO MAX

カテゴリー: HBO Max, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール


IMDB: Julia

サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください