Super Pumped シーズン1 サウンドトラック

Super Pumped(Super Pumped: The Battle for Uber)シーズン1の音楽へのサウンドトラック、ビューと2022ショータイムのテレビ番組からすべての曲を聴いて、エピソードごとにリストされて、シーンの説明とタイムライン、全体のトラックリストとします。
Super Pumped シーズン1 第1話
Super Pumped シーズン1 第2話
Super Pumped シーズン1 第3話
Super Pumped シーズン1 第4話
Super Pumped シーズン1 第5話
Super Pumped シーズン1 第6話
Super Pumped シーズン1 第7話




シーズン1 • 第1話: ‘Grow or Die’

2022年2月27日
6曲


1. Loan Me A Dime – Boz Scaggs
[0:06′] 二人の男がビルに、トラヴィスのアイデアは良いが、トラヴィスはビジネスをリードすることはできないだろうと説得する。ビルは彼らを無視し、トラヴィスに会う。
2. Even Flow – Pearl Jam
[0:20′] 前のシーンでは、CoryとTravisが実家で朝食をとっていました。今度はほぼ家族全員でTravisのパーティーに参加しています。
3. Kick Out The Jams – MC5
[0:22′] TravisはCoryが自分のパーティに来なかったことに腹を立てている。彼は屋上に上がり、そこでビジネスの有力者が彼を追いかける。
4. Rearviewmirror – Pearl Jam
[0:27′] その前のシーンで、Travisは逮捕されるかもしれないという警告を受けたんです。彼は同僚にスピーチをして、戦い続けると言う。Uberの社員は、一般のタクシードライバーをなんとか説得して入社させる。
5. Do The Evolution – Pearl Jam
[0:44′] トラヴィスは市長と話をすることなく、市長に近づく方法を見つけます。
6. First We Take Manhattan – R.E.M.
[0:53′] トラヴィスは新しい仲間とともに問題の解決策を見つけ、世界を目指します。
エンディング・クレジット曲

シーズン1 • 第2話: ‘X to the X’

2022年3月6日
10曲



1. Breaking The Law – Judas Priest
[0:03′] ピブの人たちは、違法なサービスをしたUberのドライバーにたくさんの罰金を与えるためだけに、Uberで街中を移動します。
[0:48′] トラヴィス、Uberのような新会社Lyftに宣戦布告。
エンディング・クレジット曲

2. Another One Bites The Dust – Queen
[0:11′] Uberは反撃の方法を見つけ、ポートランドのグレーな法的領域に身を置くことになる。

3. Unaccompanied Cello Suite No. 1 In G Major, BWV 1007: Prélude – Yo-Yo Ma
[0:20′] トラヴィスとガールフレンドのアンジー、そしてエミルが夕食をとっている。Travisがバイオリンを弾いている女の子を気に入ったので、Emilは彼女に話しかけ、二人を紹介する。
4. Dust In The Wind – Kansas
[0:22′] ディナーで出会ったバイオリンを弾く女の子が歌うのをYoutubeで聴くTravis。
5. Spin The Black Circle – Pearl Jam
[0:27′] トラヴィスたちは、Uberでニューヨークの街を占拠するための計画を立てる。
6. Jerk It Out – Caesars
[0:31′] UberがNY進出を祝う。
7. I’m Bad, I’m Nationwide – ZZ Top
[0:33′] アンジーは、エミルとトラヴィスがパーティーでやってはいけないルールをUberの従業員に送るメールを書くのを手伝う。
8. Black Betty – Ram Jam
[0:35′] トラヴィスは、報道陣と話すために2人の女の子を雇い、パーティーの情報が漏れないようにした。
9. Don’t Stop – Fleetwood Mac
[0:40′] TravisとEmilは、ニューヨークのパーティーの後、支払わなければならない請求書を見ている。
10. Country Party – Mark Allan
[0:42′] トラヴィス、ビル、エミルは、従業員が行った損害賠償に驚いている。

シーズン1 • 第3話: ‘War’

2022年3月12日
6曲



1. Getaway – Pearl Jam
[0:02′] スタート曲 / トラヴィスたちは、Lyftに対する計画を立てる。
2. What’d I Say – Ray Charles
[0:09′] UberがLyftへの対抗策を開始。

3. Rhymin & Stealin – Beastie Boys
[0:27′] BillはTravisに、より良い解決策を見つける必要があると言う。TravisとEmilは一生懸命働いている。
4. Jimmy Jazz – The Clash
[0:29′] トラヴィスと同僚たちは、Uberをブラックキャブだけの会社にしようと考える。
5. You’re My Best Friend – Queen
[0:38′] トラヴィスは、自分とグーグルの男が親友であると想像している。
6. Corduroy – Pearl Jam
[0:59′] トラヴィスはインタビューの最後の質問に対するビルの答えに腹を立て、できるだけ早く話を聞きたいと言う。
エンディング・クレジット曲

シーズン1 • 第4話: ‘Boober’

2022年3月20日
6曲



1. Rooster – Alice In Chains
[0:02′] スタート曲 / リオデジャネイロでライダーをピックアップするドライバーを見かけます。彼は殺される。
2. Can’t Keep – Eddie Vedder
[0:07′] ビルはトラヴィスに、今後起こりうるであろう事態を警告しようとするが、彼は耳を貸さない。

3. Release – Vitamin String Quartet
[0:17′] トラヴィスは作業員の一人に、なぜバグを直す作業をせずにパーティにいるのかと尋ねる。

4. Samba Saravah – Stacey Kent
[0:18′] セルゲイはトラヴィスの恋人を口説こうとするが、二人の関係性を知らない。
5. House Of Jealous Lovers – The Rapture
[1:02′] トラヴィスはアリアナにUberに投資して役員になるよう説得する。その後、彼と彼のチームはお祝いをします。
6. Don’t Wanna Know – Maroon 5
[1:04′] Travisはパーティーの女の子2人と一緒にUberに乗る。Uberの運転手は彼に気づく。

シーズン1 • 第5話: ‘The Charm Offensive’

2022年3月27日
6曲



1. That’s The Way (I Like It) – KC & The Sunshine Band
[0:08′] トラヴィスは、Uberの拡大を提示する。
2. brutal – Olivia Rodrigo
[0:19′] Uberで女性の離職率が高い理由をスーザン・ファウラー氏が説明。

3. I Love It (feat. Charli XCX) – Icona Pop
[0:22′] スーザンがUberで働くことが有害である理由を説明します。

4. Swinging Party – The Replacements
[0:35′] 大切なディナーの準備をするTravisたち。
5. Here Comes A Regular – The Replacements
[0:55′] スーザンは、自身のブログでUberでの経験を記事にしている。
6. World Wide Suicide(Brendan O’Brien Mix) – Pearl Jam
[0:58′] UberがGoogleから訴えられていることを知ったTravis。

シーズン1 • 第6話: ‘Delete Uber’

2022年4月3日
5曲



1. Force of Nature – Pearl Jam
[0:02’] 取締役が集まってUberについて議論するシーンの後。
2. Comprendes, Mendes? – Control Machete
[0:19’] トラヴィスとオースティンが、イスラム教徒禁止令の際に検索価格を下げることを誰が許可したかについて議論するシーンの後。

3. Masters of War – Eddie Vedder
[0:38’] 書類を印刷しているところです。トラヴィスは母親に電話しようとしているが、彼女は出ない。
4. Better Man – Pearl Jam
[0:42′] トラヴィスは父親が入院している病院にいる。彼はそこで目にする状況に不満を持っている。
5. Drink Before The War – Sinéad O’ Conner
[0:53’] アリアナとトラヴィスが、会社が成長するために必要な変化について話すシーンの後。
エンドクレジットまで続く

シーズン1 • 第7話: ‘Same Last Name’

2022年4月10日
2曲



1. Alive – Pearl Jam
[0:02′] Tkを失ったUberチームは、迷走していることに気づく。
2. Yellow Ledbetter – Pearl Jam
[0:54′] Uberの株主たちは、Travisを手放し、辞任するように説得することに成功した。彼はUberを去り、空港に行く。


Super Pumped シーズン1 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル発売日:2021年4月8日
レーベル ミラノレコーズ
オリジナル楽曲の作曲者 Brendan Angelides
 
1. Super Pumped Main Theme
2. Mindset
3. Greyball
4. Make Magic
5. I Want to Be Jeffrey Preston Bezos
6. Cult Leaders
7. Becoming Undeniable
8. Those Aren’t Humans Anymore
9. Let Builders Build
10. Predatory Animal
11. The Syndicate
12. Super Pumped Main Theme (Extended Version)
13. You Need Me to Survive
14. The Realities of Working at Uber
15. If You Go Home, They Win
16. The Women of Uber Are Finally Heard
17. Grown Or Die
18. Super Pumped Main Theme (Piano Version)
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 Super Pumped シーズン1 サウンドトラック :

YouTube
Spotify



TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る

この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語



予告編の曲(全曲)
Why Go - Pearl Jam

でのストリーミング: Showtime, Prime Video, Spectrum TV, fuboTV, The Roku Channel, DIRECTV

カテゴリー: Prime Video, 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール


IMDB: Super Pumped

サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:
作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください