コンテンツへスキップ

Sometimes When We Touch シーズン 1 サウンドトラック

曲目: 250 シーンの説明: 259 タイムライン  |  放映日: 完成品  |  エピソード: 3  |  最終回: 2023年1月3日

コメント無し

のサウンドトラックが発売されました。Sometimes When We Touch シーズン 1 音楽, 2023 Paramount+ TVシリーズの全曲をエピソードごとにリストアップし、シーンの説明とタイムライン、全トラックリストを表示し、聴くことができます。


Sometimes When We Touch シーズン 1 第1話
Sometimes When We Touch シーズン 1 第2話
Sometimes When We Touch シーズン 1 第3話

シーズン 1 • 第1話

2023年1月3日
96曲

1. Superstar – Cast
オープニング曲/L.A.リードが冒頭でこの曲の歌詞を歌います。
[0:09’] カーペンターズについて語るときも、同じシーンが繰り返される。
2. Rainy Days and Mondays – Cast
[0:00’] Sheryl Crowが一部歌っています。
3. Sometimes When We Touch – Cast
[0:00’] リチャード・マルクスとナンシー・ウィルソンが一部歌っています。
4. Escape (The Piña Colada Song) – Cast
[0:00’] L.A. Reidがこの曲の一節を歌っている。
5. play Love Will Find A Way – Pablo Cruise feat. Ty Taylor
オープニングクレジット/ラジオから流れる音楽を聴きながら、床でくつろぐ少女。
[0:12’] アン・パワーズが70年代のセクシュアリティに対する考え方について語る前に繰り返される。
6. play A Little Bit Country-A Little Bit Rock’N Roll – Donny & Marie Osmond
[0:01’] この曲をステージで演奏する二人の映像。
7. play Escape (The Piña Colada Song) – Rupert Holmes
[0:01’] ミュージックビデオは、簡単な部分ですがお見せします。
8. play White Dress – Kanye West
[0:01’] Kanye Westがコンサートで演奏した曲。
9. play All Out Of Love – Air Supply
[0:01’] この曲は、大観衆を前にしたステージでライブ演奏される。
10. play Your Song – Lady Gaga
[0:01’] ソフトロックのモンタージュが映し出される。
11. play The Chain – Harry Styles
[0:01’] モンタージュの中で、ハリー・スタイルズのコンサートの短い断片が映し出されます。
12. play Sometimes When We Touch- Dan Hill
[0:02’] タイトルカード。
13. play Are You Experienced? – Jimi Hendrix
[0:03’] ナレーターが70年代の音楽について語るときに流れる曲です。
14. play Have You Never Been Mellow – Olivia Newton-John
[0:03’] 1975年当時のこの曲のミュージックビデオの古い映像。
15. play Help Is On Its Way – Little River Band
[0:03’] ドリュー・バリモアが70年代のファッション、音楽、文化について語る前に流れる曲です。
16. play Teach Your Children – Crosby, Stills, Nash & Young
[0:04’] この曲を演奏している1969年の古い映像。
17. play One Toke Over the Line – Brewer & Shipley
[0:04’] この曲を演奏している1970年の古い映像。
18. play Operator (That’s Not the Way it Feels) – Jim Croce
[0:04’] モンタージュ中に1972年の古い映像が映し出されます。
19. play Wild World – Cat Stevens
[0:04’] 1970年のステージでこの曲をライブで演奏している古い映像です。
20. play Take Me Home, Country Roads – John Denver
[0:04’] 1971年に行われたライブステージの古い映像.
21. play I’ll Never Fall in Love Again – Dionne Warwick
[0:04’] スローなロックからR&B、ポップへと移り変わるモンタージュの中で流れる曲。
22. play I Feel the Earth Move – Carol King
[0:04’] 1971年のステージで、ピアノを弾きながらこの曲を歌うシンガーの古い映像。
23. play Saturday in the Park – Chicago
[0:06’] DMCがこの曲について、自分の存在とどう共鳴しているかを語っています。
24. play Tiny Dancer – Elton John
[0:07’] ナンシー・ウィルソン、エルトン・ジョンの音楽について語る.
25. play Daniel – Elton John
[0:07’] ナンシー・ウィルソンは、少女時代にエルトン・ジョンのコンサートに参加しようとしたことを回想している。
26. play A Horse With No Name – America
[0:07’] スチュワート・コープランドが大学時代にこの曲について、いかにこの曲が好きかを語っています。
27. play Baby I’m-a Want You – Bread
[0:08’] シェリル・クロウが歌詞を歌っている曲です。
28. play We’ve Only Just Begun – Carpenters
[0:08’] スザンナ・ホフス、カーペンターズ・バンドとその音楽について語る。
29. play Rainy Days and Mondays – Carpenters
[0:08’] 1971年にこの曲を演奏したバンドの古い映像。ダン・ヒルが彼らの音楽について語る。
30. play (They Long to Be) Close To You – Carpenters
[0:10’] L.A.の後、リードはカーペンターズの大ファンだったと言う。


31. play Dancing In The Street (Live) – Richard Carpenter Trio
[0:10’] スチュワート・コープランドが語る、ドラマーとしてのカレン・カーペンターの偉大さ。
32. play Goodbye To Love – Carpenters
[0:11’] 後 Ray Parker Jr. バンドについて、またリチャードがどのように音楽をアレンジし直したかについて語る。
33. play Dance With Me – Orleans
[0:13’] マット・マルテーゼが語る、70年代のソングライティングにおける脆弱性。
34. play Hello It’s Me – Todd Rundgren
[0:13’] リサ・フォックスは、アーティストと、彼らが自分の気持ちを歌うことを恐れていなかったことについて話しています。
35. play I Need You – America
[0:14’] オーウェン・グライバーマンが語る、長髪の繊細な男性をイメージした70年代のバラード。
36. play Make It With You – Bread
[0:14’] オーウェン・グライバーマンがバラッドの歌詞の意味について語る。
37. play Angie – The Rolling Stones
[0:14’] 1973年、この曲で1位を獲得する。
38. play My Love – Wings
[0:15’] スザンナ・ホフス、ポール・マッカートニーの音楽について語る。
39. play Midnight at the Oasis – Maria Muldaur
[0:15’] 複数のバンドが演奏するモンタージュが映し出される。
40. play Sara Smile – Hall & Oates
[0:15’] モンタージュ中に2曲目が流れます。
41. play Summer Breeze – Seals and Crofts
[0:15’] モンタージュ中に3曲目が流れます。
42. play Beth – Kiss
[0:15’] モンタージュ中に4曲目が流れる.
43. play You and Me – Alice Cooper
[0:15’] モンタージュ中に5曲目が流れ、ナレーターがバンドのソフトロックへの変遷を説明する。
44. play How You Gonna See Me Now – Alice Cooper
[0:15’] モンタージュ中に6曲目が流れ、バンドの音楽スタイルが進化していることがわかる。
45. play Jump – Vand Halen
[0:16’] マティーニのCMが流れた後に流れる曲です。
46. play Your Song – Elton John
[0:17’] ナレーターは、ソフトロックの王様はキーボーディストであったと言及する。
47. play Dancing In The Moonlight – King Harvest
[0:17’] ジョン・オンドラシックが語る、ピアノで奏でられた柔らかな曲たち。
48. play Easy – Commodores
[0:17’] 癒しのピアノ曲のモンタージュの中で、この曲が流れます。
49. play I’m Not In Love – 10cc
[0:17’] 曲の実行中にピアノに関連するソフトのモンタージュが流れます.
50. play Babe – Styx
[0:18’] リチャード・マルクスが、ピアノの音を柔らかくする方法を誰かが思いついたと語った後.
51. playI Love You – Climax Blues Band
[0:18’] リチャード・マルクスが語る、アコースティックピアノよりセクシーな新しい音。
52. play Just The Way You Are – Billy Joel
[0:18’] ドリュー・バリモアらがソフトロックミュージックについて語るシーンの前に、スローのつもりはなかったが
53. play What a Fool Believes – The Doobie Brothers
[0:19’] David B. LyonsとSteve HueyがDoobie Brothersの創世記について語る。
54. play Lotta Love – Nicolette Larson
[0:19’] ソフトロックとハードロックについて語られ、その違いを説明するとき。
55. play How Much I Feel – Ambrosia
[0:20’] ミュージックビデオの断片が映し出された後、David Packが歌詞を歌います。
[0:25’] ピーター・ベケットが帰宅後、妻に捨てられたことを知り、二度と会えなくなった瞬間について語るシーンの後。
56. play You’re the Only Woman (You & I) – Ambrosia
[0:21’] David Packはバンドについて話し続けながら、この曲の歌詞を歌い上げます。
57. play Biggest Part of Me – Ambrosia
[0:21’] デヴィッド・パックはこの曲の歌詞に合わせ、ミュージックビデオをスクリーンに映し出しながら歌いました。
58. play This Time I’m in It for Love – Player
[0:21’] ピーター・ベケットが語る、ハーモニーのスタイル。
59. play Whatcha Gonna Do? – Pablo Cruise
[0:22’] ハーモニーについて議論を続けながら、曲が流れていく。
60. play After the Love is Gone – Earth, Wind & Fire
[0:22’] ソングライターたちは、曲のハーモニーについて議論を続けている。
61. play Happy Anniversary – Little River Band
[0:22’] ソングライターがレイヤーボイスについて語るときに、この曲の断片が流れます.
62. play All Out of Love – Air Supply
[0:22’] 声が重なってくる曲の一例。
63. play I’d Really Love to See You Tonight – England Dan & John Ford Coley
[0:24’] 曲が流れてから、リチャード・マルクスが音楽とメロディと歌詞の内容との完璧なマリアージュについて語る。
64. play Mandy – Barry Manilow
[0:24’] リチャード・マルクスは、この種の音楽を聴いたとき、心痛の歌詞に寒気を覚えたという。

65. play Bluer Than Blue – Michael Johnson
[0:24’] ノーラン・ガッサーが語る、神経学的見地から見た悲しい音楽.
66. play If You Leave Me Now – Chicago
[0:24’] 2曲目は、悲しい音楽のモンタージュ中に流れます。
67. play She’s Gone – Hall & Oates
[0:24’] 3曲目は、悲しい音楽のモンタージュの中で流れる。
68. play Baby Come Back – Player
[0:25’] 悲しい音楽についてのモンタージュで4曲目が流れます。
69. play Sometimes When We Touch – Dan Hill
[0:26’] この曲が流れる中、ダン・ヒルはこの曲を作った当時のことや、自分の恋の話などを語っています。
70. play Love Will Keep Us Together – Captain & Tennille
[0:27’] この曲を演奏している昔の映像が流れ、L.A.リードをはじめとするミュージシャンが音楽について語る。
71. play The Way I Want To Touch You – Captain & Tennille
[0:32’] トニが語る、ダリルへの想いを綴ったこの曲について.
72. play You Are The Woman – Firefall
[0:33’] 当時世界1位だったこの曲について、リー・ローネンが語る。
73. play Long Way Home – England Dan & John Ford Coley
[0:34’] ジョン・フォード・コーリーが語る、レコード会社から音楽ジャンルを聞かれた時のこと。
74. play Can’t Smile Without You – Barry Manilow
[0:34’] Jhani Kayeが語る、ラジオで最も多様な聴衆がソフトロックに引き寄せられる。
75. play Summer Madness – Kool & The Gang
[0:34’] Robert “Kool” Bellが語る、自分たちのサウンドを確立するまでの道のり。
76. play Rhinestone Cowboy – Glen Campbell
[0:34’] またソフトロック系の曲のモンタージュが始まる。
77. play The Hurt – Kalapana
[0:35’] 2曲目は、ソフトロックの曲と変奏のモンタージュで再生されます。
78. play Breezin’ – George Benson
[0:35’] ミュージシャンたちは、史上最高のギタリストの一人であるジョージ・ベンソンについて語る。
79. play We’re in This Love Together – Al Jarreau
[0:35’] パット・モナハンがジョージ・ベンソンと彼の音楽について語った後に流れる曲です。
80. play Sweet Baby – Stanley Clarke and George Duke
[0:35’] パット・モナハンがジョージ・ベンソンと彼の音楽について語るシーンの後に流れる2曲目。
81. play Angela – Bob James
[0:35’] ケニー・ロギンスは、自分が書いていたものが、スムースジャズのアーティストから受けた影響について話しています。
82. play Feels So Good – Chuck Mangione
[0:36’] ミュージシャンが、KOSTで初めて演奏した曲のひとつについて語る。
83. play Groovy People – Lou Rawls
[0:37’] 70年代中頃の曲のモンタージュが流れ始める。
84. play Sail On – Commodores
[0:37’] 70年代中盤の音楽のモンタージュで流れる2曲目。
85. play That’s the Way of the World – Earth, Wind & Fire
[0:37’] モンタージュ中に流れる3曲目。
86. play Baby Come Back – Player
[0:38’] R&Bチャートで1位を獲得したこの曲について、ピーター・ベケットが語る。
87. play You Don’t Have to be a Star – Marilyn McCoo & Billy Davis Jr.
[0:39’] Billy Davis Jr.とMarilyn McCooが、自分たちの曲のサウンドについて語る。
88. play You Can’t Change That – Raydio
[0:39’] レイ・パーカーJr.がポップチャートとR&Bチャートに上がることを話すシーンの前に流れる曲です。
[0:42’] レイ・パーカーJr.が語る、音楽活動の先行きが見えないからこそ神経を尖らせたこの一曲.
89. play You’re the Man – Marvin Gaye
[0:40’] レイ・パーカーJr.が、幼少期と音楽活動の始まりについて語る。
90. play You Got The Love – Rufus feat. Chaka Khan
[0:41’] レイ・パーカーJr.がチャカ・カーンとの曲作りについて語る。
91. play You Make Me Feel Like Dancing – Leo Sayer
[0:41’] レイ・パーカーJr.が、大ヒットしたこの曲の作曲について語る。
92. play Jack and Jill – Raydio
[0:42’] レイ・パーカーJr.が語る、バンドを始めた頃の話。
93. play A Woman Needs Love – Ray Parker Jr.
[0:43’] Big Boiがこの曲の感想を語る。
94. play Blitzkrieg Bop (Stereo Version) [Single Version] – Ramones
[0:44’] この曲は、エピソードが完結する直前のラストシーンで流れます。

シーズン 1 • 第2話

2023年1月3日
61曲



1. play Do You Wanna Make Love – Peter McCann
オープニング曲/ピーター・マッキャンがエピソードの冒頭でこの曲の歌詞を歌っています。
2. play If You Love Me, Let Me Know – Olivia Newton
[0:00’] オリビア・ニュートンがこの曲の一部を歌っている。
3. play Higher and Higher – Jackie Wilson
[0:00’] ジャッキー・ウィルソンがこの曲の一節を歌っている。
4. play Sometimes When We Touch – Dan Hill
[0:02’] D. Hillが一部歌っている。
5. play I Gotta Try – Michael McDonald
[0:02’] M. マクドナルド、1982年にグラミー賞を受賞。
6. play I Keep Forgettin’ – Michael McDonald
[0:03’] Solid Goldに収録された楽曲を紹介します。
7. play Do That to Me One More Time – Captain & Tennille
[0:03’] Tennilleが歌の一部を歌う。
8. play Just When I Needed You Most – Randy VanWarmer
[0:03’] 1979年のライヴで曲の一部を歌うランディ・ヴァンウォーマー。
9. play Longer – Dan Fogelberg
[0:03’] D. FogelbergはSolid Goldでこの曲を歌っています。
10. play Reminiscing – Little River Band
[0:03’] この曲をステージで演奏している映像です。
11. play Anarchy in the U.K – Sex Pistols
[0:04’] この曲をステージで演奏している映像です。
12. play Born in the 50’s –The Police
[0:06’] 新しい世代が新しいものを求める中、数々の楽曲を持つバンド「セックス・ピストルズ」が登場した。
13. play Roxanne – The Police
[0:07’] コンサートではバンドが歌います。
14. play All By Myself- Eric Carmen
[0:07’] E. カルメンは自分の歌の一部を歌います。
15. play Tattoed Love Boys – The Pretenders
[0:08’] 1979年当時、この曲をステージで演奏している映像。
16. play Is She Really Going Out With Him? – Joe Jackson
[0:08’] J. Jacksonが歌詞を歌っています。
17. play Never Say Never – Romeo Void
[0:08’] Romeo Voidが歌の一部を歌う。
18. play Orgasm Addict – Buzzcocks
[0:08’] この曲をステージで演奏している映像が公開され、高い評価を得ています。
19. play Love Will Tear Us Apart – Joy Division
[0:08’] この曲の断片は、Joy Divisionが演奏している。
20. play Mickey – Tony Basil
[0:11’] MTVが開局し、多くのアーティストが出演する。
21. play A Woman Need Love – Ray Parker Jr. And Raydio
[0:11’] この曲をステージで演奏する二人の映像。
22. play Africa – Toto
[0:11’] 80年代初頭の曲のモンタージュが流れ始める。
23. play Private Eyes – Hall & Oates
[0:11’] 2曲目は、音楽のモンタージュ中に再生されます。
24. play One on One – Hall & Oates
[0:11′] 3曲目は、音楽のモンタージュの中で流れる。
25. play I Can’t Go for That ( No Can Do ) – Hall & Oates
[0:12’] ホールとオーツは音楽に対する考え方が違っていて、ソフトロックにとどまっている。
26. play My Love – Lionel Richie
[0:12’] Lリッチーは、有名なブラウスの音楽でMTVに来るのは間違いない。
27. play Say You, Say Me – Lionel Richie
[0:12’] この曲の断片は、ライオネル・リッチーが演奏しています。
28. play Joanna- Kool & the Gang
[0:12’] Koolとバンドが歌の一部を歌う。
29. play Cherish – Kool & the Gang
[0:13’] Koolとバンドが歌詞を歌っています。
30. play Halen Soars –Tele Music
[0:13’] スローな音楽が受け入れられなくなり、新しい世代はもっと生き生きとした音楽を求めるようになった。

31. play All Right – Christopher Cross
[0:13’] クリストファーは、音楽に対して異なる視点をもっています。彼はゆっくりとした、軽い音楽を好みます。
32. play Ride Like the Wind – Christopher Cross
[0:13’] 2曲目は、悲しい音楽のモンタージュ中に流れます。
33. play Sailing – Christopher Cross
[0:15’] クリストファー・クロスは、この曲でグラミー賞を受賞しました。
34. play Hello – Lionel Richie
[0:17’] ライオネル・リッチーが一部歌っている。
35. play Hungry Eyes – Eric Carmen
[0:17’] 曲のモンタージュが流れ始める。
36. play Baby Makes Her Blue Jeans Talk – Dr. Hook
[0:17’] モンタージュ中に流れる2曲目.
37. play Abracadabra- Steve Miller Band
[0:17’] モンタージュ中に3曲目が流れます。
38. play Lost in Love – Air Supply
[0:19’] ミュージシャンは、エアサプライというバンドについて話しています。
39. play All Out of Love – Air Supply
[0:19’] バンド「Air Supply」の演奏はソフトロック。
40. play On and On – Stephen Bishop
[0:21’] ミュージシャンはスティーブン・ビショップについて語る。彼は歌手であり、俳優であり、ソングライターであった。
41. play Animal House – Stephen Bishop
[0:21’] アニマル・ハウス」の一場面。
42. play Diamond Girl – Seals And Crofts
[0:22’] ソフトロックは病人向けの音楽として扱われていることをミュージシャンが告白している。
43. play A Little Bit Country, A Little Bit Rock ’n Roll – Donny & Marie Osmond
[0:25’] この曲を演奏するバンドと、他のミュージシャンが音楽について語る古い映像。
44. play Rubberband Man – Captain & Tennille
[0:26’] テネイルは、自分が何もしなくても、キャプテンが演奏に参加してくれることを望んでいたと告白している。
45. play You Make Me Feel Like Dancing – Leo Sayer
[0:26’] この曲はマペット・ショーで演奏されます。
46. play Feelings – Morris Albert
[0:27’] Morris Albertが一部歌っている。
47. play I’ve Never Been to Me – Charlene
[0:27’] シャーリーンはこの曲の一部を歌っている。
48. play I’m in You – Peter Frampton
[0:27’] ピーター・フランプトンのコンサートが紹介されています。
49. play You Light Up My Life – Debby Boone
[0:27′] デビーの曲は10週にわたって1位を獲得した。
50. play Sometimes When We Touch – Dan Hill
[0:28’] D. Hillが一部歌っている。
51. play Escape ( The Pina Colada Song ) – Rupert Holmes
[0:31’] この曲については、ミュージシャンや一般の人たちの意見が分かれた。
52. play Echo Valley 2-6809 – The Partridge Familly
[0:34’] このバンドのボーカリストは、自分が書いた歌詞を真似しているだけだと、ミュージシャンは告白している。
53. play You Got It All – The Jets
[0:34’] 1985年当時のステージでこの曲を演奏している映像です。
54. play We’re Not Gonna Take It – Twisted Sister
[0:40’] 1984年の曲の旧ビデオを紹介します。
55. play I Love Rock ’n’ Roll – Joan Jett and the Blackhearts
[0:42′] Jhani Kayeは、女性がハードロックを演奏するには繊細すぎると考えている。.
56. play Heartbreaker – Pat Benatar
[0:42’] P. ベナターが一部歌っている。
57. play Precious – The Pretenders
[0:42’] Jhani Kayeの発言に続き、女性が歌う歌がいくつか紹介される。
58. play Hero Takes a Fall – The Bangles
[0:42’] ロックに女性が参加することは、音楽における偉大な革命であるとミュージシャンは考えている。
59. play Hard to Say I’m Sorry – Chicago
[0:44’] 音楽機器が進化し、グラハム・ラッセルは「音が出るから嫌いだ」と告白する。
60. play You’re the Inspiration – Chicago
[0:44’] シカゴはこの曲の一部を歌っている。
61. play When a Man Loves a Woman – Michael Bolton
[0:45’] この曲を歌うMichael Boltonのコンサートでの一コマ。

シーズン 1 • 第3話

2023年1月3日
98曲



1. play Escape (The Piña Colada Song) – Rupert Holmes
オープニング曲です。
2. play Best I Ever Had – Drake
[0:01’] 司会者は「ソフトロックはどこにでもある」と言う。
3. play Fallin’ in Love- Hamilton, Joe Frank and Reynolds with Ricky
[0:01’] モンタージュの2曲目。
4. play Baby Come Back – Player
[0:01’] ソーシャルメディアに音楽が登場し始める。
[0:22’] アーティストコンサートの一部をご紹介します。
[0:46’] ソフトロックの振動は、この曲を聴く人たちの中にあるのです。
5. play Dreams – Fleetwood Mac
[0:01’] 司会者が言うには、最もファンタスティックな音楽の復活だそうです。
6. Sometimes when we touch – cover
[0:01’] モンタージュからこの曲の最初のカバー.
7. play Sometimes when we touch – Dal Hill cover by Emily Linge
[0:01’] モンタージュから2回目のカバーです。
8. play Sometimes when we touch – Dan hill ( Acoustic cover ) by Martin Ekman
[0:01’] モンタージュから3回目のカバーです。
9. Sometimes when we touch – cover
[0:01′] モンタージュから4回目のカバーです。
10. play Sometimes when we touch – Dan Hill coverby Robinson-Stone
[0:01’] モンタージュの中から、最後にこの曲をカバー。
11. play Do You Wanna Make Love – Peter McCann
[0:02’] アーティストが自分の歌の一部を歌う。
12. play Heartbreak Hotel – Bill Clinton
[0:02’] この10年間は、ヒッピーな若い社長が中心でした。
13. play Smells Like Teen Spirit – Nirvana
[0:03’] ソフトロックの意味するところから、どんどん離れていく音楽になっていったのです。
14. play Even Flow – Pearl Jam
[0:03’] モンタージュの2曲目。
15. play Black Hole Sun – Soundgarden
[0:03’] モンタージュの3曲目。
16. play Violet – Hole
[0:03’] モンタージュの最後の曲です。
17. play Take Me to the Mardi Gras – Bob James
[0:03’] DMCは、自分たちのバンドがソフトロックの曲から音楽的なラインを盗んできたことを告白している。
18. play Peter Piper – Run D.M.C
[0:04′] DMCはボブ・ジェームスに触発された。
19. play Alone Again ( Naturally ) – Gilbert O’Sulivan
[0:05’] 曲は盗まれた。
20. play Alone Again – Biz Markie
[0:05’] モンタージュの2曲目。
21. play Peg – Steely Dan
[0:06’] トゥーレは、バンドが70年代の曲を自分たちのスタイルにアレンジしていることを明かしている。
22. play Eye Know – De La Soul
[0:06’] モンタージュの2曲目。
23. play Regulate – Warren G ft. Nate Dog
[0:06’] トゥーレは、どんな曲でも簡単にヒップホップに変えられると語る。
24. play I Keep Forggetin’ – Michael McDonald
[0:07’] ソフトロックが復活する。
25. play Sign of the Times – Bob James
[0:08’] ボブ・ジェームズは、自分の曲のシークエンスが使われたという。
26. play Rise – Herb Alpert
[0:09’] この曲のビデオからのシークエンスが表示されます。
27. play Hypnotise- The Notorious B.I.G.
[0:09’] ミュージシャンによると、この曲は「Rise」という曲からコピーされたものだそうです。
28. play Just the Two of Us – Grover Washington Jr. with Bill Withers
[0:09’] モンタージュの3曲目。
29. play Just the Two of Us – Will Smith
[0:09′] モンタージュの4曲目。
30. play Islands in the Stream – Dolly Parton and Kenny Rogers
[0:09’] 1983年、彼の曲の一部を歌う二人。
31. play Ghetto Supastar ( That Is What You Are) – Pras ft. Mya and Ol’ Dirty Bastard
[0:09’] この曲はIslands In the Streamsからコピーされたと言われています。
32. play The Winner Takes It All – ABBA
[0:10’] キャメロン・ルーは、ソフトロックには独自の輝きがあると認めている。
33. play The Name of the Game – ABBA
[0:10’] モンタージュの2曲目。
34. play Fernando – ABBA
[0:10’] モンタージュの3曲目。
35. play Superman – Five for Fighting
[0:13′] 歌手は感無量だったという。
36. play Whenever I Call You Friend – Kenny Loggins
[0:15’] ヨットロックとソフトロックは一体化しているように思えた。
37. play Sweet Freedom – Michael McDonald
[0:17’] 同曲の映像の一部をご紹介します。
38. play What a Fool Believes – The Doobie Brothers
[0:18’] この作品をどのように作ろうとしたのか、そのシークエンス。
39. play Steal Away – Robbie Dupree
[0:19’] ヨットロックが現象化
40. play You Can Do Magic – America
[0:20’] モンタージュの2曲目。
41. play Thank You for Being a Friend – Andrew Gold
[0:20’] モンタージュの3曲目。
42. play Shes’s Gone – Steelheart
[0:22’] コンサートでのシークエンスを紹介します。
43. play No Lookin’ Back – Michael McDonald
[0:23’] この曲の一部をバンドが歌っています。
44. play Jesus is Just Alright with Me – The Doobie Brothers
[0:24’] ジェフ・バクスターは、M.マクドナルドがドゥービー・ブラザーズに入ることになった経緯を語っている。
45. play What a Fool Believes – The Doobie Brothers
[0:25’] ケニー・ロギンスは、マクドナルドとのコラボレーションを希望していた。

46. play This is it – Kenny Loggins
[0:27’] M. McDonaldがThe Doobie Brothersを断念し、K. Logginsらとコラボレート。
47. play Yah Mo B There – James Ingram and Michael McDonald
[0:27’] モンタージュの2曲目。
48. play On my Own – Patti LaBelle and Michael McDonald
[0:27’] モンタージュの3曲目。
49. play Always and Forever – Clay Aiken
[0:29′] クレイ・エイケンが登場し、自身の曲の一節を歌う。
50. play Always and Forever – Heatwave
[0:29’] モンタージュの2曲目。
51. play Just the Way You Are – Ruben Studdard
[0:30’] アメリカン・アイドル」シーズン2の曲。
52. play Copacabana – Glee Cast Version
[0:31’] ソフトロックはオハイオ・ハイスクールで解き放たれることになる。
53. play Say It Isn’t So – Daryl Hall and Train
[0:31’] バンドの曲の一部を歌います。
54. play White Dress – Kanye West
[0:32’] 彼らのコンサートのシークエンスが映し出されます。
55. play Best I Ever Had – Drake
[0:33’] ドレイクは、70年代や80年代の歌にインスパイアされた曲もあるが、音楽では常に革新的でなければならないと告白している。
56. play Fallin’ in Love – Hamilton, Joe Frank and Reynolds with Ricky
[0:33’] モンタージュの2曲目。
57. play How Much I Feel – Ambrosia
[0:33’] David Packは、Big Seanの曲から50%のクレジットを得るべきだと語っています。
58. play All Your Fault – Big Sean fr. Kanye West
[0:33’] モンタージュの2曲目。
59. play After the Love Has Gone – Earth , Wind & Fire
[0:33’] ヴェルディーン・ホワイトは、「Verzuz」で放送された一連の流れからしか、世界は彼らを知らなかったと告白している。
60. play Africa – Toto
[0:33’] モンタージュの1曲目。
61. play Murder Reigns – Ja Rule
[0:33’] モンタージュの2曲目。
62. play Huey Newton – Wiz Khalifa ft Curren$y
[0:34’] モンタージュの3曲目。
63. play Africa – TG Lurgan
[0:34’] この曲には、さまざまなバージョンがありました。
64. play Africa – Lisa Cimorelli and Tyler Ward
[0:34’] モンタージュの2曲目.
65. play Africa –Leo Marocchioli ft . Rebea & Hannah
[0:34’] モンタージュの3曲目。
66. play Africa – Weezer
[0:34’] モンタージュの4曲目。
67. All Out Of Love – Lucy Woodward
[0:35’] ルーシーは自分の歌の一節を歌う。
68. play Dreams – Fleetwood Mac
[0:35’] この曲でTikTok動画。
69. play Benny and the Jets – Dua Lipa and Elton John
[0:38’] Dua Lipaが歌うこの曲のシークエンス。
70. play Leave the Door Open – Bruno Mars And Anderson, Paak, Silk Sonic
[0:39’] ソフトロックは決して死なない」と告白するミュージシャン。
71. play The Chain – Harry Styles
[0:39’] モンタージュの2曲目。
72. play Dreams – Halsey and Kelsea Ballerini
[0:39’] モンタージュの3曲目。
73. play Your Song – Elton John cover by Lady Gaga
[0:39’] モンタージュの4曲目。
74. play The Man – Aloe Blacc
[0:39’] モンタージュの5曲目。
75. play Hold Me Closer – Britney Spears and Elton John
[0:39’] B・スピアーズによると、この曲は40カ国のチャートで1位を獲得したそうです。
76. play Cold Heart – Dua Lipa and Elton John
[0:39’] デュア・リパは、エルトン・ジョンとコラボレーションできたことはとてもクレイジーだと語っている。
77. play Drops of Jupiter – Train
[0:39’] この曲は、エルトン・ジョンの曲からインスピレーションを受けたものである.
78. play Tiny Dancer – Elton John and The Melbourne Symphony Orchestra
[0:39’] この曲のシークエンスです。
79. play In Your Eyes ( Remix ) – The Weeknd gt Kenny G
[0:40’] ザ・ウィークエンドの音楽には、ソフトロックの要素が多くなっています。
80. play Out of Time – The Weekend
[0:40’] ザ・ウィークエンドが歌う曲の一部。
81. play Shot in the Dark – John Mayer
[0:41’] J. メイヤーが新しい世代にソフトロックを再提案。
82. play 100 Years – Five for Fighting
[0:41’] この曲のシークエンスです。
83. play Play That Song – Train
[0:42’] この曲の歌詞を歌っているのはトレインです。
84. play AM Gold – Train
[0:42’] この曲の一部をトレインが歌っています。
85. play I Miss That Feelings – Tennis
[0:42’] モンタージュの3曲目。
86. play Weather – Ginger Root
[0:42’] 新しい軟岩は、古い軟岩の特徴を備えている。
87. play Loneliness – Ginger Root
[0:42’] ジンジャー・ルートが歌の一部をサインしている。
88. play Loretta – Ginger Root
[0:43’] キャメロン・ロウの曲には、70年代から80年代のソフトロックに特有のものがあるが、現代風にアレンジされている。
89. play We Need To Talk – Matt Maltese
[0:43’] マット・マルテーズの歌の一部をご紹介します。
90. play Fools – Drugdealer
[0:43’] マイケル・コリンズ氏は、ソフトロックで育ったことを告白している。
91. play SOS – ABBA
[0:44’] ABBAのコンサートでの一コマ。
92. play All Out Of Love – Air Supply
[0:44’] モンタージュの2曲目。
93. play Listen To The Music – The Doobie Brothers
[0:44’] モンタージュの3曲目。
94. play Whatcha Gonna Do – Pablo Cruise
[0:44’] モンタージュの4曲目。
95. play Top of the World – Shonen Knife
[0:46’] この曲の一部を紹介します。
96. play I Keep Forgettin – Michael McDonald
[0:46’] ソフトロックは登場から50年続いた。
97. play Goodbye to Love – Carpenters
[0:46’] モンタージュの2曲目。
98. play Love Is In The Air – John Paul Young
[0:47’] モンタージュの最後の曲です。


TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る




でのストリーミング:  Paramount+

カテゴリー:Paramount+, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール

IMDB: Sometimes When We Touch

Sometimes When We Touch シーズン 1テレビ情報
プロダクション: Gunpowder & Sky, MTV Entertainment Studios
販売代理店: Paramount+
取締役: Lauren Lazin
星: Pete Sepenuk


作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください