The Offer シーズン1 サウンドトラック

The Offerシーズン1の音楽のサウンドトラック、表示し、2022テレビシリーズのすべての曲を聴いて、エピソードごとにリストされて、シーンの説明とタイムライン、全体のトラックリストとします。



The Offer シーズン1 第1話
The Offer シーズン1 第2話
The Offer シーズン1 第3話
The Offer シーズン1 第4話
The Offer シーズン1 第5話
The Offer シーズン1 第6話
The Offer シーズン1 第7話
The Offer シーズン1 第8話
The Offer シーズン1 第9話
The Offer シーズン1 第10話

シーズン1 • 第1話: ‘A Seat at the Table’

2022年4月28日
6曲


1. All Day and All of the Night – The Kinks
[0:07′] ミッチと共にシャトー・マーモントに到着したアルバートは、そこにロバート・エヴァンスを発見する。
2. I Love You More Than Anything – Brenda Devlin
[0:12′] マリオ・プーゾがキッチンで妻と会話するシーンの後。フランソワーズはシャトー・マーモントの客と話し、アルバートは隣人のバーニー・ファインとおしゃべりし、アルバートとフランソワーズはセックスをする。
3. I’ll Not Forget You – The Morrie Morrison Orchestra
[0:14′] マリオは妻とダンスをしながら、本の筋書きとタイトルを話す。
4. In the Still of the Night – The Five Satins
[0:21′] Tommy LuccheseとCarlo Gambinoは、もうすぐ発売される「The Godfather」の本について話し、Joe Colomboはバーに到着し、トイレに行く。
5. Beginning of a Love Affair – Pony Sherell
[1:02′] フランシス・フォード・コッポラと料理をするマリオ。フランシスは「ゴッドファーザー」の脚本に、ソースをめぐって家族が口論するシーンを入れることを提案する。
6. White Room – Cream
[1:03′] マフィアが銃を撃ち始めたとき、アルバートは車の中でベティと話をする。
エンドクレジット

シーズン1 • 第2話: ‘The Land’

2022年4月28日
4曲




1. Can’t You Hear Me Knocking – The Rolling Stones
[0:10′] ロバートはアリ・マクグローとパーティーに到着し、客と話し、酒を飲み、タバコを吸う。ロバートは夕日を眺め、プールサイドでタバコを吸う。
2. Fermiamo un Sogno – Riccardo Vantellini e il suo complesso & Walter De Bernardis
[0:26′] ジョー・コロンボがバーに入り、カルロ・ガンビーノに皆はどこかと尋ね、そして彼らはリーグについて話す。
3. On the Street Where You Live – Vic Damone
[0:29′] アルバート、フランシス、マリオの3人はナイトクラブに行き、そこでヴィックが歌い、女の子たちがヴィックと一緒にステージで踊っているのを見ます。
4. All Along the Watchtower – Jimi Hendrix
[0:53′] 通りを歩いていると、アルバートはマフィアと対峙し、一緒に車に乗り込む。
エンドクレジット

シーズン1 • 第3話: ‘The Time’

2022年4月28日
3曲


1. It’s a Fact – Tension
[0:32′] アルバートとマリオが撮影現場を確認した後、アルバートとジョー・コロンボはニューヨークのナイトクラブ「コパカバーナ」にいた。
2. You Got a Spell on Me – Bill Wright
[0:50′] クレイジー・ジョー・ギャロがタバコに火をつけ、仲間と話しているときにカーラジオから流れる曲だ。
3. Hit It And Quit It – Funkadelic
[0:58′] 出演者がシリーズ撮影について語る。

シーズン1 • 第4話: ‘The Right Shade of Yellow’

2022年5月5日
4曲




1. Different Strokes – Syl Johnson
[0:15′] クレイジー・ジョー・ギャロとその仲間がハーレムのクラブにいると、カーマインとレニーがやってきて、コロンボから1000ドルの入った封筒をジョーに渡す。
2. O Tempo a Espera (Vocals) – Kaptain Feat. Luiz de Aquino Junior
[0:21′] ロバートの恋人がベッドに入る前にキャンドルを灯してこの曲を流すと、電話が鳴り始める。
3. Everything’s Gonna Be Alright – Robert Moore
[0:52′] アルバートはパチーノに会いに行き、彼をマイケル・コルレオーネ役に起用することを伝える。
4. A Whiter Shade Of Pale – Procol Harum
[0:56′] アルバートはアンドレアと寝た後、服を着て、タバコに火をつけながら通りを歩いている。

シーズン1 • 第5話: ‘Kiss the Ring’

2022年5月12日
5曲


1. I Ain’t Lying – Ty Karim
[0:01′] 冒頭、カーラジオからこの曲が流れる。
2. The Wanderer – Dion and The Belmonts
[0:01′] コロンボの子分の一人が局を変え、この曲が流れるのだが、彼が道の真ん中で別の電話を確認するために車から降り、殺されるまでの話だ。
3. Ave Maria – The Portobello String Ensemble
[0:17′] アルバートが葬儀に到着したときに流れる曲です。
4. I Want You To Remember Me – Larry Everett
[0:36′] ベティとアルバートはバーで飲み、彼女は妻との関係を修復するためのアドバイスをする。会社に戻ったアルバートはベティにP.J.クラークに電話して夕食の席を確保するように頼む。
5. I Can’t Work and Watch You – Ray Agee
[0:54′] パチーノが店を出た後、アルバートはアンドレアにこの映画に対する思いを語る。

シーズン1 • 第6話: ‘A Stand Up Guy’

2022年5月19日
3曲




1. You’re a Devil – Bobby Jones
[0:12′] 機内でEvanはコカインでハイになり、Bartに映画のプロデュースをすることを告げる。
2. Non Voglio Piu Rivederti – Paola Neni
[0:23′] ベティはブルックリンにあるジョー・コロンボに会いに行き、ラディがクビになったことを伝える。
3. Oscuramente – Max Raffeng And His Sextet
[0:26′] エレベーターの中で、チャールズは停止ボタンを押し、バリーに怒る。

シーズン1 • 第7話: ‘Mr. Producer’

2022年5月26日
3曲


1. Mississippi Queen – Mountain
[0:20′] RuddyとRobert Evansは一緒に郊外のナイトクラブに出かける。
2. Nice Place To Visit – Rare Earth
[0:22′] クラブでロバートを探し始めたラディは、彼が双子のペアを連れて出て行ったことを知る。
3. I Can’t Work and Watch You – Ray Agee
[0:26′] RuddyとRosieはベッドで話し、彼女は彼の職業を尋ね、Ruddyは翌日の2回目のデートに彼女を誘うのだった。

シーズン1 • 第8話: ‘Crossing that Line’

2022年6月2日
2曲




1. Two Tenors – A Tone and A Bone – Jimmy “Preacher” Ellis, The Odd Fellows
[0:25′] バーでRuddyはBettyeにギャロが制作費を要求していることを話す。
2. Bang a Gong (Get It On) – T. Rex
[0:38′] フランシスはバーに座ってワインの話をし、ベティはバカルディを頼むと、マーロン・ブランドがやってきて会話を始める。
3. I Just Want To Celebrate – Rare Earth
[0:44′] エヴァンはラディと口論し、めまいを感じ始めた。ベティはバーでバリーに話しかけ、彼の名字について冗談を言う。フランシスは全員でシチリア島に出発すると発表する。

シーズン1 • 第9話: ‘It’s Who We Are’

2022年6月9日
3曲


1. Sognando La California – Dik Dik
[0:02′] この曲は、エピソードの冒頭で、スタッフがシチリアのセットに向かうバンに乗っているときに流れます。
2. Carrozzella Mandolino – Lars-Luis Linek
[0:09′] 現場に到着したスタッフは、嬉しそうに場内を見回し始める。
3. The Godfather Finale – Nino Rota
[0:59′] 映画がスクリーンに映し出されると、映画館に観に行き、みんなその映画を気に入るのです。

シーズン1 • 第10話: ‘Brains and Balls’

2022年6月16日
3曲


1. Rocket Man – Elton John
[0:22′] ワールドプレミアの会場にいるEvansを訪ねるAli。
2. Everyday People – Sly & The Family Stone
[0:47′] アカデミー賞でいくつもの賞を受賞し、パーティーに集まったスタッフたち。
3. All Right Now – Free
[0:51′] アルバートがエヴァンスに続編を作らないことを告げた後、次回作の撮影現場にいるアルバートとバート。
エンド・クレジット




The Offer シーズン1 公式OSTアルバム トラックリスト、オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア
オリジナル発売日:2022年7月1日
レーベル パラマウントミュージック
オリジナル楽曲の作曲者 Isabella Summers
 
1. The Offer – Main Title
2. Ice Blue
3. Movies
4. Hallowed Ground
5. Meet Barry / Read the Script
6. Capo
7. Puzo Sold Out
8. Thanks Bob
9. Dead Rat
10. Redford
11. We Tried
12. Brando Wants the Don
13. Becoming the Godfather
14. Gallo Remains Columbo



15. Family Dinner
16. Sinatra’s Dressing Room
17. Do You Know Who I Am?
18. You Should Have Stayed in Prison
19. You’re One of Us Now
20. Slow Waltz
21. Get in the Car
22. This Is Who We Are
23. I Just Do Whatever My Friend Joe Asks
24. Thirty-Five Thousand Lira
25. Evans Returns
26. The Academy Awards
27. The Offer – End Credits
28. The Offer Waltz (Og Demo)
のスコアソングプレイリストをフルで聴くことができます。 The Offer シーズン1 サウンドトラック :

YouTube
Spotify




TVシリーズ予告編
このTVシリーズの予告編を見る

この投稿は次の場所でも利用できます: 英語 スペイン語 フランス語 ポルトガル語 ドイツ語 イタリア語




でのストリーミング: Paramount+

カテゴリー: 連続テレビ番組

TVシリーズスケジュール


IMDB: The Offer

サウンドトラックを共有する


より多くの音楽を見る:

作曲家アーカイブ

Soundtrackiは、ウェブ上で最も完全で最新のサウンドトラックの詳細を、全曲で提供しています。

シーン中に流れている曲について質問される場合は、何分ごろの曲か教えてください。
質問・回答・レビューをお寄せください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください