コンテンツへスキップ
のサウンドトラックが発売されました。 The Subtle Art of Not Giving a #@%! 2023年の映画音楽。, トラックリスト、サウンドトラック13曲の全曲試聴、トレーラートラック。すべての曲名、歌唱者、12曲の追加プレイリスト、スコア、映画で使用されたクレジットを表示します。9つのシーン解説を時系列で読むことができます。



ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. Momento Mori – Karl Steven & Mark Perkins
[0:01’] 語り手は、誰もが遅かれ早かれ死ぬという事実を語っているのです。
2. play Number One – Playgroup
[0:21’] マークは、旧友のジミーと彼の成功について話している。
3. play Peaches & Cream – Beck
[0:32’] マークは、女の子との関係や、女の子への扱いのひどさについて話しています。
4. play Outlaw 84 – Alex Roberts / Stevie Lee
[0:35’] マークは、自分が大のメタルファンであることを話している。
5. play Loner Boogie – Boy Azooga
[0:43’] マークは、1944年の終わり頃、日本がどのような状況であったかを語っている。
6. play Taiyou Ga Ko Wai No – Kaoru Hibiki
[0:54’] マークは鈴木規央のことを話している。
7. play Anaana – Cari Cari
[1:12’] マークは、変化することがいかに大変で、怖いかを語っているのです。
8. play May I – Anders Lewen
[1:15’] マークは、できることならどんなスーパーヒーローを発明したいかを明かしています。
9. play Happy – Max Sedgley
[1:33’] エンドクレジットの曲です。
10. play Don’t Crush It – Kool Keith
11. play Pay Your Way In Pain – St. Vincent
12. Art Rock – Cam Ballantyne


映画予告編
この映画の予告編を見る

予告編の曲(全曲)
Tubthumping - Chumbawamba

カテゴリー:ドキュメンタリー映画のサウンドトラック

IMDB: The Subtle Art of Not Giving a #@%!

The Subtle Art of Not Giving a #@%! (2023)映画情報
映画のジャンル ドキュメンタリー
発売日(ワイド)。2023年1月4日
ランタイム: 1h 37m
プロダクション: GFC/Fightertown, General Film Corporation, Ingenious Media
販売代理店: Universal Pictures
取締役: Nathan Price
星: Mark Manson


作曲家アーカイブ


Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください