のサウンドトラック Tony Hawk: Until The Wheels Fall Off, 2022年映画音楽, トラックリスト、サウンドトラック全24曲のフル試聴、OST音楽&予告編トラックのフル再生。全曲名、歌唱者、24曲の追加プレイリスト、スコア、映画で使用されたクレジットを表示します。24のシーンの説明をタイムラインとともに読むことができます。




ソングクレジット - 追加の映画音楽 - 公式サウンドトラックのリストには含まれていないが、映画で流れている曲。
サウンドトラックの全曲試聴(可能な場合のみ)

1. Time Is Tight – The Clash
[0:11′] トニーがどのようにスケートボードを始めたか、そしてそれによって彼の態度や行動がどのように変化したかが紹介されています。
2. All Right Now – The Free
[0:14′] トニーはステイシーの評判とボーンズ・ブリゲードを結成した経緯について語る。
3. Never Stop ( Discotheque ) – Echo & The Bunnymen
[0:15′] ボーンズ・ブリゲードがスケートパークに現れた時のことをトニーはこう振り返る。
4. She Is Dancing – Brian Kelly
[0:21′] ロドニーは、トニーと過ごした時間、そして彼らが親しい友人となったことを思い出す。
5. Anarchy in the UK – Sex Pistols
[0:26′] トニーが父親がスケートボードの世界に関わったことを話すシーンの後。
6. Kids of the Black Hole – Adolescents
[0:29′] トニーは、ドゥエイン・ピータースとはレースしたくないと言う。
7. Skate And Destroy – The Faction
[0:31′] ボーンズ・ブリゲードがスケボーのビデオを公開して、もしかしたらスケボー屋さんが流してくれるかもしれないと期待していたシーンの前です。
8. Del Marista Daktar – Rad Boys
[0:32′] ボーンズ・ブリゲードのビデオは、最初のビデオデッキの発売と同時に、初めてTonyがテープに映し出されたことが記憶に残っている。
9. Somebody Got Murdered – The Clash
[0:36′] トニーが「ベルが鳴るのが待ちきれないから、公園に行ってスピンと着地の練習をするんだ」と話しているシーンの後。
10. Love Will Tear Us Apart – Joy Division
[0:37′] クリスチャン・ホソイが観客の前で滑っているシーンの前。
11. Blown Out Again – Peter & The Test Tube Babies
[0:39′] スケートをするトニーに観客はブーイングし続けるが、最後には大会で優勝する。
12. Sounds Of Laughter – T.S.O.L.
[0:45′] UplandスケートパークでTonyが直面した困難について語るStacy。
13. Uncontrollable Urge – Devo
[0:47′] トニーが競合他社について質問されるシーンの後。
14. She Goes To Finos („Strength Thru Oi!” Version, Bonus Track) – Toy Dolls
[0:48′] ステイシーがトニーの使ったコンビネーションに驚くシーンの前。
15. Gotta Gettaway – Stiff Little Fingers
[0:50′] トニーがコンクールで優勝した後、自分に対する人々の態度が変わったと話すシーンの前。
16. Can’t Hardly Wait – The Replacements
[1:01′] トニーはスケートボードに戻り、ステイシーは彼のトリックを撮影し始める。
17. Roads Girdle The Globe – XTC
[1:05′] 父に家を買うように説得されるシーンの後。
18. Age Of Consent – New Order
[1:06′] ボーンズ・ブリゲードは旅を始め、注目を浴びるようになる。
19. Here – Pavement
[1:14′] トニーが現実逃避のためにスケートをするシーンの後ですが、もう同じ感覚ではありません。
20. Why Can’t I Touch It? – Buzzcocks
[1:18′] トニーは新しい芸を練習しているが、なかなかうまくいかない。
21. Story Of My Life – Social Distortion
[1:35′] 2000年以降、スケートボードが評価されるようになったのは、父親が生きているからだと、トニーはこのシーンの後に思いました。
22. Take Me Down To The Hospital – The Replacements
[1:48′] スケートボードで技の練習をするトニー。
23. Blue Spark – X
[1:54′] トニーとその仲間たちは、昔の技を再現するスケートランプで同窓会を開いている。
24. Only A Lad – Oingo Boingo
[2:05′] エンディング・クレジット曲


Tony Hawk: Until The Wheels Fall Off 公式OSTアルバムのトラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア。
オリジナル音楽作曲者 ジェフ・カルドーニ
 
未発売




この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語


映画予告編
この映画の予告編を見る


でのストリーミング: HBO Max

カテゴリー: HBO Max, スポーツ映画のサウンドトラック, ドキュメンタリー映画のサウンドトラック, バイオグラフィー 映画のサウンドトラック


IMDB: Tony Hawk: Until The Wheels Fall Off

Tony Hawk: Until The Wheels Fall Off 映画情報
映画のジャンル ドキュメンタリー、伝記、スポーツ
発売日(ワイド):2022年4月6日
上映時間:2時間15分


サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください