コンテンツへスキップ

Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 サウンドトラック

曲目: 34 シーンの説明: 39 タイムライン  |  放映日: 2022年9月26日  |  エピソード: 8  |  次のエピソード: 2022年10月3日

コメント無し


これに従ってください

のサウンドトラックが発売されました。 Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1音楽, 2022年TVシリーズの全曲をエピソードごとに一覧表示し、シーン解説とタイムライン、Huluシリーズの全トラックリストを表示して聴くことができます。


Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第1話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第2話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第3話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第4話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第5話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第6話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第7話
Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1 第8話

シーズン 1 • 第1話

2022年8月15日
10曲


1. California Love – 2Pac feat. Roger Troutman
[0:02’] イントロソング
2. Boogie Wonderland – Earth, Wind & Fire
[0:03’] ロサンゼルス (1979)のタイトルカード / L.A.でのイベントに関するニュースはテレビで発表されます。
3. Disco Inferno – The Trammps
[0:08’] 決勝戦を前にインタビューに答えるマジック・ジョンソン。
4. Work To Do – Average White Band
[0:09’] マジック・ジョンソン氏、若い頃のハリウッドでの経験を証言で語る。
5. Boogie On Up – Rokotto
[0:22’] ジョニーは、ロサンゼルスでマジック・ジョンソンを家族で出迎えた時のことや、ファットバーガーによく行ったことを話しています。
6. I’m Your Boogie Man – KC & The Sunshine Band
[0:24’] 1979年7月27日。バスが「マジックはロサンゼルスでとてもエキサイティングな選手になるだろう」とインタビューに答えている。
7. One Nation Under A Groove – Funkadelic
[0:26’] (1979年10月16日)レイカーズがブルズを破ったとき、マジックがフォーラムで最初の夜を過ごしたことについて
8. Upside Down – Diana Ross
[0:33’] マジック・ジョンソンとジーニーが、バスがレイカー・ガールズを思いついた時のことを話しています。
9. He’s The Greatest Dancer – Sister Sledge
[0:38’] ジーニーは、母親と別れた後、父親がどのように人生を過ごしてきたかを語る。
10. Golden Time Of Day – Maze & Frankie Beverly
[0:47’] マジックはこの曲をラジカセで流しながら飛行機に乗り込み、他の人たちの自信を高めている。

シーズン 1 • 第2話

2022年8月15日
4曲




1. California Love – 2Pac feat. Roger Troutman
[0:05’] イントロソング
2. Steppin’ Out – The Gap Band
[0:12’] JamaalとKurtはRileyコーチのチームへの働きかけについて話す。Mitchは試合中に負傷し、約2年間欠場することになる。
3. Party Lights (Remix) – The Gap Band
[0:19’] 3年間で2度の優勝を果たしたカリームが、その心境を語る。
4. High Rollers – Robby D feat. Heli Sterner
[0:26’] チームテニスについてインタビューに答える若き日のジーニー、チームテニスの運営と学校生活を両立させることを引き受ける。

シーズン 1 • 第3話

2022年8月22日
4曲

1. We Are Family – Sister Sledge
の冒頭で エピソード, マイケルが、試合の合間に選手たちがどのように過ごしていたかを語る。
2. California Love – 2Pac feat. Roger Troutman
[0:02’] イントロソング
3. Money (That’s What I Want) – Barrett Strong
[0:06’] ジェリー・バスとそのパートナーは、アパート、リゾート、牧場、そしてフォーラムなど、3億5千万ドルの帝国を築き上げることに成功した。
4. Rich Girl – Daryl Hall & John Oates
[0:33’] ジーニーは、父親がフォーラムの名称を変更することを思いついたときのことを話している。

シーズン 1 • 第4話

2022年8月29日
5曲


1. California Love (Remix) – Roger Troutman
[0:03’] イントロソング
2. Partyman – Prince
[0:06’] (1989年、ロサンゼルス)アカデミー賞受賞者発表時、ディバックがNBAで初めてフリースローを打つ。
3. Here Comes The Hammer – MC Hammer
[0:28’] (1990年)パット・ライリー監督に代わり、新しいコーチが就任し、選手も新たに加わりました。
4. Uptown Anthem – Naughty By Nature
[0:29’] 新監督とそのアプローチについて、選手たちが語る。
5. Sirius – Tha Alan Parsons Project
[0:31’] (1991年、NBAファイナル)大スター、マジック・ジョンソンとマイケル・ジョーダンの対戦が決まったとレポーターが発表する。

シーズン 1 • 第5話

2022年9月5日
6曲


1. California Love (Remix) – Roger Troutman
[0:04’] イントロソング / オープニングテーマ
2. Let Me Ride – Dr. Dre
[0:05’] 冒頭、スヌープ・ドッグをはじめとするラップアーティストたちが音楽について語る場面で、ちょうどこの曲が流れ始めます。
3. Who Am I (What’s My Name?) – Snoop Doggy Dogg
[0:07’] Snoop DoggとIce Cubeが、Nick Van Exelとの友情と、彼らの音楽がいかにチームを盛り上げたかについて話しています。
4. All I Wanna Do – Sheryl Crow
[0:19’] ジーニーは、離婚後の生活、そしてプレイボーイ誌のポーズについて語る。
5. Woo Hah!! Got You All In Check – Busta Rhymes
[0:44’] コービー・ブライアントが、まだドラフト指名もされていないのに、すでにアディダスとエンドースメント契約を結んでいるとレポーターが発表する。
6. What’s Up Doc? (Can We Rock) – Shaquille O’Neal feat. FU-Schnickens
[0:47’] Shaquille O’Nealが深夜のトークショーに招待される。

シーズン 1 • 第6話

2022年9月12日
6曲


1. It Takes Two – Rob Base & DJ E-Z Rock
エピソードが始まると同時に曲が流れ出す.
2. California Love (Remix) – Roger Troutman
[0:01’] イントロソング / オープニングテーマ
3. (I Know I Got) Skillz [feat. Def Jef] – Shaquille O’Neal
[0:04’] 入団前のShaqについて語る人々のモンタージュ。
4. This Is How We Do It – Montell Jordan
[0:15’] この曲は、ジーニーがリポーターに、人々がチケットをリクエストするようになった時期、有名人が再び試合に来るようになったこと、そしてすべてが元通りになったことを話すシーンの後に流れます。
5. All Eyez On Me – 2Pac feat. Big Syke
[0:20’] ジェリー・ウェストは、コービー・ブライアントとの仕事は簡単ではなかったと語り、他の選手たちは彼に「ショーボート」というニックネームをつけることにしました。
6. Fly Like An Eagle (Live) – Steve Miller Band
[0:34’] モンタナのどこかの湖で釣りをするフィル・ジャクソンのモンタージュ。

シーズン 1 • 第7話

2022年9月19日
3曲


1. California Love (Remix) – Roger Troutman
[0:02’] イントロソング / オープニングテーマ
2. Where Everybody Knows Your Name – Cast
[0:11’] チームメイトとバスで移動中、シャックは携帯電話でこの曲を流し、歌詞を歌った。
3. In Da Club – 50 Cent
[0:14’] バイロン・スコットは、ジャージーのコーチングや史上最高の選手2人とプレーした経験について語ります。スヌープ・ドッグとネイト・ドッグは試合に参加し、ネッツと対戦するときはチームを応援しています。

シーズン 1 • 第8話

2022年9月26日
4曲


1. California Love (Remix) – Roger Troutman
[0:02’] イントロソング / オープニングテーマ
2. Hate Me Now (feat. Diddy) – Nas
[0:22’] コービー・ブライアントがマンバスタイルで何度も何度も得点を重ねるモンタージュ。コービー・ブライアントがマンバメンタリティーについて、そして最高の自分自身になるためにどのように努力したかを語る。
3. Hells Bells – AC/DC
[0:36’] セルティックスがLAレイカーズと17回目の優勝を賭けて戦うチャンスを得たとき。
4. Kobe Couldn’t Do Without Me – Shaquille O’Neal
[0:37’] レイカーズがセルティックスとの試合に敗れた後、シャックはコービーについてフリースタイルで語る。


Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン 1 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル音楽作曲 Marcelo Zarvos
 
未発売

TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る




でのストリーミング:  Hulu

カテゴリー:Hulu, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール

IMDB: Legacy: The True Story of the LA Lakers

Legacy: The True Story of the LA Lakers シーズン1テレビ情報
制作しています。 Los Angeles Media Fund (LAMF), Haven Entertainment, Hill District Media
販売元 Hulu
取締役 Antoine Fuqua
スターズ: Shaquille O'Neal, Kareem Abdul-Jabbar, Magic Johnson


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください